おすすめ電気自動車

海水浴で水着になり背中の剃り残しが目立ってしまった

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  海水浴で水着になり背中の剃り残しが目立ってしまった

海水浴で水着になり背中の剃り残しが目立ってしまった

【30代女性】

17歳の夏、私は友達と海水浴に行くことになりました。

全身を念入りにムダ毛を処理しました

その日のために、わざわざ新しい水着、ビキニを購入して自宅で何度も着てみて(笑)前日には念入りに全身のムダ毛処理。
長い時間かけて鏡を見ながらひたすら剃りまくりました。

私は背中はそうでもないのですが、腕や足、わきの毛が濃く処理をしないと恥ずかしくて袖を捲ることも出来ないし、半袖を着ることも出来ませんでした。
なので海水浴ともなると必死で処理しました。

そして次の日にいざ海水浴へ!

背中のムダ毛の剃り残しがあって余計目立ってしまった

最高のロケーションでだんだんテンションも上がってきて、三人グループの男性とも仲良くなってビーチバレーをしたり、浮き輪でぷかぷか浮いてみたりとキャッキャキャッキャ騒いでいました。

そしてちょっと休憩しようということになり、砂浜に座りながら喋ったり、日焼けのチェックをしたり。
すると一人の男性に「あれ?ここだけ変な焼け方してるてよ」と言われ「え?最悪~」とか言いながら肩(うしろ)を見ました。でも見えない!見えそうで見えない!

すると「ん?日焼けじゃないね。なんかどっかで汚れたのかな?」ともう一言。
鼻のしたを伸ばしながら必死に確認すると・・・

最悪!本当に最悪!それは日焼けではなく毛の剃り残し。汚れでもなくて剃り残し。

幸いにもまだ男性は、剃り残しという事には気付いていなさそうだったので、ちょっとトイレで汚れてるの取ってくるね~なんて言いながらタオルで肩を隠していざトイレへ。

背中の剃り残しを自分で剃ったら失敗して切れてしまった

海のトイレはそこの一つしかなく、かなり混雑していましたが、汚れ(笑)をそのままにしておく訳にもいかず、家族連れがいる中必死に処理しました。
わき毛が途中で生えてきたら困るな~と思って念の為に持ってきていた毛剃りカミソリがこんなところで役立つとは。備えあれば憂い無しとはこの事だ!と17歳ながらに思いました。

無事に汚れを落として友達の待つビーチへ戻ると、友達に「肩から流血してるけど、大丈夫?(笑)」と囁かれました。
思わずこれには二人で大爆笑。はじめから友達に処理してもらえば、混雑するトイレでわざわざ毛の処理をして恥ずかしい思いをしなくても良かったなと。
そして何よりも、その場の雰囲気でたまたま仲良くなった人に、よく見てもらうと肩から流血する必要は無いかったなと。

流血の肩のおかげで、海に入るのが凄くしみて痛かったです。本当におバカな失敗でした。もう二度と自分で見えないところの毛の処理はしまいと決めた17歳の夏でした。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ