おすすめ電気自動車

高校生で彼との初体験でムダ毛の処理を忘れていたことに気がついた

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  高校生で彼との初体験でムダ毛の処理を忘れていたことに気がついた

高校生で彼との初体験でムダ毛の処理を忘れていたことに気がついた

【10代女性】

学生時代から、毛深いことがなかなか大きな悩みでした

夏場は腕や足がどうしても出るので剃っていましたが、剃っても剃ってもすぐ生えてきて、そのムダ毛もなかなか濃いのでかなりずっと悩んでいました。

冬場はあまり剃っていなかったのですが、ふとしたときに腕まくりなどをすると結構な濃いムダ毛がでてきて焦ってすぐに服をおろすといった感じです。足の方は、すね毛が本当に濃いのでいつも気を付けていました。

高校で彼との初体験で脚のムダ毛処理をしていなかった事に気が付いた

高校2年生の時、付き合った彼と初体験をしたのですが、キスをして、服を脱ぎそうになった時に頭をよぎったのがムダ毛のことでした。
冬で、制服は長袖で、スカートの下にはタイツをはいていたのでムダ毛を処理する必要がなく、生え放題になっていたのです。
そんな時に、そんなことが頭をよぎるなんて本当に悲しいことなのですが、そこがばれてしまっては彼に嫌われてしまうと思ったので、その日は「怖いからもうちょっと待って」と拒否をして、その場をしのぎました。
彼はわかったよと納得してくれたのですが、まさか私のムダ毛のことで拒否をしているとは夢にも思わなかったことでしょう。

こんなことならいつそういう事になってもいいように、どんな時でもしっかり処理をしておけばよかったと、自分の女子力の低さをとても後悔しました。

妹はそれほど毛深くもないのですが、なぜ私だけこんなに毛深いのかと本当にいつも嫌な思いをしていました。

彼といつでも大丈夫なように冬でも毎日ムダ毛の自己処理を丁寧にやっていた甲斐があり褒められた

とにかく、次に彼とデートするまでにはツルツルボディーにしておこうと思い、いつその時がきてもいいように全身くまなく毎日チェックしていました。
ワキ、足、腕に加え、私の場合は腰や太ももまでムダ毛があり、アンダーヘアもそのままだったので処理していました。
それだけの箇所を処理すると本当に時間がかかるので、彼ができてからめっきりお風呂の時間が長くなってしまいました。
また、妹に冬なのに「背中の毛を剃って」と頼んでいたので少し変に思っていたと思います。

その後、通販で、自分の目が届かないところも剃れる、背中も剃れる器具を見つけたのでこっそりバイト代で購入しました。
それで自分で背中や腰の毛も少し剃れるようになりました。

全身の毛の処理をし始めるととても気になって、足の指や手の指毛、肩回りなどまですごく気になってしまうようになりました。
それで全て抜いたり剃ったりして、お風呂を出たらボディークリームを塗ってその日に備えた努力も報われ、その日が来た時、彼には「つるつるだね」と言われました。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ