おすすめ電気自動車

妊娠中に脚のすね毛が生えた状態で恥ずかしい思いをしました。独身時に脱毛しておけば良かった

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  妊娠中に脚のすね毛が生えた状態で恥ずかしい思いをしました。独身時に脱毛しておけば良かった

妊娠中に脚のすね毛が生えた状態で恥ずかしい思いをしました。独身時に脱毛しておけば良かった

【20代女性】

28歳、主婦をしています。
私は結構無駄毛が多くて、口の周りの産毛から脇、しまいには足に何本かすね毛があります。
太くて目立つ毛がすねに何本もあるので私は本当に女なのか?ホルモンバランスおかしいのではないかと思うほどです。

なので夏場は毎日脇と足、そして腕も結構毛が濃いのでチェックし風呂場で剃ったり、温泉やお泊まりにいくときも必ず前日に剃っていました。

こんなに気になるなら脱毛すればいいのではないかと思われるでしょうが、なかなか忙しかったり面倒くさかったり、あとなんだか脱毛やエステに敷居の高さを感じてしまって行かないままここまで来てしまいました。

妊娠してから無駄毛の事をすっかり忘れていた

そんな私も結婚し、妊娠しました。
その妊娠がわかったのが11月で冬の始まりだったのもあり、あと妊娠したことによって裸を見せる機会もなく完全に無駄毛の存在を忘れ油断しきっていました。
しかも妊娠のホルモン変化により腕の産毛の色が薄くなったのです。
なので無駄毛が視界に入りづらくなっていたのかもしれません。

ある日私はいつものように産婦人科に行き、検診を待っていると1人の助産師さんを見かけました。
その助産師さんが私に声をかけてきたのです。
見ると彼女は小学校一年の時から中学校卒業まで仲良くしていた幼馴染みだったのです。
会うのは中学以来です。
聞けば彼女はその病院で働いているらしく、その時はお互いがんばろうねと声をかけあって別れました。

そして検診の時間になり内診室に入り産婦人科なのでズボンと下着をとり下半身裸の状態で内診台に乗ると、なにやらカーテンの向こうで聞き覚えのある声が。
そう、先ほど会った幼馴染みが担当医の助手をしていたのです。

アンダーヘアが毛深い事よりも脚のムダ毛を見られたほうが恥ずかしかった

その時は下半身を見られたショックと驚きで頭が回らなかったのですが、まあ彼女も職業柄、女性の恥ずかしい部位は見慣れているだろうと自分を納得させました。
しかし内診が終わりズボンを履こうとしたとき私ははっとしたのです。
そう、足のすね毛が目に入ったのです。
しかもずっとほったらかしにしていた分長く太く成長した数本の毛が。
これは恥ずかしい。

なんたって恥ずかしい部分の毛は処理してない女性は多いですが足の毛を処理してない女性はあんまりいないでしょうし自分はズボラだと言っているようなものです。

普通は足の毛のほうが恥ずかしくないんじゃないかと思うでしょうが、恥ずかしいくらい立派な毛だったのです。
それ以来検診の前には下半身を重点的にチェックしていくようになりました。

今思うと独身の時に脱毛していればよかったなと思います。
子持ちになった今、自分の時間はないですから。
ちなみに幼馴染みとは出産の時もお世話になり恥ずかしいを通り越して仲良くなりました。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ