おすすめ電気自動車

Vラインが毛深い!おすすめの自己処理方法とは

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  ムダ毛の自己処理  >  Vラインが毛深い!おすすめの自己処理方法とは

Vラインが毛深い!おすすめの自己処理方法とは

Vラインの毛が毛深いとパンツからはみ出て大変です。下着になる時や水着になる場面では必ず処理しないといけませんよね。

Vラインは自己処理や脱毛している方がとても多いので、未処理の状態を見る機会がないのです。ですからこんな剛毛で毛深いのは私以外あまりいないのではないかなんて思ってしまいます。

しかし、本来はVラインをはじめ、アンダーヘアが毛深い女性は思っているよりも全然多いのです。他の部位は毛深くないのにアンダーヘアだけ毛深いという女性もけっこういるのです。

Vラインの自己処理

Vラインの自己処理は範囲が広ければ狭くして長さを整えるという流れになります。

剛毛で毛深いVラインは自己処理の頻度が多く、肌の負担も大きいので、気を付けないと肌荒れや激しい痒みで肌が汚くなってしまいます。

毛抜き

Vラインの毛抜きはおすすめできません。
毛抜きは痛いですし、うまくいったとしても最初だけで埋没毛になることが多いですし、ブツブツになってしまいます。毛が太く剛毛な場合はなおさらです。

脱毛クリーム(除毛クリーム)

Vラインの除毛クリームもおすすめできません。
カミソリで傷がついたりするようなことがないという面では安心ですが、除毛クリームは生えている毛を溶かすだけなので、また生えてきますし、生えてくる毛が薄くなることもありません。
刺激の強い薬剤なので痒みが出てきたり、肌が荒れてしまうことがあります

ワックス脱毛

テープを貼って一気に毛を抜くという感じです。
短時間でできるので人気があるようですが、おすすめできません。
毛抜きと同様に埋没毛になることがありますし肌が荒れてしまうことがあります
アメリカで人気があり一般的ですが、専門のサロンでのワックス脱毛が一般的であって、自宅で手軽にできる自分でやるワックス脱毛とは違います。

カミソリ

カミソリでの自己処理はあまりおすすめできません。
Vラインはカミソリで剃ると痒くなります。カミソリは角質層を傷つけ、細菌が入りやすいです。パンツが擦れる場所ということもありとても痒い思いをします。
チクチク生えてくるととても痒いですし、剛毛で毛深かいとカミソリ負けしてしまいます。
痒すぎて搔いていると肌も荒れてしまいます。

電気シェーバー

Vラインの自己処理では電気シェーバーがおすすめです。特に剛毛、毛深いVラインにはおすすめです。
角質層を痛めることがないのでおすすめです。脱毛サロンでも自己処理は電気シェーバーを推奨してます。

カミソリほどではありませんが、若干角質層が傷ついていることがありますので、ケアをするようにしましょう。クリームや乳液などで保湿をしましょう。

ヒートカッター

Vラインの長さを整えるのはハサミでされる方が多いと思います。
ハサミで切った断面がとがっていて、チクチクしたり、下着からチクチクの毛が突き出てくることもあります。特に剛毛だと余計チクチクします。

そこでおすすめなのがヒートカッターです。
ヒートカッターは焼き切るので断面が滑らかになり、チクチクしなくなります
ヒートカッターは熱で焼き切るものですので、安全性の高いヒートカッターを選ぶようにしましょう。あまり知られていないような激安のものは避けましょう。

Vラインの脱毛

Vラインは脱毛がおすすめです。Vラインは特に毛がはみ出ることがとても恥ずかしいです
よく海水浴やプールで水着になるときに毛がはみ出るという恥ずかしい体験をする人が多いようです。
しっかりサイドを処理したつもりでも中央のほうの長い毛が数本Vラインのほうにはみ出てきたり、チクチクと水着から毛が出てきたりというトラブルがあります。
下着姿になる場合も同様にはみ出てくる場合があります。

脱毛することによって自己処理で黒ずんできたり、肌が荒れてくる心配から解放されます
またそのような状態になっている方は脱毛することによって自己処理する頻度がだんだんと減っていくことで黒ずみや肌荒れが改善されていきます。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ