おすすめ電気自動車
MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  脱毛の効果  >  産毛の脱毛効果はどのくらいあるのか

産毛の脱毛効果はどのくらいあるのか

案外気になる!産毛の脱毛もできるの?

 

正直言って、産毛をツルツルにすることは非常に難しいのです。

なぜなら、産毛というのは、全身いたるところに生えており、他の部分の体毛と比べて、色素も薄く、レーザーや光脱毛では、反応しにくくなっています。

基本的に、肌の色よりも黒いものに対して反応する原理なので、産毛の場合は反応が薄く効果が出ない場合が多くなります

 

少々専門的に説明すると、レーザー脱毛も光脱毛も原理は同じで、毛根の黒い色素(メラニン色素)にのみ、反応させる波長を選び照射させることで、毛根部分にある※注1 毛乳頭にダメージを与え、熱処理することで、破壊され、発毛を抑える事ができる。というしくみとなっています。

レーザーの場合はレーザー光線(高出力)を使用し、光脱毛の場合は、フラッシュ光線(低出力)のものを使用しているのです。

どちらの場合も、黒いものにしか反応しないため、肌色よりも薄い色素や色素が薄い毛には効果が薄い可能性が高い、ということになります。

 

それでも、どうしても産毛が気になるという方は、医療機関などでのレーザー脱毛などで、出力が高いものを選べば、効果が出る場合もありますが、出力が高いぶん肌への負担は、かなり大きくなります

 

その他に、電気分解によるニードル脱毛の場合は、産毛でも脱毛することは、可能です。しかし、一本づつの施術になるうえ、高度な技術を要しますし、時間もかなりかかります。

また、最近ではレーザーや光脱毛が主流のため、ニードル脱毛の施術を受けることができる所は、少なくなっているのが現状です。

 

※注1 毛乳頭とは毛の根元の部分で、真皮内に入り込んでおり、毛の栄養補給や発育をつかさどる部分のこと

 

軟毛(細く柔らかい毛)の場合は脱毛が可能な場合もあります!

 

指先や足の甲、背中などで、産毛よりももう少し濃い状態の毛の場合は、脱毛する事が可能です。

特に、カミソリなどの自己処理を繰り返す事で、軟毛といえども、黒く濃くなっている場合もありますので、その場合は脱毛できる場合もあります。

 

しかし、軟毛が生えている部位は、神経が過敏の場合が多く(特に指先や足の甲など)人によっては痛みを感じやすかったり、赤みがひきにくい場合もありますので、注意が必要です。

施術を受けた後は、施術者の指示に従い、必ずアフターケアを守るようにしてください。

 

ただし、毛質や色素にはかなり個人差がありますので、100%できるとは、断言できません。

また、脱毛機の種類などによっても、対応できないものもありますので、いずれにしても、気になる毛がある場合は、脱毛できるか?できないか?ということを、専門機関に相談やカウンセリングを受けてみることを、おススメします。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ