おすすめ電気自動車

背中の毛深さと鼻下の産毛を友人に指摘され、冬で油断してたら下着姿の時はワキ毛を見られてしまった

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  背中の毛深さと鼻下の産毛を友人に指摘され、冬で油断してたら下着姿の時はワキ毛を見られてしまった

背中の毛深さと鼻下の産毛を友人に指摘され、冬で油断してたら下着姿の時はワキ毛を見られてしまった

【20代女性】

私は元々毛深い方で、小さい時から鼻の下の産毛はもちろん、手や足の指の毛、腕や脚、お腹や胸周りなどほぼ全身と言っていいほどのムダ毛に悩まされてきました。
小まめに処理するタイプでもなく、腕や脚など見える場所のみカミソリで剃るようにしていましたが、学生の時にとても恥ずかしい思いをしました。

無邪気な彼に背中の毛深さを指摘されて恥ずかしかった

友達から紹介して貰った男の人とデートに行った時の話です。彼はとても明るく気さくで、とても楽しませて貰っていました。
けれど私が先にエスカレーターに乗った時、彼が「背中に毛はえてるー!」と言ったのです。彼に悪気はなく、まるで面白いものを発見した子どものような感じで明るく言われたのですが、なんだか自分磨きをサボっているのを指摘されたような気がして、女性としてとても恥ずかしかったです。

今度は鼻下の産毛が目立つと友人から言われた

高校生の時には女友達から「鼻の下の産毛目立つ、美人なんだからそういうところにちゃんと気をつけたらモテるのに」と言われました。
自分のことを美人だとか思っていたことはありませんが、その言葉を聞いて「あ、私がモテないのはムダ毛が多いからなのか!」と妙に納得してしまいました。友達はムダ毛処理などの細やかさを持ったりだとか、そういうことを言っていたのだと思いますが、私には毛深いイコールモテないという方程式が出来上がりました。

それからは剃っても剃っても毛や毛穴が目立つ気がして、常に指は隠す、出来るだけ長袖、メイクも鼻の下は念入りに塗るようになりました。

ちなみに眉毛もすぐに生えてくるので、形を整えても少しサボるとあっという間に眉間で眉が繋がります。

冬で今日は脱ぐ事はないと思って油断していたらワキ毛を見られる事になってしまった

剃る頻度も高く気を使っていましたが、やはり冬になり肌の露出が減ると段々と処理も甘くなり…
ある冬の日、どうせ人前で脱ぐこともないしとムダ毛処理をせずに友達とショッピングに行きました。

話の流れでお揃いの下着を買おうということになりました。サイズを測るためめぼしい下着を持って試着室に入り、自分の脇を見て処理していないことに気付き愕然としました。

けれど店員さんが既に試着室の前で待機している…うまく断る言葉も見つけられず、店員さんには「すいません、冬だしと思ってムダ毛処理全然してなくて~」と笑いながら白状しましたが、とっても気まずかったです。

どんなに可愛い下着を付けても脇から覗く毛のせいでちっともワクワクせず、さっさと買って店を出たい気持ちしかありませんでした。

毛深いことが悪いとは思いません。人間なので毛が生えるのは当たり前のことだと思います。

けれど特に女性なら、誰に見せることがなくてもすべすべのお肌でいられた方が気分も上がるし、予想外の展開になった時に慌てず恥ずかしい思いもしなくて済むなと思い、今ではしっかりムダ毛処理をしています。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ