おすすめ電気自動車

高校生の時ムダ毛処理を母親に相談できたのが良かった

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  高校生の時ムダ毛処理を母親に相談できたのが良かった

高校生の時ムダ毛処理を母親に相談できたのが良かった

【20代女性】

高校の時、女子高だったのですが、入学準備の時に体操着とレオタードを買いそろえました。体育の時間で何をするんだろう、と思いました。

レオタードから毛がはみ出してしまう

少人数の中学から進学した私は、レオタードを初めてみたので、水着みたい、と思いました。明日はレオタードという日に、心配で試着しました。足の付け根から毛が出てしまうので、処理しました。

次の日、友人が慌てていました。私のように試着しなかったようで、足のスネも、付け根も毛が見える状態でした。その時、誰もシェーバーを持っていなかったので、体育の2時間はどきどきして過ごしたようです。

内容は、ストレッチと自由なダンスでした。レオタードは必要ないと思いましたが、担当の先生が、新体操の顧問だったので、そうなったようです。

体育でレオタードを着たのをきっかけに友人とムダ毛の自己処理をどうするかを話し合いました

大変な思いをした友人と、その日話をしました。

シェーバーは、どうやって購入するのか?どこで購入できるのか?など、いろいろ教えました。

友人の家庭は、休日の買い物は父親が一緒なので、チャンスがない、ということでした。父親は厳格で、母親も買ってくれない、話もしたことがない、というので、まずは母親に、必要なことを話した方がいいのでは?ということになりました。

友人は母親がシェーバーが必要だから買おうと言ってくれたようでした

友人は、妹と一緒に母親に話したそうです。母親は、必要なら買わないと、と買ってくれたようです。言わなかったら、どうなっていたんだろう、と思いました。

ムダ毛の処理は、私の母は、いつも楽しさを交えながら話していたので、抵抗はありませんでしたが、そういう家庭もあるのだと知りました。

教室でも話題になってしまいましたが、いじめられることもなく、かわいそうな人、というイメージだけで終えることができました。

友人は悔しそうでしたが、他の教室ではそういう噂はなかったので、一年生の中で一人だったようです。

腕のムダ毛の処理をキレイにしている別の友人に聞いてみた

腕のムダ毛は、きれいに処理している友人がいたので、聞いてみると、テープと言っていました。かわいい顔なのに、きついことをするなあ、と思いました。

私はアトピーだったので、その方法は無理でした。チクチクしても、シェーバーが最良でした。初めてのムダ毛処理は、大体その年頃なのでしょうか?

 

学校外では話も恥ずかしく、コソコソ話したのを覚えています。やはり、友人か母親にしか聞けません。

頭がいいとか、悪いとか関係なく、友人みんなで笑いながら話した思い出です。母は、学校であったことを聞いてくれました。その時相談できたことも、私には大きかったです。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ