おすすめ電気自動車

ムダ毛が濃くなる原因と濃くならない方法

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  ムダ毛の悩み  >  ムダ毛が濃くなる原因と濃くならない方法

ムダ毛が濃くなる原因と濃くならない方法

なんだか最近ムダ毛が濃くなったような気がするという方いらっしゃいませんか?
春に向けて、いろいろと準備を開始し始めるこの季節、ムダ毛の処理に焦ってしまいがちです。
濃くなっているムダ毛にただ悩むだけ・・・。なぜ、ムダ毛は濃くなるんでしょう。

ムダ毛が濃くなるのは女性にとって、かなり嫌な問題ですよね。
特に、思春期頃の女の子は、重要な問題だと思いますので詳しくご説明したいと思います。

ムダ毛が濃くなる理由とは?

さて、ムダ毛が濃くなるというのはいつ頃からなのかがポイントですね。

思春期頃の女の子が「最近、ムダ毛が多くなって濃くなってきた」という場合と、20代の女性が、自己処理をしすぎて「ムダ毛が濃くなってきている気がする」では話が違うのです。

「ムダ毛」というものは、男性ホルモンがとても大きく関係しています。
髪の毛は違うホルモンなので安心してくださいね。
身体に生えている毛は女性にとって「いらないな」と感じていますよね。そのほとんどは、男性ホルモンの影響ではえています。

女性はこのホルモンバランスが変化する時期があるのです。
そのせいで、ムダ毛が濃くなったり、薄くなったりするのです。

一番多感な時期にムダ毛は濃くなるのです

思春期が一番ムダ毛の濃くなる時期です。
ホルモンの分泌がとても多くなり、(女性本来のムダ毛は顔の産毛のような毛しか生えないのですが)男性なみにとても濃いムダ毛が誕生するのです。

これは、女性が大人になるためには必要な成長過程なんです。止めたいけれど、止められない現象です。男性のような濃い毛はワキ・VIOに良くみられる毛のことです。

 

この思春期にムダ毛が濃くなるのは誰にも相談できなくて不安になると思いますが問題ない現象です。
不安になりますが、大人になっていくうえでは必ず起こることなのです。
ただ、濃い毛がいやだといって、正しい自己処理も知らずにムダ毛を処理すると後々痛い思いをしますから要注意です。

ワキのムダ毛は親に頼み、脱毛サロンに通わせてもらうというのも正しい処理法だと思います。(未成年は脱毛サロンに親の承諾なしでは通えないため)
ワキのみならミュゼがおすすめです。とても安い金額で脱毛をすることができます。
ミュゼなら安心して通うことができる脱毛サロンなので親も一緒に通ってみるという方法もありますね。

 

ムダ毛の処理で一番してはいけないのが、毛抜きでの処理です。
カミソリの使用は、1週間に1回程度でガマンして大人になったら脱毛サロンにお願いすると肌がキレイになり、ムダ毛の心配がなくなります。
カミソリの使い過ぎは肌荒れの原因になるので、正しい処理方法でムダ毛処理をおこなってください。

カミソリも電気シェーバーも使用法は同じですが、電気シェーバーの方が皮膚を削らないので中学生くらいの女子にはおすすめですね。

 

次にムダ毛が濃くなる時期として「妊娠」した時です。
この時もホルモンバランスが変化します。濃くなるムダ毛の場所はお腹まわりです。
このムダ毛は出産後には元通りになりますから、処理をしなくても問題ないと思います。

出産時に気になる!と不安になると思いますが、大丈夫ですよ。出産時は毛なんて考えられるような余裕は少しもないのですから。
赤ちゃんを守るために毛は濃くなったと昔の人は考えていたように、大切なものを保護しているからなんです!

他の原因はあるのでしょうか?

ムダ毛が濃くなる原因としてホルモンバランスの変化以外にあげられるのは、カミソリで自己処理をするとムダ毛が濃くなるという現象です。
よく聞きますよね。
「ムダ毛を剃ると毛が濃くなる」というウワサ・・あれは、本当だと思いますか?

あながちウソではないようです。カミソリで剃る時、カミソリの刃を斜めにして剃ります。その時の断面が通常の毛より太くなるため、濃く見えるのです。

 

毛は先に行くにしたがって尖がっています。図形でいうと円錐ですね。底辺がまるく先は三角形のように尖がっています。

しかし、その円錐を途中で剃ると、円柱となるため断面が剃る前とでは違うのです。さらに、斜めにそっていますから、円柱も斜めの円になってしまうのです。生えている毛は同じなのに、見えている面積が違うので濃くなったと感じるということです。

ということは、毛はカミソリで剃っても濃くならない。と答えが出そうですが、残念ながら剃り方を間違えるとムダ毛は「濃く」なるんですよ!

肌を傷つけるように剃ると毛が濃くなるケースがあります。深く剃りすぎて肌に刺激を与えてしまうことがNG行為なんですね。
これは、肌を守ろうと思い毛が増えるということらしく、痛めつけていると肌に良くありません。肌への摩擦は色素沈着も起こします。

キレイなお肌がトラブルを起こさないよう注意が必要です。

実は、他にも濃くなる原因があったのです!

ずばり、日常生活の乱れ!
これで、ホルモンバランスが一気に崩れます。

  • 喫煙
  • 寝不足
  • 偏食
  • 無理なダイエット
  • 夜型生活(夜に起きて夜活動する人)

思い当たる方は男性ホルモンが活発化されて、ムダ毛が増える傾向にあるようです。
規則正しい生活をすることで、改善はされていきますが、ストレスが多いこの時代には少し厳しいですよね。

ならば、内側から少しでもケアしてみませんか?

女性ホルモンを元気にさせてみましょう!

ムダ毛が増えるとやはり女性は恥ずかしく感じる人が多いですよね。では、少しだけでも改善してみませんか?

女性ホルモンを元気にしてあげましょう。

サプリの活用と、豆乳を飲んでみてはいかがでしょうか?

女性ホルモンに良く似ている「イソフラボン」は豆乳や大豆製品に多く含まれています。これらを活用することで、お肌にうるおいを与えムダ毛を細くしてくれます。プラセンタもいい働きをしてくれますので、体調に合わせ飲んでみるのもいいですね。

これらは食品ですから、アレルギーがある方は絶対に禁止です。自分の身体と相談して使用してみてくださいね。

あと、出来ることは脱毛サロンにお願いすることかな?と思いますが、やはりお値段が高額なのが問題ですね。

剛毛とも子のまとめ

毛が濃くなったと感じる理由にはいくつか答えがあるのですが、やはり自己処理をしていくうえできちんと覚えなくてはいけないことは「正しい自己処理の方法」なのです。

カミソリや電気シェーバーを使用する方は

  • 清潔な肌(お風呂上りが最適)にしてからスタート
  • 新しいカミソリ(清潔なもの)を使用
  • 乳液や専用のシェービングクリームを使用すること(石鹸は絶対禁止)
  • 肌を傷つけないように優しく剃る
  • 剃った後は清潔な布(ティッシュなど)でふき取る
  • 保冷剤などで剃った部分を冷やす
  • 保湿をきちんとすること
  • 剃るのは週に1回くらいにしておくこと

これらをきちんと守ることによって、確実に肌は違います!
保湿は絶対にしましょう。

ここで抑毛剤の使用をするとかなり効果的なのでコントロールジェルmeや豆乳ローションなどを塗ると保湿もされて、毛の生えるスピードも遅くなります。
子供も使用できるくらい優しいので試してみる価値はあると思います。

ムダ毛の濃くなる理由と濃くしないための対処法についてご理解いただけたでしょうか?
ムダ毛はいきなり濃くなるものではないのです。
自分の生活習慣など見直すとムダ毛が薄くなるかもしれませんよ?

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ