おすすめ電気自動車

新体操部でムダ毛処理が大変だった話と大学時代にイケメンにワキ毛を見られてしまった話

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  新体操部でムダ毛処理が大変だった話と大学時代にイケメンにワキ毛を見られてしまった話

新体操部でムダ毛処理が大変だった話と大学時代にイケメンにワキ毛を見られてしまった話

【10代女性】

ムダ毛の処理を怠り、恥ずかしい思いをした事は女性であれば、誰でもあると思います。

新体操をやっていたのでムダ毛の自己処理は毎日やっていた。そのせいでムダ毛が濃くなり、黒いブツブツが目立つようになってしまった

私は、学生時代はずっと新体操を続けてきました。新体操の衣装は露出が多く、高校生くらいからムダ毛の処理は入念にやってきました。

脇の下、腕、足等、ほぼ毎日カミソリを使っての処理をしておりました。

長年のカミソリの処理で、私のムダ毛はどんどん濃いくなっていく一方でした。剃っても、黒いプツプツのようなものが残ります。

大学生で脱毛を開始

そういった経緯もあり、大学生になった頃には腕と足と脇の脱毛を開始しました。
脱毛は順調で、毛穴の黒ずみもなくなり、とても綺麗になりました。

新体操の大会当日にムダ毛で大失態

カミソリは捨てて、ムダ毛の処理を完全にしなくなった頃の出来事です。

新体操のインカレ大会当日。

この日を目標にこれまで頑張ってきて、私はかなり緊張していました。
準備運動やストレッチを終わらせ、コンディションは最高の状態で、いよいよ本番ていう時に、チームメイトから、陰毛がはみ出ている…と言われたのです。

顔から火が出るほど恥ずかしい思いをしたのと、審査員の方々に見られたらどうしようという気持ちでパニックになりました。

かなり際どい衣装だったということもあったので、隠すに隠せず、そのまま本番をむかえました。
本番での集中力は全くありませんでした。結果は最悪です。

とても残念で恥ずかしい思いをしたのが、今となっては懐かしいです。

高校生の時、病院でイケメン医師に処理していないワキ毛を見られてしまった

もうひとつは、高校生の時のことです。自転車で下校している時に、車輪に傘が刺さってしまい、前転するような格好で転倒してしまい、頭部を強打しました。

全身打撲したこともあり、なかなか動けなくて、救急車で近くの総合病院へ運ばれました。あれよあれよといううちに検査等をされて、CT室へ運ばれました。

あまり意識が無い中、放射線技師の先生に検査の説明をされました。

目を見開いた時、その先生が福山雅治にすごく似ている、かなりイケメンの先生でした。私の心拍数は上昇中です。なんとか、半袖、半ズボンの検査の服に着替えます。

CTの検査台に乗せられ、両手を上げて下さいと言われたその時です。
脇毛の処理をしていないことに気づきました。
横にいる先生は確実に見えているだろうと思うと、とても恥ずかしかったです。
よりにもよって、イケメンに脇毛を見られるという失態をしました。

いつ、どこで、ムダ毛を見られるか分からないので、何が起こっても大丈夫なように、常にきれいな状態にしておくべきだと反省しました。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ