おすすめ電気自動車

子供のころから毛深かった体験談と大人になってからのムダ毛自己処理

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  子供のころから毛深かった体験談と大人になってからのムダ毛自己処理

子供のころから毛深かった体験談と大人になってからのムダ毛自己処理

【20代女性】

小学生の頃から毛深いということに気付いた私。

毎日のように気になっていたのが、露出することが多い腕の毛が一番気になりました。

周りの子に比べて明らかに毛が濃くて、夏は毎日最悪な気分でした。
物心ついてきた女の子にとっては、とてもコンプレックスでした。

毛深い事がコンプレックスで周りがすごく気になっていました

そして周りの目が気になりだしました。
周りの子も私のことを毛深いと思い始めていたのもわかってしまって、かなり傷つきました。

言葉では言われたことはありませんでしたが、視線でわかりました。

隠すことができない制服は本当に苦痛でした。
その当時はカミソリを使うという発想もなく、毛が目立たない周りの子が本当に羨ましかったです。

小学校高学年になった頃には陰毛も生えはじめて、みんなは生えていないんだろうなと悲観的に考えていました。

中学生になり、カミソリで初めて腕のムダ毛を剃りました

中学生になってますます毛深さが気になってきて、周りの子が綺麗に腕の毛を剃っているのを知りました。

足の毛も剃ったらしく、カミソリで足切っちゃったとか言っていて、カミソリに興味が湧き勇気を出してカミソリを購入しました。
さっそく風呂場で毛を剃りました。
かなりの快感でした。

毛深いので、すぐ毛が生えてくるので3日に1回ほど剃っていました。

大人になってからもムダ毛の自己処理が大変

大人になってからも毛深いのは治るわけもなく、今も残念です。
今も3日に1回ペースで剃らないといけません。

旅行に行ったときはとくに大変です。
よくホテルなどにカミソリは置いてありますが、ああいうカミソリは切れ味が良すぎてよく皮膚まで切ってしまいます。
それが怖いので持参です。

毛深い人は髪の毛も濃いのかなと私は思っています。
実際に私は髪の毛がかなり多いです。
2か月に一度の美容室に行った時も、すごい量の髪の毛が落ちています。
美容師さんにもいつもつっこまれるほどです。

女性なので髪の量が多いほうがセットはしやすいと思います。
そこは利点です。

地味に面倒くさいのは指毛です。
わりと伸びるのが早いので、私はピンセットで抜いています。わき毛も濃いので毎日のように剃っています。
少しでも生えてくるとチクチクして痛いんです。

脱毛はお金と時間がかかるからなかなか行けない

なら脱毛にしに行けよ!というのはよく自分でも思うのですが、時間も費用もかかるのでなかなか行けません。
今まで毛深いことでいろいろと悩んできましたが、今となればもう毛を剃ることも慣れてしまって、全身剃ってもささっと終わります。
特技と言えるかもしれません。

これからも大変に思うことはあるかと思いますが、この毛深い身体と付き合っていきたいと思います。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ