おすすめ電気自動車

ビキニラインのムダ毛の処理が一番大事だと思わされた出来事

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  ビキニラインのムダ毛の処理が一番大事だと思わされた出来事

ビキニラインのムダ毛の処理が一番大事だと思わされた出来事

【20代女性】

私がムダ毛でとても恥ずかしい思いをしたのは、去年の夏の旅行へ行ったときのことでした。

彼との旅行で念入りにムダ毛を処理しました

私はもともと毛深く、広範囲に生えているタイプで、腕や足はもちろん背中からお尻にかけて産毛が結構目立ちます。なので念入りにお風呂のときに剃刀で処理していたつもりです。旅行は彼氏となのでなおさらです。

しかも夏ということもあり、海へ行こうとなったので私は可愛らしいビキニをカバンに詰めていました。
剃刀は泊り先のホテルに置いてあるだろうと思い、荷物をなるべく軽くして行きたかった私はムダ毛処理グッズをカバンに入れることはありませんでした。そして旅行当日。飛行機にのり数時間で到着し、早速海へ行くことに。

そしていざビキニに着替えてみるとここで問題が発生しました。

なんと腕や足のムダ毛処理はしていたものの、ビキニラインの処理をすることをすっかり忘れていたのです。

ビキニの下は普通のパンツタイプのため、毛が両脇からはみ出てしまい、これでは彼の前に行けないと焦っていました。
ムダ毛処理グッズをなぜ家に置いてきてしまったんだろうかと本当に後悔しました。
なんとか毛をパンツの中にしまいこみ、あまりはしゃぎすぎないようにしていました。
すると彼から「なんか大人しいね、なにかあったの?」と言われてしまいました。

とてもドキドキしましたが、なんとか隠し通せましたが、砂浜でビーチボールをしているときに悲劇は起こりました。

彼にアンダーラインの毛がはみ出ているのを見られてしまった

なんだかさっきから彼の目が泳いでいる。
さっき着替えたときに毛しまいこんだし出てこないようにあまり激しい動きはしていないのになぜだろうかと思いながらもビーチボールを楽しんでいました。
少し疲れてきたので膝に手を当ててかるくかがんでみたら、なんと水着から毛がはみ出していました。

両脇の先ほどしまいこんだ部分からではなく、なんとセンターからなので隠しようがありません。
驚きのあまりにわたしはそのまま顔を上げられなくなってしまいました。かといって今ここで水着の中の毛を直すわけにもいきません。

肩にかけていたタオルでなんとなく隠しながらトイレへ駆け込みました。
きっとさっき彼の目が泳いでいたのはきっとその水着を見ていたからだと思います。
とても恥ずかしく、どんな顔をしてもどったらいいのかわからずなんとか平然を装いながら戻りました。

彼なりの優しさで冗談ぽく笑い飛ばしてくれたので良かったのですが、今度からはもっともっと念入りにケアして、ムダ毛処理のための最低限のグッズは持ち歩こうと決意しました。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ