おすすめ電気自動車

彼氏とのデートでうっかりわき毛の処理を忘れてしまっていた

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  彼氏とのデートでうっかりわき毛の処理を忘れてしまっていた

彼氏とのデートでうっかりわき毛の処理を忘れてしまっていた

【30代女性】

もともと私のワキには結構な、伸ばせば男性並みではないかと思われるほどの剛毛で毛がたくさん生えていました。
いつも、事あるごとに、夏場は特に、ノースリーブやTシャツを着る機会も多く、ちょっと油断をしてしまうとすぐに毛が伸びてきてしまうなど、とにかく不便に感じる場面が多々ありました。

 

早くに脱毛サロンなどに通ってムダ毛を処理しておけばよいものの、どうしても脱毛サロンや美容系のエステサロンには、高額な契約をさせられそうといったような、そういったイメージが強く、なかなかその敷居をまたぐことができぬまま3年ほどが過ぎました。

彼氏とのデートの前に風邪を引いてしまって約束の日までにどうしても治したかった

私も社会人となり、それなりの年齢なったので、そんな私にも彼氏ができ、とても充実した安心する毎日を送ることができていました。そんなある日のデートの時です。

 

そのデートの日の数日前に風邪を引き、こじらせてしまった私は、デートの約束日までには必ず治したい、久しぶりのデートだし、何とか元気にならなければという一心で、病院にも行き、安静を保ちながらしていると無事に熱も下がり、食欲も出だしたので一安心、これでデートの日を延期することなく彼氏に会うことができることをとても楽しみにしていました。

 

そして迎えたデートの日に、私は新調したての可愛い下着を身につけ、勝負どころになっても大丈夫!という自信を持ちながら彼氏との約束時間に待ち合わせの場所で待っていると、彼氏が向こうからやって来ました。

やっぱりいつもと変わらぬ私の大好きな彼氏でした。久しぶりに会ったので、お互いに話すこともいっぱいで、どちらから話しをするかなどといった具合でした。

 

一緒に買い物をしたり海を見に行ったりご飯を食べたり、とにかく盛りだくさんのデートを満喫しました。
そして、締めに、その日の流れでホテルに行くことになりました。

彼氏とのデートでムダ毛処理をするのをうっかり忘れていました

勝負下着を身につけていることに内心自信を持っていた私は、あることに気付きました。

高熱でうなされていたことで、デートの日を先延ばしにしたくないという思いで熱が下がることばかりに気を取られていたせいで、肝心なムダ毛処理、特に私の一番のコンプレックスの両ワキのムダ毛の処理を怠ってしまっていたのです!本当に大事件でした。

 

ホテルに入るなり、私はもうとにかく落ち着かない、どうすればよいか必死に考えても答えはでず、とうとうその瞬間になってしまいました。

もう笑えません。私のムダ毛に気付いた彼氏は、少し絶句した様子を見せ、それでも最後まで終えたものの、その後の会話が弾むことはなく、とても気まずい雰囲気にもなりました。彼氏はショックで言葉も出ないようでした。

 

それからです。こんな失敗に終わってしまうことがないよう、すぐに脱毛サロンに通いました。
本当に悲惨なデートになってしまったこと、今でも忘れることができずにいます。
ムダ毛でフラれる寸前までいっていた私の、笑えない本当の話でした。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ