おすすめ電気自動車

子供は毛深い事が原因でイジメや不登校になることもあります

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  子供の脱毛  >  子供は毛深い事が原因でイジメや不登校になることもあります

子供は毛深い事が原因でイジメや不登校になることもあります

私も小学生の娘がおります。
親の遺伝ですね、毛深いです。
ただ、色黒なので毛深い感じがわかりにくい状態ではあります。

ネットを見ると、「子供が毛深いといじめられた」と書かれた記事を見かけます。

親として毛深く生んでしまったことにとても申し訳ない気持ちでいっぱいです。

子供が「毛深い」ことでいじめにあったとなると、原因は親にありますし、改善してあげられるのも親しかいないと思うのです。

でも、どんな時にいじめられるかご存知ですか?

毛深いことを指摘されるときとは・・

いまは、幼稚園クラスの子供でも「毛深い」ことを指摘するお子さんがいるようです

自分は毛深くないから自分と違うところがあったら言わずにいられないという子供の行動からいじめに発展するそうです

みんなと一緒じゃないから意地悪してみようなんて軽い気持ちからなんです。

言われた本人に全く軽く感じないんですよね。

 

私も毛深いので同じクラスの男子に毛深いことを指摘され泣いた経験があります。
とても嫌でした。
親に相談しましたが、「仕方ないわよ。ほっときなさい」と言われただけです。なので、こっそりカミソリを購入し、自己処理を開始した記憶があります。
そう、勝手に自己処理を開始したんです。

考えたら、小学生でカミソリを勝手に使用ですよ!怖いです。
自分の子供なら激怒しますね。危ないですもん。
幼稚園児はかなり早いとは思いますが、一番多いのはやはり小学高学年です。

女の子は早い子だと生理も始まり、身体が変わり始めます。
ワキゲもVIOも生えてくる子もいます。

 

そんな頃のプールが危険なんです。

プールで男子が案外見ている

そして、それを発見し、からかい、周りも一緒にいじめるというとても悲しいパターンです。誰も止めないし、止めたら自分も一緒にからかわれますからね。

学校に行きたくないと言われるより前に、親が気付いて処理してあげてほしいと思います!
小学校高学年にもなると、お風呂も一人で入れるから、お母さんが身体の変化に気が付かないかもしれないですが、5年生以上の子供を持つお母さんはムダ毛・生理についてのアンテナをきちんと張り巡らせてください!

ムダ毛でのいじめ、不登校はこのお母さんのアンテナ次第で絶対に防げます

子供の状態を見てあげてほしい

ムダ毛に悩んでいる子は、親に相談できなくて困っているかもしれません。

毛に悩むって、大人なら結構当たり前ですし、脱毛サロンも自由に行けますが子供は自分だけで脱毛サロンには行けません。

お母さんにムダ毛で相談するって、結構勇気が必要だと思います。

子供の毛深さは、お母さんなら見えているはず!

子供が思春期や反抗期で親と話をしてくれなくなる時期だからこそ、「私はあなたを理解しているよ」という親の気持ちがとても大切かなと思うのです。

 

小さいならお母さんが処理してあげた方がいいですが、12歳くらいだと恥ずかしいので自分でやる!というこの方が多いかもしれないですね。

そんな時はぜひ、電気シェーバーをプレゼントもしくは一緒に使ってみてほしいです。
カミソリしか使ったことのない親御さんも電気シェーバーの方が肌に優しいのでお勧めしたいです。

電気シェーバーもいろいろと種類があり、どれを選べばいいのか悩みますよね。
顔用のシェーバーで身体を剃ると時間がかかるので、身体用の専用の物がいいと思います。
でも、顔用の物でも身体も剃れます。
脱毛初心者の子供なら、問題ないと思いますので顔用の電気シェーバーを使わせてみてはいかがでしょうか?

 

お母さんがお風呂上りにわざわざ子供の前で自分の顔を剃ってみてください。
あと、腕、足と。

きっとムダ毛に悩んでいるお子さんなら「何してるの?」と聞いてきます。
そこで「使ってみる?」と渡して、使い方を説明してあげるとすんなり聞いてくれると思います。

剛毛とも子のまとめ

ムダ毛に悩んでいる子供は大人以上に案外多いのかもしれません。

子供だから言えないでいるんです。

「ムダ毛なんかで!」って怒られたらどうしようって思いますよね。
でも、自分も毛深いことで悩んだ事ありますよね?

「早い!」って怒らないで、一緒に悩んであげてほしいです。
脱毛サロンに行くのは最終手段でいいと思います。

 

未成年はホルモンのバランスが整っていないため、脱毛サロンの効果が大人より出にくいというお話もありますし、なにより脱毛サロンは高額です。

ワキ毛だけならミュゼのキャンペーンを使用する手もありますが、全身となると話が違います。

もし、自分の子供が「毛深い」ことで悩んでいるようならお母さんは早めに行動しても、問題ないと私は思います。

イジメに発展してからでは遅いのです。

 

親は「ムダ毛」をたいしたことが無い問題ととらえているなら、それは間違いです。
少しだけ、自分も悩んでいたことがあるなら年齢がいくつでも考えてあげてほしいと思います。
悩みを聞いてくれると子供はとても気持ちが明るくなれるのです。

ムダ毛を少し処理してあげるだけでも、全然違うと思います。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ