おすすめ電気自動車

小学校、中学校、高校とデリケートゾーンの毛の処理で悩まされた体験談

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  小学校、中学校、高校とデリケートゾーンの毛の処理で悩まされた体験談

小学校、中学校、高校とデリケートゾーンの毛の処理で悩まされた体験談

【20代女性】

私は子供の頃から毛深いことがコンプレックスです。そして今でも変わらずコンプレックスです。
小学生のとき、祖母から「足の甲にまで毛が生えてるの!?」と言われてから自分が毛深いんだと意識するようになりました。

最初の失敗は小学校の修学旅行のときでした。

小学生の時、修学旅行に備えてアンダーラインの毛を自己処理してみた結果

みんなでお風呂に入るときにちょっとは気になるデリケートゾーンの毛。修学旅行の前日まで悩み、からかわれるのを恐れた私は親に隠れてデリケートゾーンの毛を切ったり剃ったり。慣れないことをした結果、不自然なくらいしか残らないという悲しい結果に。
どうしようもなくなった私は先生に生理だと嘘をつき、みんなと時間をずらしてもらいました。しかも帰宅してからは親の目が怖くて、しばらくは隠れるようにしてお風呂に入るという散々な目にあいました。

次の失敗は中学のときの部活動でした。中学生ともなると女の子は無駄毛が気になりだし、おしゃれな女の子達は無駄毛ケアを始める頃でした。

中学生でカミソリで自己処理を自己流でしたのが大失敗

みんながスベスベな腕や脚で運動する中、私だけは濃い毛に覆われて挙げ句の果てには先輩達に「剃った方がいいよ!」と指摘されてしまう始末。

とうとう脚と腕の毛を剃ろうと決心しましたが、当時は情報を集める為のインターネットや携帯電話もなく、女性用の剃刀があることも知らず、家にあった顔剃り用の剃刀で剃ってしまいました。しかもボディーソープやクリームで保護しながらなんてやり方は知る由もなかったので、素のまま…。
当然次の日には腕も足も真っ赤。親にもバレてしまい結局その日は欠席するはめになってしまいました。親には怒られるし肌はヒリヒリするしで家で1人で号泣した覚えがあります。

高校生になって彼氏が出来、初Hで毛深いと言われてショック

そこから高校生になって自分で女性用の剃刀を買えるようになるまで無駄毛を処理することはなく、しかも1度剃った為に更に若干濃くなった体毛と付き合うことになりました。

高校生になってからは自分で全部処理出来るようになったので、全部解決!と思いきや、またまた毛深い故の悩みが再燃してしまったのです。

それは初めての彼氏が出来たときでした。初めて結ばれ、幸せ絶好調なときに言われた一言が「結構毛深いんだね。」
今ではなんてデリカシーのない男だったんだろうと思いますが、当時は本当に恥ずかしいしみっともないと散々悩みました。同時に小学生の頃の葛藤を思い出しました。

デリケートゾーンの毛は納得いく形にしても維持が大変

小学生の時の失敗は二度としたくない!とインターネットで情報を集め、悪戦苦闘の末になんとか納得のいく形に出来ましたが、それを維持し続けるのがあまりにも大変で、当時の彼氏と別れた後からはもうデリケートゾーンの毛を処理することはほとんど無くなりました。

こうして学生時代は体中の無駄毛で失敗したり恥ずかしい思いをしたりとかなり悲しい思いをしてきた方だと思うので、いつか全身脱毛するのが今の私の夢です。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ