おすすめ電気自動車

彼との急なデートでムダ毛処理をしないままホテルに行くことになった

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  彼との急なデートでムダ毛処理をしないままホテルに行くことになった

彼との急なデートでムダ毛処理をしないままホテルに行くことになった

【30代女性】

未婚だった頃の体験です。
週末はいつも彼氏とデートをするのがお約束でした。ですがその時は思いがけず、予定外に会えることになりました。

彼からの急な誘いでムダ毛処理をしっかりしていなくてどうしようかで頭がいっぱいになった

「ご飯を食べるだけだろう」と思って、ムダ毛の処理はあまり気にせずに待ち合わせの場所に行きました。ご飯を食べて終わるかなと思ったのですが!「この後さ、ホテル行かない?」と彼氏からのお誘いがありました。
ムダ毛のことは気になるものの、ムダ毛を理由にそのお誘いを断るわけにも行けず、オッケーしました。ですが、もうその時点から、頭の中はムダ毛処理をいつ、どのタイミングで、そしてどうやってするのかで、いっぱいいっぱいです。彼氏は嬉しそうに、話をしているけれど、私はほぼ上の空でした。

私はかなり毛深い方で、いつもは会う前日の夜にお風呂で処理をして、当日も出掛ける前にもう一度処理を、鉄則としていたくらいでした。彼氏には、「毛深いの」とも言えず、彼氏がどう思っているのかも分かりません。

それに今日は「ご飯を食べるだけだろう」と思っていたので、カミソリ等の処理する道具も持ってきていません。コンビニに寄って、カミソリを買うところを見られるのも、恥ずかしいですし。

彼氏とホテルに入り彼の目を盗んでなんとかムダ毛処理をすることが出来たが・・・

そんなことを考えていても、彼氏はズンズンとホテルへと進んでいきます。気づけばもうホテルの中です。部屋も決まり、部屋の中に入って、色々な意味でかなりの緊張をしつつ、とりあえずトイレへ逃げ込みました。

その時に洗面所にチラッと見えたアメニティの中にカミソリが!トイレの中で必死に考えたのが、あのアメニティのカミソリで、剃ることでした。
ではいつ剃るのか?お風呂はいつも一緒に入っていたので、お風呂の中で剃ることは難しいし...と、考えた結果が、トイレの中で剃るしかない!でした。今はもう、トイレの中なので、1度出て、お風呂の前にもう1度トイレに入り、バババッと剃ってお風呂へと言う計画を立てました。

トイレを出て、少し彼氏と話をしたりして、ついに彼氏が「お風呂入ろう!」と。
彼氏に先に入ってもらって、私は洗面所のカミソリ片手にトイレへ。そこで、服を全て脱ぎ、石鹸等をつけることもなく、そのまま剃りました。
ですが、うまく剃れないし、滑りもわるいのに力任せに雑に剃ったので、肌はヒリヒリ。

それでも自分では最低限剃ったつもりで、また服を全て着て、トイレを出ました。お風呂の脱衣場でまた、服を脱いで、彼氏が入っているバスタブへ。
彼氏は「遅かったね、お腹痛いの?大丈夫?」と。大丈夫とは答えたものの、内心ヒヤヒヤです。

慌ててカミソリで剃ったので肌が荒れてしまった

お風呂はなんとか乗り切り、いざベッドの中に。
そこで彼氏が言ったのは「なんだかお肌が荒れてるのかな?スベスベしてない」と。ドキーン!としている私に追い討ちをかけるかのように「あれ。足、どうしたの?なんか擦りむいたみたいになってるよ」と、カミソリ負けをして、赤い点々がある私の足を見てしまったのです。もうその後は、私は何も身に入らず、ずっと「ヤバイ。早く終わってくれ~。見ないで!触らないで~。」と、そればかりでした。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ