おすすめ電気自動車

ノースリーブやドレスを着れなかったけど脱毛して今はオールインワンなど流行のファッションも気にせず着れるようになりました

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  ノースリーブやドレスを着れなかったけど脱毛して今はオールインワンなど流行のファッションも気にせず着れるようになりました

ノースリーブやドレスを着れなかったけど脱毛して今はオールインワンなど流行のファッションも気にせず着れるようになりました

【20代女性】

私は物心ついた頃から毛深い事がコンプレックスでした。

小学校の写真を見ると腕にしっかり毛を確認することが出来ます。小学校の時から剃刀で毛を剃っていました。
小学校の時はそこまで言われなかったのですが、思春期に入る中学校から男子から毛深い事に関してをイジられるようになりました。

夜にしっかり剃っても、次の日朝には少し生えてます。それがチクチクするのです。また、黒い点々が見えます。

中学・高校時代は体操服になるのが嫌いでカミソリで剃っても毛が濃くなるばかり

1番嫌なのが、体育の授業や部活の時間に体操服になることでした。
男子の横に体操座りすると手足を見られ、「何この黒い点々」、「毛深くね?」と言われていました。
中学校の私にとってはとても辛い言葉です。でも、学生の私は剃刀で剃るのが精一杯。

高校生になると、ワキ毛と顔毛なども気になり出しました。
剃れば剃るほど濃くなり、そして、皮膚がヒリヒリする。

中学校と高校生は毛深いことで男性とお付き合いすることを全力で避けていました。

20歳になると可愛いノースリーブの洋服やドレスを着てみたいと思ったがムダ毛が気になり着れなかった

専門学校に入り、20歳にもなり、ファッションに目覚めるときです。
また、結婚式に誘われることが増えました。
しかし、腕、肩、背中、ワキが気になりノースリーブの洋服や可愛いドレスは一切選べず着れませんでした。

女性としては、お肌を出して女性らしさを出していきたいもの。
買いたい洋服が買えないのがこの歳の私にとってとても辛いことでした。

ある時学校で腕を出す必要があって、男子にムダ毛を見られてしまった

冬に専門学校の授業で腕を出さないといけない時がありました。
それは、筋肉の動きを見るという実験でした。

冬はあまり肌を出さないため、ムダ毛処理をサボっていた私は絶対に腕を出したくありせんでした。
しかし、逃げることが出来ず男子に全力で伸びきった腕の毛を見せなければいけませんでした。

すると、男子は絶句。授業終わった後、嫌いな男子に「毛はちゃんと剃ろうね」と言われました。人生最大の恥でした。

脱毛はお金がかかったが、肌荒れや将来の肌の衰えを考えて自己処理で傷をつけないで済むので満足しました

社会人になって、お付き合いをするようになり、将来のことも考えて脱毛することに決めました。
私は普通の人よりも倍毛が多くて、倍の金額がかかりました。
70万円かかりましたが、最大のコンプレックスが無くなると思うと迷いはありませんでした。

剃刀でし続ける方が安くすみますが、歳を重ねるとともに肌か衰えていくことを考えると傷つけたくありませんでした。

現在は、2年かかった脱毛治療も終わり、産毛程度が生えているのみです。

夏はノースリーブを着ることができ、結婚式には流行りのオールインワンを着ていくことができ、みんなにカッコいいと言われました。
今の私に満足しています。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ