おすすめ電気自動車

毛深い剛毛の私はヒゲまでおじさんみたいに青くなってしまった

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  毛深い剛毛の私はヒゲまでおじさんみたいに青くなってしまった

毛深い剛毛の私はヒゲまでおじさんみたいに青くなってしまった

【20代女性】

私は昔からムダ毛が多くて悩んでいました。
剃っても剃っても生えてくる毛は、剃るたびに太くなっていくのがわかります。
ムダ毛で失敗した経験はこれまで数え切れないほどです。

元々生まれ付き毛深いのですが、毛深い人生に対して悔やんだ事も何度かありました。

小学生の頃、脚と腕が毛深くてからかわれました

水泳の時間に水着に着替えたら、脚と腕が毛深い事で目立ってしまい、男子からちょっかいを出された経験がありました。
すでに小学生の高学年から人よりも濃い方で、恥ずかしかったです。

中学生に入って更に眉毛と眉毛が繋がりそうになり、周りの友達からからかわれて、辛い経験があります

毛深いだけでどうしてこんなに辛い経験をしないといけないのだろうかと、深刻に思った事もあります。

高校生の時にお付き合いしていた彼に処理していないワキの毛を見られてしまった

高校生の時は毛をカミソリでケアしていて、毛深い事を隠す様になりました

ある時一人の男子からお付き合いの告白をされたので、私もその人が割りと好みだったので付き合うようになりました。
そして数ヶ月たったある日、彼が家に遊びに来ないかと誘われドキドキしながら行きました。
そして服を着替えようとした時に、脇の下のムダ毛の処理をし忘れてしまった事を忘れていて、隠しながら着替えたらやっぱり難しいかったのか、彼が脇の下にゴミがついてない?って言ってきて、私は凄く焦って冷や汗と戸惑いでサッと隠してしまいました。
そのしぐさが更に怪しかったらしく、彼がひょっとして脇の毛?って指摘して、私はもう顔真っ青で、どうしようかと言葉が出ませんでした。

大切な時に脇の毛を処理してない女の子ってちょっと幻滅と彼が。
それ以来彼から誘われることもなく、時間が立つごとに自然消滅していきました。
たった1回の失敗でこんな事になるなんて。

脇の毛も半端なくボサボサにしていた私も悪いのですが、しかも忘れるなんて。

社会人になったら絶対全身永久脱毛しようと決意しました。

毛深くて丁寧にカミソリで全身自己処理したのにヒゲのところが青くなってしまった

2番目の彼と付き合った時は完璧に全身のムダ毛を処理したものの、キスをしようと顔を近づけた時に剃った後が、おじさんと同じくらい青くなっていて、彼から私の事を男だったの?
と聞かれて、顔から湯気が出るくらい恥ずかしい思いをしました。
その彼とも段々と連絡を取らなくなりました。
一週間位悲しくて泣いた事を覚えてます。

もうこの毛深さから解放されたい!って懇切に思い、やっと社会人になって一生懸命にお金を貯めて、深い毛とはさよならしたいと思い脱毛サロンに通うようになりました。

脱毛をして今はお付き合いしてる男性からも嫌われることなく幸せになりました。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ