おすすめ電気自動車

脱毛前後の飲酒は本当に駄目なの?少しならOKならどのくらいなら大丈夫か

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  脱毛での心配点  >  脱毛前後の飲酒は本当に駄目なの?少しならOKならどのくらいなら大丈夫か

脱毛前後の飲酒は本当に駄目なの?少しならOKならどのくらいなら大丈夫か

毎日のお酒を楽しみにしている人は脱毛に影響がなければ飲みたいですよね。
脱毛サロンやクリニックの脱毛でも注意事項にはお酒を控えるように書いてあります。そんなに影響があるものなのでしょうか?また脱毛前後で飲酒するとどうなるのでしょうか?

どの程度ならOKなのか、多少痒みが出るくらいなら別にお酒飲んでもいいんじゃないかなという人も多いと思います。

絶対禁止ということではなく控えたほうが良いということなのです。
脱毛施術の日にちょうど飲み会があったりしますよね。2~3か月に1回の脱毛とはいえ、ちょうどその日に限って飲みに行くことになったりするものです。

脱毛とお酒の影響を詳しく解説していきます。

 

なぜ脱毛施術前後は飲酒は控えるの?

脱毛サロンや医療脱毛で脱毛前後の飲酒を控えるようにと言われるのですが、脱毛の効果に影響が出るわけではなく、お肌のトラブルを起こす可能性があるからです。

飲酒によって血流が良くなりすぎて体温が上昇しますと、脱毛していなくても肌が痒くなったり赤みが出たりします。脱毛サロンや医療脱毛では光やレーザーを照射しますので、肌に負担がかかります。その状態でお酒が入ると痒みや赤みがより出やすくなるのです。

脱毛サロンでは医療脱毛よりも出力が弱いのでトラブルも起こりにくいのですが、痒みや赤みが出る可能性はあります。

お酒は個人差がありどのぐらいの量を何時間前までとか指定するのは難しいので、痒みや赤みが出た場合の対応が負担になるので、全般的に脱毛施術前後を控えてくださいと言われるのです。

 

脱毛施術何時間前、または何時間後なら飲酒は大丈夫か?

脱毛サロン最大手のミュゼプラチナムでは脱毛施術前後12時間以内の飲酒を控えるようにと注意事項に記載されております。

基本的には通う脱毛サロンやクリニックで飲酒について聞いてみてそれを守ったほうが良いのですが、どうしても飲みたいという場合は自己責任で判断しましょう。

 

飲酒による肌のトラブルは痒みや赤みが出ることがあるというトラブルですが一時的なものです。

お酒は個人差がかなりありますよね。ご存知の通りお酒にとても弱い人もいればとても強い人もいます。アルコールの分解が早い人と遅い人がいるということですね。アルコールの分解する時間は個人差がかなりあります。

飲酒後の血中濃度のピークは30分~2時間後とされています。

アルコールの分解の平均値では男性で約1時間に9g、女性で6.5gとされています。しかし個人差がかなりありますので、あくまでも平均値ということですね。

お酒の多く飲むと体調が悪くなったりお肌の状態も悪くなります。アルコールを分解する際には多くのビタミンが失われます。お肌に必要なビタミンも使ってしまいます。またアルコールを分解する際にアセトアルデヒドという物質が肌の細胞に悪い影響を与えます。
多く飲むと利尿作用が強く体内の水分が不足しがちになります。身体も冷え代謝も悪くなりお肌は乾燥してしまいます。

 

脱毛施術前日ならOK?

前日なら基本的に大丈夫ですが、二日酔いになるほど飲んでしまうのは良くないですね。二日酔いの症状では吐き気、頭痛、めまい、身体の火照り、血圧が高くなるなどがあります。二日酔いは自律神経、ホルモンバランスにも影響が出てしまいますので、二日酔いで脱毛効果に影響が出てしまう可能性はあるといえます。

脱毛サロンでも前日はあまり控えるように言われないです。脱毛後の飲酒のほうは控えるように言われます。

前日は飲み過ぎなければOKということですね。

 

家庭用脱毛器の使用後は飲酒は大丈夫?

ケノンなどの家庭用脱毛器では出力が脱毛サロンよりも弱いので、飲酒の影響が少ないです。

出力は確実に脱毛サロンより低いのですが、どのくらいの出力なのかは非公開ですので、はっきりと分かりません。薬事法に抵触する可能性があるので非公開だそうです。

出力はジュールという単位で表示されますが、脱毛器の表記はあてになりません。
それぞれはっきりとした基準がないので独自の数値ではないかと思います。

ジュールの値が高いほど脱毛効果が高いということはなく、まったく関係がないのではと思うほどなんです。

ですので、家庭用脱毛器は脱毛効果も肌への負担も脱毛サロンよりも低いということで、お酒を飲んでもそれほど影響はないが、個人差があるので注意は必要です。

それと家庭用脱毛器の場合は、脱毛サロンやクリニックと違い予約をしてその予約した日に施術をするわけでなく、自分で脱毛するので、飲み過ぎた時は別の日に脱毛すればいいだけですので、あまり気にする必要がないですね。

 

多少の赤みや痒みならお酒を飲みたい方は脱毛部位に注意しましょう

お酒を控えるに越したことはないのですがどうしても飲みたい場合は部位に注目しましょう。

自宅で赤みがでても大丈夫ですが、外出先で赤みが足や腕、顔など露出する部分に出たら嫌ですよね。

一番は顔ですね。口回りが赤くなっていたらかなり恥ずかしいです。また顔は脱毛していなくても赤くなりがちですし、顔は非常に血行が良くなります。ですので、顔の脱毛した場合はできるだけお酒は控えたほうが良いでしょう。

 

脇なんかはほとんど見られることがありませんので気になりませんね。
脚や腕も露出しない服装なら問題ないですね。

背中は露出するような服を着ている場合は要注意です。

VIOについては見らることは普段はないのですが、痒みが出た場合、掻くのが場所的に恥ずかしいですよね。

脱毛箇所が赤みが出た場合、人に見られるかどうかを考えたほうが良いということですね。

 

毎日お酒を飲む習慣がある方

毎日お酒を飲む習慣がある方で、お酒を抜くと強いストレスを感じてしまうという場合は、無理にお酒を我慢しなければいけないということはありませんので、時間を空けることと飲む量を少なくすることを心がけましょう。

ストレスのほうが肌に悪いということもありますから。

脱毛サロンの飲酒に関する注意事項まとめ

いくつかの脱毛サロンの飲酒に関する注意事項をまとめましたので参考にしてください

ミュゼプラチナム

脱毛施術前後12時間以内の飲酒
体温が上昇すると体内に熱がこもりやすくなり、肌トラブル(赤み、痒み)の原因につながるため、控えていただいています

リンリン

飲酒自体は飲みすぎなければ問題なし
脱毛後のご飲酒は控えていただい

脱毛後のお肌は急激に乾燥して刺激に弱い状態になっています
お酒によって血行が良くなることで皮膚が赤みがでたり、かゆくなったりと場合によっては毛穴にポツポツとした赤みが出てしまうこともあります

銀座カラー

施術当日は飲酒を控えてください

施術後は肌が敏感なので、刺激を与えないで下さい。
また、代謝の上がる行為は控えてください

TBC

脱毛コース後24時間のお願いというところに「激しい運動、飲酒はお控えください」と記載されております。

 

脱毛サロンの飲酒に関する注意を見ていきますと、脱毛前はそんなに気にすることはないようですね。脱毛後は飲酒を控えたほうが良いようですね。個人差があるので具体的に何時間後ならOKとかは分からないのですね。

飲酒による肌トラブルというのは赤みや痒みが一時的に出るというトラブルで、脱毛効果に影響はなく、いつもよりも肌が敏感になっていて、赤みや痒みが出る可能性がいつもよりあるということです。

 

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ