おすすめ電気自動車

ムダ毛の自己処理は季節問わず怠たっては駄目

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  ムダ毛の自己処理は季節問わず怠たっては駄目

ムダ毛の自己処理は季節問わず怠たっては駄目

【20代女性】

ムダ毛ですが、夏場はとくに、他人にみられてしまう機会がおおくなってきます。
わたしも、学生時代のころは、毎日、一所懸命ムダ毛を、カミソリで処理しておりましたが、つめがあまかったのか、何度か、失敗をやらかしてしまいました。

彼氏に脇毛の未処理状態を見られてしまった

夏場に、ついうっかりと、脇のムダ毛を、処理して、おでかけするのを、わすれてしまいました。
その日は、彼氏とデートの日でした。お酒も飲んだ勢いで、ついつい、彼氏が目の前に立っているにもかかわらず、自分の脇のムダ毛まで、意識がいくことがございませんでした。

 

満員電車で、つい、うっかり、Tシャツごしに、つり革をもってしまいました。彼氏は、電車の椅子に、すわっていたため、あきらかに、今思いだしたら、わたしの脇の方に視線がきておりました。
そのとき、彼氏の視線に、気がついてしまい、はっとしてしまいました。Tシャツを着ていたために、つい、脇のムダ毛に意識がいかず、気がついたときには、わたしの顔は、赤面状態になりました。

これをきっかけに、脇のムダ毛は、お金をためて、脱毛にいくことを、決意させられました。

脇の毛はきれいさっぱりと、なくなったために、いまでは、ノースリーブの服を着ていても、堂々と、バスや電車のつり革につかまることが、できます。

バイト先で腕のムダ毛を見られてしまった

意外にも、ムダ毛について、油断しがちなのが、冬場になります。わたしは、冬になると、毛の処理をするのが、めんどくさいと感じるために、つい、生えたまま、毎日、アルバイト先に出向いておりました。

 

どうせ、ひと冬の数ヵ月間だし、アルバイトなので、長袖を着ているし、異性は多い職場だけど、ばれないだろうと、油断していたところ、またまた、意識がムダ毛から、遠のき、腕の毛がボーボーにはえているにもかかわらず、腕をまくってしまいました。
異性は、一瞬、わたしの腕のムダ毛のほうを、みてきましたが、アルバイト中だったために、すぐに、視線をそらしてくれました。

さすがに、このことをきっかけに、冬場だろうが、ムダ毛の処理をきっちりするようになりました。

 

カミソリでは、毛深いわたしの毛を、きれいに剃ってくれないために、ワックスや、クリームをつかって、ムダ毛を処理しております。
出先では、カミソリを持ち歩き、常に、ムダ毛をチェックするように、しております。

また、お金がたまったら、脱毛サロンの全身脱毛に行こうと思います。
夏場、冬場、かかわらず、ムダ毛の処理は、おこたらないように、気を付けたいと思いました。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ