おすすめ電気自動車

両ワキとデリケートゾーンの毛だけが剛毛で毛深くて大変で脱毛することにした

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  両ワキとデリケートゾーンの毛だけが剛毛で毛深くて大変で脱毛することにした

両ワキとデリケートゾーンの毛だけが剛毛で毛深くて大変で脱毛することにした

【30代女性】

両ワキとデリケートゾーンだけが毛深くて高校生から毛抜きとカミソリの自己処理を繰り返していた

私はどちらかと言うと、全身はそんなに毛深いということもなく、むしろ、腕や足といった箇所にはほとんど毛がない方だと思います。

しかし、なぜか、両ワキやデリケートゾーンにはびっくりするほどの毛があるのです。

高校生くらいからその状態に違和感を感じ、それでもなかなか親や友達にも相談しにくく、仕方なく自分でカミソリや毛抜きで処理することを繰り返していました。

特にワキについては何度も毛抜きで抜いていたので、毛質も太く濃くなり、逆効果でした。

高校卒業した頃に脱毛サロンに行き両ワキの脱毛をしました

そんな私にも彼氏ができてからは、それはそれはお手入れに気をつけました。

こんなことで嫌われたくない、別れられたくないと、私も必死に頑張りました。

高校を卒業した頃、両ワキについてはさすがにそろそろ脱毛に通ってみようと思い、あるエステサロンを訪ねました。

キャンペーン期間中でもあったので、通常の費用よりもお安く脱毛の契約をすることができ、アルバイトで貯めたお金で両ワキ脱毛をスタートさせました。

おかげで、両ワキについては完全脱毛に成功し、長年嫌な思いをしてきたので、とても嬉しかったことを今でも覚えています。

プールではしゃぎすぎて水着からデリケートゾーンの毛がはみ出てしまったのをきっかけに脱毛をすることを決意した

それから夏が来て、高校時代の友達と久しぶりに会うことになり、夏ともあったので、その友達の彼氏と私の彼氏も一緒に、何組かでみんなでプールへ行きました。
とにかく久しぶりに友達にも会えたことに私のテンションも上がり、加えて彼氏も一緒だったので、とにかく楽しい気持ちもマックスでした。

その日は当然ながら、この日の為に新調した可愛いビキニを来て、彼氏にも褒めてもらい、私もご満悦な状態でした。

更に調子に乗ってしまった私は、スカートを脱ぎ、オールビキニ姿になってはしゃぎまくり、プールから上がって自分のパンツが大幅にズレ、デリケートゾーンの毛がはみ出ていたのです。
しかも、前日に入念なお手入れをしていたにも関わら、Vラインばかりを気にかけすぎて、肝心なIラインは手付かずにしてしまっまことが災いで、もうびっくりわしゃわしゃと出てしまっていました。

もう、私も顔面が紅潮していくことが自分でも分かるくらい恥ずかしくてその場から逃げたくなりました。

そんな時、彼氏が何事もなかったかのように私の身体を覆うように抱き寄せ、そんな状態になった私のデリケートゾーンを自然な感じで隠してくれました。
そんな彼氏の行動にびっくりした私は、どんな態度をとれば良いのか分からなくなりましたが、とにかくその場で見られてしまった失態を隠したくて仕方がなかったので、本当に助かりました。

それからは迷いなく、すぐにエステサロンでデリケートゾーンの脱毛をスタートさせることにしました。
もうあんな恥ずかしい思いはしたくないです。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ