おすすめ電気自動車

指の毛を抜いていたのを見られた話と、カットモデルをしてた頃の背中のムダ毛の話

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  指の毛を抜いていたのを見られた話と、カットモデルをしてた頃の背中のムダ毛の話

指の毛を抜いていたのを見られた話と、カットモデルをしてた頃の背中のムダ毛の話

【20代女性】

1度目に恥ずかしかったのは今でも覚えている、高校時代のことです。私は毛深くて、足の指、手の指共に指毛までしっかりとしたものが生えているのです。色白なので余計に目立ちます。でも、それまではそんなに気にしていませんでした。

高校生の時、指の毛が抜いていたところを先生に見られてしまった

高校時代の授業中、授業を聞きながらぼんやりしていると指の毛がものすごく目に付いたのです。
今まで何も気にしていなかったけれど、こんなに生えていたなんて!と自分でもびっくりしました。

そこで、先生の話も聞きつつ、指の毛を手で抜き始めました。爪を立てて毛を挟んで抜いていたのですがなかなかうまくいかず、途中で切れてしまうこともあります。
そんなに薄くないので抜ける時にはチクっと痛いです。でもだんだんと夢中になってきて、あまり他のことには意識は向けずに無我夢中で毛を抜いていました。
抜けた毛は四つ折りにしたティッシュに置いていきました。思った以上にたくさんあったので、少し楽しくなってきました。

そんな時に先生が、「そこの◯◯!指の毛なんか抜いてないでちゃんと聞きなさい!」とみんなの前で言ったのです。クラスには好きな男の子がいました。もちろん聞かれています。みんな笑っています。授業そっちのけで毛抜きなんかしていた私が悪いけど、少しくらい乙女心を理解してくれてもよかったのに、と先生に少し腹が立ちました。

好きな子は仲良しのグループ内の男の子だったので、笑って終わりましたが女の子だと意識してもらえなくなると思って当時は先生を少しだけ怨みました。

カットモデルをしていた頃、背中のムダ毛が濃かったのだと気付かされた話

大学生になると、腕や足などの露出の多い服装をよくするようになりました。
私はカットモデルなどもしていたので、撮影でホルターネックの衣装を着ることなどもよくありました。
そんな時には背中も出るので、何よりもムダ毛がとっても気になりました。

ある時、ウエディングドレスをきてブライダルフェアで花嫁のモデル役を務めた時に、ものすごく肩や背中のあいているドレスを着ました。ムダ毛が気になっていると、スタイリストさんが「背中、ちょっと剃刀で毛剃ってもいいですか?」と言ってくれたのです。

おそらく見えてしまうほど濃かったのと、気を使ってくれたのだと思いますが、本当に恥ずかしかったし、申し訳なかったです。周りの子は言われていなかったので、誰も濃くないのだと悲しくなりました。今となれば面白い思い出ですが、当時の私からするととても気になりました。

ツルツルの肌に憧れて、次はお金が貯まったら全身脱毛したいと思っています。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ