おすすめ電気自動車

下の毛が毛深い事が一番恥ずかしい思いをしました

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  下の毛が毛深い事が一番恥ずかしい思いをしました

下の毛が毛深い事が一番恥ずかしい思いをしました

【20代女性】

私はおそらく、体の毛が生え始めるのが周りの子よりも早かったようです。

小学生で集団でお風呂に入った時の事他の子よりも毛深いことが

思い出すのは、小学生の頃の集団宿泊です。
入浴の時間は短く、必ずクラスのみんなで入らなければいけない決まりなので全員で一斉にすっぽんぽんになったのですが……。

やはり気になるのは下の毛です。
気になるというか、小学生だったので自分が周りの子よりも毛深いなんて意識したこともなかったのですが、他の子を見てみるとまだツルツルだったりうっすらとしか生えていなかったりで、明らかに私より薄いんです。

「あっ……、私って毛深いんだ……」、と、思えば初めて恥ずかしいと意識した瞬間でした。

生える時期が早い、というのも嫌でしたが、その範囲が広いというところが、何より困りました。

中学・高校時代は水泳の授業でスクール水着からアンダーラインの毛がはみ出てしまう

中学・高校と学生時代のスクール水着は、スパッツのように太ももまで覆ってくれるタイプのものではなく脚の付け根の部分までしかない(旧型の?)スクール水着だったんです。

この水着、ちょっと動くと股のところがずれてしまって必ず毛がはみ出てました。
体育座りをして先生の話を聞いているときなんかも、下半身が気になって話に集中できませんし……。
周りの子になにか言われた、というわけではありませんが、やはり思春期だったし、毎日毛を剃るのも億劫だしで、とにかく肌を出す水泳の授業は大嫌いでした。
それとなくクラスの友達に「毛の処理ってどうしてる?」と尋ねてみたこともあるのですが、みんな腕の毛はともかく、下の毛までは剃っていないみたいでした……。

とにかく下の毛が毛深いと困る

こんな感じので、彼氏の前で服を脱ぐのにもかなり抵抗があります。
剃ると毛の量は減りますが肌が荒れてしまって赤くなりますので、見た目がかなりみっともないんです。
今でもそうなのですが、電気を消して暗くしていないと服を脱ぎたくないです。

一度、明るい部屋でパンツだけになったとき太い毛がはみ出しているのを彼氏にも見られてしまい……、笑われたりはしなかったのですが女性としてなんだか自信をなくしてしまいます。
女の子ってやっぱり肌はツルツルで綺麗な方が愛されると思いますし……。

いろいろと書きましたが、とにかく下の毛が多いのが一番の悩みであり恥ずかしい思いをしてきた元凶だと思っています。
友人と旅行に行ったとき、銭湯に行ったとき、下着屋さんでサイズの採寸をしてもらうとき……などなど、パンツ一枚になったときにお腹まで濃い毛が生えているのが堪らなく恥ずかしいです。
だからといっ剃ったり抜いたりすると肌が痛くなりますし、生まれつき薄い女の子が心の底から羨ましいです。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ