おすすめ電気自動車

脱毛前の自己処理に使うシェーバーおすすめ

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  ムダ毛の自己処理  >  脱毛前の自己処理に使うシェーバーおすすめ

脱毛前の自己処理に使うシェーバーおすすめ

脱毛サロンに行く前に、必ずやることは何でしょうか?

自己処理です。

伸びているムダ毛が2mm以上だと、脱毛してもらえず当日キャンセルになるか、もしくはシェーバー料金を取られてしまうこともありますよね。

脱毛サロンに行く前の自己処理は、どうしても必要なものなのでここはカミソリ以外のおすすめのシェーバーをご紹介したいと思います。

用途に合わせてシェーバーは選んでほしい

シェーバーなんてどれも一緒ではないんです!
顔用・身体用と種類があります。
男性用と女性用もあり、種類が豊富なんですよね。

そうなると、何がいいのかわからなくなります。

使う場所にわけてシェーバーを選ぶ方が簡単に剃れるので、身体用と顔と分けて使うことをおすすめしたいです。

まずは、顔用からご紹介

パナソニックフェリエミタメアップES―WF40

価格 1,600円~

とても使い易い顔そり用の電気シェーバーです。価格.comなどでも1位を獲得しています。口コミでもかなり評判のいいものです。パナソニックなので、安心して使え壊れにくいです。

価格は、安くて1,600円位です。お近くの家電量販店で確認してみるともっと安くなる可能性もありますよね。安いけど、きちんと剃れるというのが人気の理由だと思います。

音もわりと静かなのがいいですね。

パナソニックフェリエミタメアップES-WF-60

価格 2,650円~

刃が動くタイプの顔そり用です。身体に使用しても問題ありません。

眉毛などを整える刃もついています。刃が動くタイプなので、慣れるまで時間がかかりますが肌に沿って動くため、慣れてくると使い易いです。脱毛サロンでも好評なシェーバーです。動くタイプはお値段が少し上がる。

鼻の横のムダ毛にもしっかり対応してくれるので、剃り残しが少ないと思います。このシェーバーで全身剃っている人もいます。
VIOの細かい部分を剃るときに便利ですが、刃は顔とは取り替えて使用したいですね。

身体用の電気シェーバー

シックハイドロシルクトリムスタイル

価格 1,300円~

なんとトリマー機能もついているという優れもの。価格もお手頃だし、シックなのでカミソリ的にもとても優秀です。替刃も手に入りやすいのでいいと思います。

VIOのムダ毛を全部剃るのではなく、長い部分を切ることができる。トリマー機能は使う価値ありです。
中高生でも買えるお値段ではないでしょうか。

ブラウンシルク・エピルレディーシェーバー

価格 1,700円~

ブラウンという男性のヒゲをしっかり剃るメーカーから出ている電気シェーバー。お風呂でも使用できます。剃った感じも悪くないので、愛用者が多いです。

気になるのは音の問題ですね。かなり響く音なので、気になる人が多いのがネックです。

 

思い切って男性用のシェーバーを使用してみるのもいいと思います。
顔用のシェーバーは、高いだけあって、やはりしっかりしています。さらに深く剃ることもできます。

ただ、男性用は購入するのが少し恥ずかしいな。と感じてしまう方が多いと思うので、ネットでの購入がいいですよね。
もし、旦那さんや彼氏が使っていたら、少し借りて性能を確かめてみるのもいいですよね。

脱毛サロンに行く前には自己処理は必須なのか?

脱毛サロンに行く前の自己処理は、必須項目です!

先にも書きましたが、伸びている状態ではフラッシュ脱毛はできません。キャンセル料が発生することもあるので本当に要注意です。
2か月も待って、自己処理忘れてさらに脱毛する機会を逃すのはもったいない!絶対に忘れずに自己処理してくださいね。

カミソリだと怪我をする恐れがあるので、電気シェーバーをおすすめしています。毛抜きは絶対に禁止です!

VIOや背中などの自分1人では処理できない部位の脱毛を受ける際は、脱毛サロンのスタッフさんがきちんと相談にのってくれるので、施術前の自己処理については要確認ですね。

自己処理が必要ない脱毛もあります。

ニードル脱毛といい、毛を毛根から取り除いてくれます。TBCがこの脱毛をやっていてスーパー脱毛と言っています。体験したことがあるのですが、とても痛かったです。ジェルなどを塗ってからやる脱毛ではないため刺激がもろに伝わります。

永久脱毛にとても近いので、抜いた箇所は3年たった今も生えてきていません。1本ずつ処理をするため、値段もムダ毛1本につき120円以上です。

剛毛とも子のまとめ

脱毛サロンに初めて通うという方は、使い易い電気シェーバーをみつけて肌に優しい処理をしてくださいね。

電気シェーバーなので、抜く脱毛器の紹介はしていません。
抜くタイプは埋没毛になりやすく、脱毛サロンに行く前の自己処理には向かないと判断したためです。
全部が良くないわけではありませんが、使用頻度などを考えるとやはり剃るタイプが自己処理にはいいと思います。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ