おすすめ電気自動車

イベントコンパニオンのアルバイトは露出が多くムダ毛処理が大変だった

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  イベントコンパニオンのアルバイトは露出が多くムダ毛処理が大変だった

イベントコンパニオンのアルバイトは露出が多くムダ毛処理が大変だった

【20代女性】

子供の頃から人一倍毛深いことにずっと悩んでいました。
父がとても毛深いのでその遺伝だと思います。
姉や妹は全然濃くないのでなんで私だけなんだろうと思って本気で悩んだこともありました。

子供のころはカミソリでムダ毛の処理をしていました

子供の頃は隠すようにしていて、小学生になると母の剃刀で剃るようになりました。
中学生になるとお小遣いで自分用の剃刀を買って剃るようにしました。
高校生になると、脱毛の機械をアルバイトを貯めて買ったのですがとっても痛くてすぐ断念しました。

部活で足や腕がでるので、剃刀で剃ったり、脇は見える範囲で毛抜きで抜いたりしていました。
本当に毛がコンプレックスでした。

イベントコンパニオンのバイトでムダ毛処理が大変

大学生になって、イベントコンパニオンのアルバイトを始めました。
事前に、衣装があることはきいていたのですが、いざ渡された衣装が、お腹はでてるし太ももも出るし、腕も出るしという露出の多い衣装でした。
やらしいものではないので、肌を出すことに関しては元気な印象で別に良かったのですが、何よりも毛の処理が億劫になりました。
そのアルバイトは1週間続くので、毎日毛のことを気をつけなければいけません。

写真を撮られたりもするので、剃り残しなとがあったら恥ずかしいのでくまなく見なくてはなりません。
とても億劫になりました。

私はなぜかおへそのあたりにも毛がはえていたので、剃ってしまうと濃くなるし、抜くようにしていましたが、それも毎日見なければいけないし、お腹、背中と太ももも一周見なければなりません。

脇も見えるので脱毛しなくてはいけません。

除毛クリームや脱色クリームを買ってきて、ありとあらゆる手段を駆使して毛の処理をしました

1日目は乗り切ったのですが、帰ってきてから肘から上の腕の毛が剃り残されているのに気がつき、少し落ち込みました。
2日目には、必ず出てしまう太ももは、剃るのと脱色クリームでかなりツルツルになっていましたが、その下に履いているのがロングブーツだったので、スネあたりの毛はあまり気にしていなかったのです。
それなのに、なぜか2日目に、靴、ハイヒールのパンプスにしてもいい?と言われたのです。
とっても困りました。

なんと言ったらいいかわからず、実は昨日掻いてしまって掻き傷があるので今日のところはブーツでさせてほしいですと言いました。
私のせいで全員がブーツになったのですが、まさか毛の処理をしていないからとは言えません。
プロデューサーの方も快く分かったと言って下さいました。

女子たるもの、いつ、どんな時にも出せるように備えておかなければならないのだと改めて感じました。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ