おすすめ電気自動車

産毛のヒゲとアンダーラインのムダ毛を脱毛したいと思った出来事

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  産毛のヒゲとアンダーラインのムダ毛を脱毛したいと思った出来事

産毛のヒゲとアンダーラインのムダ毛を脱毛したいと思った出来事

【30代女性】

私は子どもの頃からとても体毛が濃く悩んでいました。
今まで自己処理でできることはほとんど全てやってきたと自負できます。

よく雑誌やネットなどで見るムダ毛の情報は私には全く当てはまりませんでした。

例えばカミソリで剃ったら1週間程度、毛抜きで抜いたら1ヶ月くらい持ちますという情報だと、私の剛毛の場合カミソリで剃ったら半日程度、毛抜きで抜いたら3日くらいでした。

そのため高校時代、義務づけれていた三つ折りソックスは苦痛で仕方ありませんでした。
毎日剃っても剃っても部活の始まる夕方頃にはチクチクと生え出してしまうので恥ずかしくてたまりません。

そして毎日ムダ毛を剃ることによって肌が荒れてボロボロになり、血が出たりかさぶたになったりして、赤いブツブツや傷で、その頃の私の足は見れたものではありませんでした。
抜いたら抜いたで今度は埋もれ毛になってしまって余計な皮膚トラブルを抱えることになりその頃の私はいつもムダ毛のことで頭がいっぱいでした。

大学時代に産毛のヒゲをヒゲが生えてると言われてしまった

そんな私にも大学生になり彼氏ができたのですが、もちろん彼氏と会う前は入念にムダ毛の処理をします。
しかしいわゆる顔に生えているうぶ毛というものは光の角度によっては見えにくかったりすることがあります。
もちろん見える範囲ではしっかりと処理をしたのですがその日はとても晴れたいい天気の日のデートでした。
車を走らせてドライブデートをしていたら急に隣の彼氏が信号待ちで私の顔をじっと見つめたと思ったら、あっヒゲだ!ヒゲが生えてる!!と叫びました。

学生同士だったのでデリカシーもなく、思ったことを口走ったのかもしれませんが当時の私は好きな人にそんなことを言われとてもショックで恥ずかしくなりました。

それからは彼氏と会うたびにトラウマのようになり、処理しても処理しても心配でしょうがなかったです。

普段、処理をしていないアンダーラインのムダ毛処理はいざというとき忘れてしまう

そして最大の失敗といえば彼氏と行った海水浴でのことです。
ムダ毛といえば足や脇だけでなくアンダーラインにも生えています。ここは本当に剛毛で毛深く密林のようで広範囲にわたって生えています。
なので普段は下着から毛がはみ出ているのですがここを剃ると生えてきた時に本当に痒くて痒くて辛いのであまり自己処理をしていませんでした。

しかし海水浴の日、私は水着、日焼け止めなど準備万端で楽しみに現地に向かっていたのですが目的地に近づいた頃アンダーラインのムダ毛の処理をしていないことに気づきました。

このまま水着を着たら恥ずかしいどころか犯罪になってしまう。私は真っ青になりました。
そして大恥を忍んで彼氏に事情を話しコンビニに寄ってもらいカミソリを購入しました。

しかし剃る場所もなく、後部座席でアンダーラインムダ毛剃っている私を見て彼氏は呆れかえっていました。私はこのまま消えたいくらいに恥ずかしかったです。もう二度とこんな経験はしたくないと思いました。

今では半永久的に脱毛できるサロンがたくさんあり、学生でも気軽に受けることができますが当時はまだ全然メジャーではなく料金も高かったので学生の私には通えず多くの失敗を繰り返しきました。

あの当時今くらい脱毛サロンが流行っていればと少し羨ましい気持ちです。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ