おすすめ電気自動車

小学生からすね毛が濃くずっとハイソックスで隠していた

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  小学生からすね毛が濃くずっとハイソックスで隠していた

小学生からすね毛が濃くずっとハイソックスで隠していた

【20代女性】

昔から毛深い子どもでした。
子どもながらに女の子で毛深いという事が恥ずかしいと思うものの、毛が薄い母に育てられたので毛の処理をするという事を知らなかった私は、服で毛を隠すという事しかできずにいました。

小学生の時にすね毛を見られてしまった

悲劇が起きたのは小学5年生の時です。
少し男勝りだった私は気になっている男の子ともよくじゃれ合っていました。
叩いたりくすぐってみたり…普段通りじゃれ合っている時に男の子が私に蹴りを入れました。
それ自体はいつもの事なので特に気には止めず私も仕返しで蹴りを入れます。

やったな!と言わんばかりに男の子が蹴ってきたので軽く避けてカウンターをしようとした時、うまく避けきれずに少し蹴りが当たってしまいました。

といってもかする程度なので全く痛みなどはありませんでしたが、場所がスネ。
それも膝から足首まで一直線にするっと。

 

制服はスカートだったので、足の毛を隠すにはハイソックスの靴下しかありませんでした。
最大限にハイソックスを引っ張りあげていたので靴下は伸びてゆるゆる。
そこに男の子の縦一直線の蹴りが入ってしまったので靴下は簡単にずり落ちてしまったのです。
足首まで綺麗にくしゅくしゅになった靴下。

 

そして季節を問わずいつも膝ぎりぎりまで靴下を上げていたので脛の肌色は綺麗に真っ白。
そこに生えた濃く太い黒々とした毛。

賑やかな教室だったと思いますが、男の子と私のいる空間だけは時が止まったようにシーンとしていたのを今でも鮮明に思い出します。

カミソリでムダ毛を自己処理し始めた

それから間も無く「女の子は無駄毛の処理をする」という事を学んだ私はカミソリで毛を剃るようになりました。
しかしどうもずぼらな私は剃り忘れもしょっちゅうです。

 

毛を剃り始める前は0からの状態で生えているので毛先が細く、濃さはあるもののナチュラルな雰囲気がありました。
しかし中途半端に剃ってしまうと毛先がチクチクしてより黒々とした針金のような毛に見えるのです。

中学、高校時代はこまめにカミソリで自己処理をしていた

中学時代、夏服の時期にうっかり剃り忘れた日が数日続き毛が伸びてくると、よく腕を組むような仕草をして毛を隠していました。
しかしそれで隠れるほど私の毛は甘くないのですけどね。
高校生になってからは恋愛もしたのでしっかり毛は剃るのが習慣となり、恥ずかしい思いはあまりしませんでした。

こう思い返してみると、私の青春は毛とともに歩んできたように思います。

ちなみに苦労した毛はアルバイトで貯めたお金とともに脱毛サロンで消えていったのですが、恥ずかしい思い出は消えてくれませんでした。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ