おすすめ電気自動車

父親の遺伝で剛毛で毛深いことが小学生からずっとコンプレックス

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  父親の遺伝で剛毛で毛深いことが小学生からずっとコンプレックス

父親の遺伝で剛毛で毛深いことが小学生からずっとコンプレックス

【30代女性】

私は小学校低学年ぐらいから、周りの人より自分は毛深いんだと思いはじめました。
父親の遺伝で自分も毛深いのだと思います。父親の手や足は、もずくがへばりついたように剛毛です。

体育の時間は嫌でした。小4ぐらいになると周りの子も私が毛深いと気づきはじめます

周りの女の子はハーフパンツなのに、私の家は貧乏だった為買ってもらえず、ブルマに短い靴下…私の足をチラチラみてくる子もいました。
その時は短い靴下を頑張って引っ張ってましたね。水泳の時間も苦痛でたまりませんでした。

中学生になると、ムダ毛処理してる子もいたので、自分もしてみようと思いましたが、処理すると毛深くなるからやめなさいと親から言われ我慢しました

毛深いことがコンプレックスだったので、好きな人ができても告白も、その人と話すこともできませんでした。

高校になると流石に我慢できなくなり、カミソリで処理をするようになりました

すごくツルツルになり、早く処理しておけば良かったなと思い、少し自分に自信がもてました。
でも、私は男性並みに剛毛なのですぐに生えてきます。毎日のようにカミソリで処理していると、チクチクするし毛穴も目立つし、肌もボロボロで最悪でした。

毎日処理してたので、制服から素肌が見える部分だけカミソリで剃っていました。ひざ下や太ももはボーボーです。

プール掃除は靴下を脱ぐので剛毛を見られないように人から離れて掃除してた

ある日のクラブ活動の日、その日は急にプールそうじの手伝いになり、いつものように素肌が見えるとこだけ処理していた私は地獄のような時間でした。

靴下をぬぐと剛毛が、あらわになってました。見られたくないので、人から離れて黙々とそうじしました。掃除が終わるとすぐに靴下をはきましたが、多分みんなに見られてたと思います。もう恥ずかしくてたまりませんでした。

いろんなムダ毛処理を試しました

雑誌やネットなので、ムダ毛に効くという物は色々と購入しては試しましたが、私にはどれも効果をえれるものはなく落ち込みました。

脱毛にも行きました、でも店員さんにビックリされたり、やっぱり凄く痛いので続けることはできませんでした。

今は、カミソリ・ピンセット・ソイエなどで処理しています。ただ、どれも処理する時間がかかったり、肌荒れしてかゆくてたまらなかったり、埋もれ毛になり余計に肌が目立ってしまいます。
とりあえず、結婚して子供もいてますが、旦那には毛深いこと言えないままです(多分、毛深いこと気づいてると思います)

子供はまだ小さいのですが、一緒にお風呂に入っていて、処理してない剛毛の私の足を見て、ママ足凄いね~と凄く恥ずかしいです。毛深くないツルツルの足に生まれたかったです。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ