おすすめ電気自動車

中学生のムダ毛処理は肌荒れしないようにしましょう

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  子供の脱毛  >  中学生のムダ毛処理は肌荒れしないようにしましょう

中学生のムダ毛処理は肌荒れしないようにしましょう

子供が中学生にもなると、親との会話も微妙に変化しますよね。大人びてきているような・・そして反抗期プラス思春期ですね。

このころの子供の身体はいろいろと変化が起きています。「生理」も順調になり始め、身体が大人へと変化しています。

 

さて、そんな頃気になるのが「ムダ毛の処理」についてです。

お小遣いをもらっている子供なら、親に相談などなしに勝手に脱毛関係の道具をそろえ始めます。メイク道具もあったりしますね。

自分できれいになろうと努力しているのですから、「まだ早い!」という気持ちはよくわかりますが、応援してあげてください。
そして、きちんと親が正しい「ムダ毛処理」の方法を教えてあげてほしいのです。

中学生のムダ毛処理は肌荒れをしないように気を付けてほしいです。

 

ムダ毛のお手入れはいつからスタートするべきか?

 

中学生にもなると、ムダ毛の処理はいつからやっていいのか悩みます。
けれど、誰かに聞くのも親に相談するのもかなり恥ずかしいと思って一人で悩んでしまうんですよね。
親が気が付いてあげられればいいのですが、「言わないから問題ないのね」と親は判断してしまうし、「中学生のムダ毛処理なんて早い」と思っている方がほとんどです。

でも、一番多感な時期なので気にしてほしいんですけどね・・。

 

怖いのは一人でこっそり間違った自己処理を覚えることです。
間違えた自己処理だと「チキン肌」・「黒ずみ」・「埋没毛」という最悪な肌の状態になります
こうなると、もう自己処理ではどうにもならなくて脱毛サロンや医療脱毛にすがるしかないんです。

肌トラブルは治るのに時間がかかります。
肌トラブルなしの方よりも脱毛回数が必要となってしまうケースも考えられますね。

チキン肌や埋没毛を作らないためには「正しい自己処理」をマスターする必要があります

この自己処理はスタートする年齢は一人でお風呂に入れるくらいになったら頃からが目安かなと思います。

自分の身体の変化をきちんと確認できるようになった頃からなら、ムダ毛の自己処理をスタートさせても親側からしても問題ないのではないかなと思います。

 

まずは、正しい自己処理の方法を覚えてほしい

自己処理はカミソリ?電気シェーバー?脱毛クリーム?毛抜き?
といろいろ種類があって何が一番簡単で自分に合う脱毛方法が何なのかわからないですよね。
ここでは、手に入りやすいカミソリの正しい使い方をマスターしてほしいと思います。

親に見つかるとうるさいからと言って、お風呂場で処理していませんか?
石鹸をつけてカミソリで処理すると、肌に雑菌が入る危険があり肌荒れ原因となります。

 

正しいカミソリでの自己処理方法

  • 清潔な状態で剃ること(お風呂上りなど)
  • 新しいカミソリを使用すること(女性用のカミソリがベスト)
  • 専用のシェービングクリームを使うこと(石鹸の泡は絶対禁止)無ければ乳液でも可
  • 毛の流れに沿って剃ること
  • 清潔な布かティッシュでふき取る(洗い流すでもOK)
  • 保冷剤などで剃った部分を冷やす
  • 保湿すること(ベビーローションなどでもOK)

 

この7点をきちんと守り、カミソリは1週間に1回くらいのペースで使う方が肌のためにはいいと思います。

でも、剃って翌日に生えてくるという毛深いことに悩んでいる子も多いと思います。
だからといって、毎日カミソリを使用するのは肌に黒ずみやチキン肌という肌トラブルを起こす原因を作ることになりますのでやめましょう。

 

お勧めしたいのは、保湿する際に「抑毛剤」を塗ることです。
豆乳パイナップルローションやコントルールジェルmeがいいと思います。

使い方は簡単です。自己処理後に塗るだけでいいんです。
ただし、最初は3か月くらい毎日塗ってください。
自分で毛の状態が以前と変わったと思うようになるまでは毎日になります。
生えるスピードや毛の質が変わったと思った頃からは3日に1回で問題ありません

この「抑毛剤」を使用すると肌にもやさしいので肌荒れを防ぐことになります。

カミソリに負けてしまう子もいますよね。
そんな時は、脱毛クリームを試してみてはいかかでしょうか。
こちらは、脱毛クリームに使い方が詳しく書いてあるのできちんと読んでから使用してください。

 

剛毛とも子のまとめ

中学生ともなると、生理も順調にきている子も多いので、脱毛サロンへのデビューも問題ないんです。

ミュゼや銀座カラーなどの脱毛サロンは「生理が2回以上来ていること」が脱毛効果が出やすい状態だと判断しているようです。

TBC・ディオーネはもっと小さい頃から脱毛できるサロンで有名ですが、やはり口コミなどを読む限り、大人のようにはっきりとした効果が継続できないようです。
料金も大人と同じなので、けっして安くありません。

 

親に相談できる環境であれば、わき毛だけでも脱毛サロンにお願いするという方法もありかなと思います。
ミュゼなどはキャンペーンをしているので、ワキ脱毛はかなり安いですし確実に肌荒れなんてしません。

子供のムダ毛処理を気にしなくてはいけないのは、中学生ころまでかな?と思います。
もう、身体も大人に近づいているし精神的には確実に大人なんです。

 

夏には露出が多くなるのでムダ毛については悩みますし、もしかすると「イジメ」の対象になります。
気にしてあげる必要は親にもあると思います。

なんの知識もないまま自己処理をして肌荒れを起こしてしまわぬように、親が気を付けてあげることが中学生の脱毛には必要かなと思います。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ