おすすめ電気自動車
MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  剛毛の調査  >  多毛症の脱毛は保険が適用される!出来るだけ安く脱毛する方法

多毛症の脱毛は保険が適用される!出来るだけ安く脱毛する方法

多毛症ってどんな病気?具体的な症状は?

多毛症とは、その名の通り「毛の多い状態や症状」のことを表します。通常、女性の場合、体毛(ワキやビキニラインを除く)はそう濃くないことが多く、あまり気にならないのですが、多毛症の場合、全身の体毛が異常に濃く太くなり、女性でも男性のように変化することがあります。

先天的なものと後天的なものがあり、自己処理を繰り返す事やその他の原因の場合も考えられますので、自己判断は難しくなります。

また、男性の場合でも、多毛症は存在しますが、もともと男性は体毛が濃く、単純に毛深い方もいますので、どちらかというと多毛症の悩みは、女性の方に多いようです。

どんな人が多毛症になる?原因と治療法

多毛症の原因として考えられる事

  • 男性ホルモンの分泌量が多くなり、バランスが崩れる場合
  • 皮ふ組織における男性ホルモンの受容量の違いによって、毛の生え方が左右されるので、※注1 毛乳頭部の※注2 ホルモンレセプターが活発な方の場合

この2つになります。

 

※注1 毛乳頭とは毛の根元の部分で、真皮内に入り込んでおり、毛の栄養補給や発育をつかさどる部分のこと

※注2 ホルモンレセプターとは、ホルモンの受容体のことで、ホルモンが組織に達して作用する際の標的器官や細胞のこと。ホルモンと結合する受容体たんぱく質。

多毛症のタイプ

  • 男性ホルモンの分泌過剰により、その作用から軟毛が硬毛となり、体毛が増加とその他の部分の身体の男性化を伴う場合。

たとえば、体つきが男性的になる、骨太、皮ふが厚く、ニキビ、ひげやその他の体毛、恥毛の生え方が男性型であるひし形になる、頭皮がはげる、などあります。

この場合の多毛症の場合を「ハーシィティズム」といい、先天的の場合、その他のホルモンなどの異常などの病気の場合があるので、注意が必要です。

  • 男性ホルモンの影響のない局所的な多毛があり、体つきも男性化したりがない場合。

こちらを「ハイパートリコシス」といい、後天的なものが多く、医療性多毛症などで起こる場合があります。

ホルモン誘導体からできた薬の服用や、避妊薬(ピル)などを使用した場合に起こります。

この2タイプになります。

治療法

治療法は主にのみ薬を用い、医療機関での脱毛を行う場合がありますが、いずれにしても、多毛症の場合は、医療機関による診断及び治療が必要となっています。

 

脱毛の施術を受ける場合、保険適用される事があります

多毛症の判断は、エステティシャンや脱毛士などではできません。

特に多毛以外の症状で、男性的な体つきその他の症状が出ているときは、必ず医療機関での診断を受けるようにしてください。

健康保険が適用される場合は、多毛症によって、内臓器官や皮ふになんらかの異常が起きた場合のみ、その異常箇所を治療する為に保険適用となります。

ただし、判断はそれぞれの医療機関などで、違うようです。不安や心配な事があれば、早めに専門医に相談をしましょう。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ