おすすめ電気自動車

男性並みに剛毛で真夏でも長袖長ズボン

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  男性並みに剛毛で真夏でも長袖長ズボン

男性並みに剛毛で真夏でも長袖長ズボン

【20代女性】

小学生でヒゲをからかわれた

私は小学校三年生ぐらいから剛毛に悩まされてきました。きっかけは友人の男の子からのからかいでした。
「あれ、お前女子なのにヒゲはえてんぞ」
かなりショックでした。最近ほかの女子と見比べて落ち込んだりしていたときなので、尚更です。その場では必死に「産毛だもん!」と言い張っていたのを覚えています。
まぁ、その友人はそれを広めることもなく止めてくれたのでそれ以上いじめられたりすることもありませんでした。

中学時代にはさらに剛毛で毛深くなり夏でも長袖

次は中学校です。プールの時間が本当にいやでした。ほかの女子はツルスベなのに自分だけ男子と同じかそれ以上の毛が生えているんです。何かいわれたわけではないですが、完全にコンプレックスになっていました。

 

自分で剃ったりもしてみたのですが、2日もたてば元通り。めんどくさがりの私には苦痛でしかありませんでした。
もうそのころには、夏でも完全に長袖でした。未だに弟には「なんで夏でも長袖なの?暑くないの?」といわれますが、精神的に半袖では落ち着くことができません。

名前も聞いたことないエステに勧誘された

高校卒業後、アルバイトをしながら夜間の学校に通うようになりました。そんなとき、道端でエステの勧誘にあいました。押しに弱い私はそのままエステを受け、高額なプランを組んでしまいました。その後そのサロンの紹介で脱毛専門のクリニックを紹介され、本当にバカだと思いますがそこでも10万程度のプランを組んでしまいました。これで、少しでも剛毛人生からおさらばできるならと半ばすがる思いでした。

 

しかし、その脱毛が痛い。すごく痛いのです。レーザーで永久脱毛で確か6回で終わるはずだったのですが、どうやら剛毛すぎて6回では終わりません。完全にクリニックの方のご好意で7回、8回とのばしていただいたのですが、とにかく痛い。それなのに、半分程度しか減っていない。まだ普通の男子と同じぐらいの剛毛です。しかも、クリニックの看護士さんとエステサロンのスタッフさんにも結構からかわれました。もうそれで嫌になっていくのをやめてしまいました。

 

因みにそのときのローンが今でも50万ほど残っています。おそらく私にとっては高額のプランを組んでしまったのが今のところ剛毛人生で一番の失敗談ではないでしょうか。
それからも除毛クリームやら抑毛ローションやらいろいろ使っていますが、まったく変わらないです。
顔もヒゲがすごく、先日は小さな男の子にお兄ちゃんと呼ばれました。今は2日に一度は剃らないとダメです。
現在も真夏40度越えでも長袖、長ズボンです。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ