おすすめ電気自動車

背中のムダ毛が毛深くて処理が自分で出来ず大変だった

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  背中のムダ毛が毛深くて処理が自分で出来ず大変だった

背中のムダ毛が毛深くて処理が自分で出来ず大変だった

【20代女性】

私は女なのですが、生まれつき毛深く、同じ世代の子と比べると腕や足の毛が明らかに多かったです。

幼稚園から小学校中学年くらいまでは特に気にすることもなかったのですが、小学校高学年になると、体育の授業で半袖+ブルマになったり夏はプールで水着になったりすることに抵抗がでてきました。
ただ、周りの環境が良かったのか、それを理由にからかってくるような子はいませんでした。

中学生で毛深い事を始めて指摘され、カミソリで自己処理を始めた

中学生になると周辺の小学校の子と一緒になるので、今まで以上に様々な性格の子がでてきます。

その時に初めて同級生の女の子から毛深いことを指摘されました。
その子やその周りの子は少しませていて、無駄毛の処理もすでにしていたようで、何でそんなに毛深いのに剃らないの?と言われました。
気にしていただけあってとてもショックでした。

それから毛深いことが嫌で嫌でどうにかしようと思い、家にあったカミソリで腕と足の無駄毛を自己処理しました。
その時は親に言うのも恥ずかしく、知識がなかったので、カミソリ負けを起こすなど失敗もしました。
二枚刃のカミソリだったので誤って皮膚を切ってしまうこともありました。

でも気にしていた体毛が、剃ることによってキレイになったのは嬉しかったです。
歳をとるにつれて、自己処理の方法も分かってきました。

ただ、元の毛が一般の女性と比べると太くすぐにチクチクと生えてくるので、人目につく季節はほぼ毎日処理が必要になりました。

高校生になり背中のムダ毛が毛深いことを指摘された

やがて高校生になり、夏休みに友人達と海やプールに行く機会が増えました。
その時に腕と足のムダ毛は処理をしていましたが、背中の毛までは自分で見えない為完全にノータッチでした。
それを一人の友人から指摘され、笑われました。

一緒に遊びに行った子達の中には男の子もいたので非常に恥ずかしい思いをしました。
それからは背中の開いた服を着ることはなくなりました。
水着を着るときも必ず上からTシャツを着るようになりました。

なかなか自分での処理は難しい箇所なので、極力隠すことに力を注いでいました。

彼氏からムダ毛の処理をしてあげると言ってもらった

成人して新しい彼氏ができたとき、旅行で部屋風呂付きの客室に宿泊する機会がありました。

その時、私の背中を見て彼は笑うこともからかうこともなく、自分で処理ができないなら代わりにやってあげると言ってくれたのです。

見られた時は、もしかしたら嫌われてふられてしまうかもしれないと不安になりましたが、彼はそんな人ではありませんでした。
今ではその時の彼氏が旦那になり、私の背中のムダ毛の処理は毎回旦那の担当となっています。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ