おすすめ電気自動車

毛深い女性のムダ毛処理頻度と方法

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  ムダ毛の自己処理  >  毛深い女性のムダ毛処理頻度と方法

毛深い女性のムダ毛処理頻度と方法

毛深い女性はムダ毛処理にとても神経を使っています。
露出が高くなる季節が近づいてくると、とても嫌になりますよね。

私もかなり毛深い女性の1人なので、気持ちがよくわかります。
ムダ毛の処理の頻度は、個人差がとても大きいのですが、毛深いことをとても気にしている方の場合は「毎日」処理をしているのではないでしょうか。

 

夏場はとくに露出が多くなるので、「毎日」自己処理をしている方が多いと思います。
肌の露出が多くなる時期は、嫌でもムダ毛が目立ってしまいます。
頑張って深く剃っても、カミソリだと限界がありますよね。

冬場は、翌日の着る服で処理を考えて、2~4日に1回くらいのペースになり、脚に関しては、よっぽどのことがない限り自己処理は控えている方も多いのではないでしょうか?
黒いタイツを履いて、冬は過ごせるので少し安心ですが、突然のデートなどは困りますよね。

 

毛深いということの基準が難しいのですが、恥ずかしながら私の毛深さは相当なものです。
腕の毛の長さは風になびくくらいなので2~3cm、脚も同じくらい長いです。
足の毛はVIOまで濃くはありませんが、男性のすね毛と同じくらいのが大半をしめている感じなので自己処理はかかせないのです。

何も処理をしていないと、子供に「お母さんは、お父さんより毛深い」と言われてしまうくらい毛深いのです。

眉毛もとても濃いので、放置すると眉間がつながりギャグ漫画に出てくる感じになれます。

こんな私なので、毛深いことは他人事ではありません。
ムダ毛処理については、小学生の頃からとても悩んでいたので、どのくらい皆さんがどのくらいの頻度で自己処理をしているのか、とても気になります。

毛深いとお悩みのみなさんは、どのくらいの頻度でムダ毛を処理しているのでしょうか。

ムダ毛の処理頻度

理想は、2週間に1~2回程度の処理がいい。とよくネットの記事にあります。

そんなの、毛深い女性には絶対に無理なお話ですよね。
2週間に1回?生えきっています。
1週間に1回でも、少ないよ!と、かなり強めの突っ込みを入れたくなるのです。

カミソリで剃った翌日にはもうチクチクと生えているんです。それなのに、次の処理まで1週間も待つなんてできないですよね。
チクチクムダ毛が目立つので、次の日も剃ってしまうという方が多いようです。

 

毛深い女性の宿命のようです。夏場は、「毎日自己処理」が欠かせないのです。

ただし、成人前の女の子ならせめて自己処理は週1回にしてほしいです。カミソリで毎日のように自己処理をすると、肌がとても荒れます。とてもきれいなお肌が、10代で台無しになるのは、絶対に避けていただきたいです。

毎日カミソリで処理をすると、

  • 埋没毛(毛が皮膚の下に生えて出てこれない状態)
  • チキン肌(鳥肌のようにボツボツと毛穴がわかる状態)
  • 黒ずみ(本来の色より濃い肌色になり、簡単にはきれいにならない)

と、脱毛サロンや皮膚科にお願いしなくては、きれいにならない肌になってしまうのです。大人になってからでも、自己処理の方法を間違うと肌トラブルを招いてしまいます。

理想では、上記にもあるように「1~2週間に1回」です。
でも、生えてくるムダ毛をそのままにしておくことは無理なので電気シェーバーを活用するといいと思います。カミソリと違い、皮膚を剃ることがないため肌への負担が減ります。

 

一番いいのは、脱毛サロンに通うことだと思うのですが、さすがに全身脱毛となると料金もお高いのです。
月額制全身脱毛もいい方法だと思いますが、真面目に通える方のみお勧めしたいと思います。
全身脱毛は、1回で何十か所も脱毛します。そのため時間がかかります。
2か月に1回のペースを確実に守れて、脱毛の時間をきちんと管理できる方がとてもスムーズに脱毛できると思います。

自分の好きな時に脱毛できるのは、自己処理しかないのかな?と思いますが、肌のトラブルを招く恐れが多いので正しい処理方法を覚える必要があります。

毛深い女性がよくする脱毛方法とは?

  • カミソリ
  • 電気シェーバー
  • 毛抜き
  • 脱毛剤(脱色剤など)
  • 家庭用脱毛器

これらの方法で自宅で脱毛している方が多いです。

 

家庭用脱毛器もいいのですが、安い脱毛器は壊れやすく肌に負担をかけるものが多いです。
ケノンやトリアなどは家庭用脱毛器の中では口コミも評判がよく、使い易いようです。しかし、こちらは、お値段がお高いため簡単に購入できるものではないかなと思います。

 

抑毛剤の使用も多く、カミソリなどの自己処理の後に保湿効果のあるコントロールジェルmeなどが人気のようです

カミソリは、とてもお手軽なので全身に使用する方が多いですよね。私もカミソリの愛用者です。

使うなら、できるだけ女性用のカミソリの使用をお勧めしたいと思います。
安くて切れ味の悪いカミソリにあたると、肌が傷ついてしまうので要注意です。
女性用は女性のムダ毛のために開発されているだけあって、少し値段は高めですが、曲線にそって優しく剃ってくれるので、怪我をしにくいです。

 

次に電気シェーバーです。
電気シェーバーは安いものだと500円位での売っているのを見かけます。1本はお化粧のポーチに入っている方も多いですね。剃り残しを発見した際に使用するときにとても便利です。

 

電気シェーバーは、パナソニックのフェリエ(フェイス用)がおススメです。肌の凹凸に沿ってヘッドが動くので、優しくシェービングしてくれます。脱毛サロンでも使用されているので実績のあるジェーバーだと思います。
ヘッドが動くため最初は使いにくいかもしれませんが、鼻の横のムダ毛もきちんと剃ってくれるので私個人的にもお勧めです。
眉毛のお手入れもできる商品です。

 

毛抜きは、眉毛を少し抜く時、1本だけどうしても生えてくる太い毛に使うなど用途をごくわずかにしてほしいです。
ムダ毛は抜くと肌のトラブルを招きます。家庭用の脱毛器でも、抜くタイプはお勧めしません。抜く行為は、剃ることよりも肌への負担が大きいためです。

 

脱毛剤は、一気にムダ毛がなくなり剃るよりもムダ毛の生えてくる期間が長いため肌が強い方にはお勧めの脱毛方法だと思います。

ニオイも割ときつい物が多いので、脱毛剤は一度パッチテストなど肌に合うかどうかを確認の上、ご使用願います。1度使うと1週間くらいはムダ毛のない状態になれます。

中学生や高校生の修学旅行前などに脱毛剤で脱毛していくと、旅行中気にならないのでいいと思います。

剛毛とも子のまとめ

毛深いと感じている女性は、ほぼ毎日にように自己処理が欠かせません。方法は、カミソリがメインで毛抜きや電気ジェーバーを少し活用中の方が多いようです。

毎日のように自己処理している方は、肌のトラブルでお悩みの方が多いんです。正しい自己処理の方法を活用し、肌のトラブルを極力減らしたいですよね。

 

肌トラブルを解消するために脱毛サロンに行くことをお勧めしたいのですが、やはり高額というイメージや勧誘が怖いという方も多いと思います。
ミュゼやTBCなどの大手脱毛サロンだと自分に合った適切な脱毛プランを選択することができます。勧誘もほとんどありません。

キャンペーンを活用するともっと効果的に脱毛ができるので、お試ししてほしいと思います。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ