おすすめ電気自動車

脱毛サロンへ行く前の自己処理とやってはいけないこと!

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  脱毛での心配点  >  脱毛サロンへ行く前の自己処理とやってはいけないこと!

脱毛サロンへ行く前の自己処理とやってはいけないこと!

これから脱毛サロンへ通いたいと思っている方は、事前に何をしていいのか不安ですよね。
私も初めての脱毛サロンへ通う時は、なにもかもが知らないことばかりでどうしていいのか困ってしまいました。
そんな脱毛サロン初心者の方のために、脱毛サロンへ行く前の自己処理について詳しくご説明したいと思います。

 

脱毛サロンへ行く前にやることとは?

脱毛サロンへカウンセリングを受け、施術日を予約しますよね。
その施術日の1週間前からやっておいたほうがいいことと、施術の2~3日前に必ずやらなくてはいけないことの2つをご説明します。カウンセリングの際にも説明を必ず受けますので安心してくださいね!

 

施術日の1週間ほど前からやっておいたほうがいいこと

それは、「保湿」です。

保湿をする理由は、脱毛の際の痛みの軽減にとても効果的です。痛くないと言われているフラッシュ脱毛ですが、乾燥している肌だと「痛み」を感じてしまうことがあります。それは、フラッシュ脱毛は熱を発生させ毛根にダメージを与えて脱毛をするためです。

※詳しくは同サイトの「脱毛の保湿は施術前と施術後どちらも大切です」を読んでいただけるとわかりやすいかと思います。

水分を奪われた肌は、とても乾燥してしまい肌トラブルの原因を作ることになってしまうのでフラッシュ脱毛の施術前はいつも以上の保湿を心がけていると、安心ですね。

 

※乾燥している肌は脱毛できないと断られるケースもあるので要注意※

脱毛サロンのスタッフが肌の状態を確認し、乾燥がひどいと判断した場合は施術をお断りされることがあります。乾燥の状態は肌が粉を吹いている、かゆみがある、赤みがあるなどさまざまです。こういった症状がある方は、脱毛するよりも前に皮膚科に行き乾燥肌を改善してから脱毛サロンに通うことをおすすめします。

 

施術の2~3日前に行うこと

脱毛サロンでのフラッシュ脱毛の場合は、2mm以上生えているムダ毛は施術することができないのです。そのため、事前にムダ毛の処理を自分でする必要があります。

脱毛サロンのカウンセリングの際に説明を受けますが、伸びているムダ毛はフラッシュ脱毛できない状態と判断されます。脱毛サロンによっては当日キャンセルとみなされキャンセル料が発生するケースもあるので要注意です。

部位によっては自己処理できないところもありますので、脱毛サロンのスタッフに確認することも必要です。

 

自己処理できないと判断される部位

  • 背中
  • Oライン(VIOのOの部分)

これ以外は自分で処理できる部位と言われています。

自己処理に必要なものはカミソリか電気シェーバーです。肌荒れだけは起こさぬよう、お風呂場で石鹸の泡をつけての自己処理は禁止です!肌がカミソリで負けてしまい、炎症を起こしている状態だと脱毛はできません。そのため、前日ではなく2~3日前の自己処理をお勧めしています。

 

正しい自己処理について

ここはしっかり覚えておきたい自己処理の方法です。

①清潔な肌の状態にする

お風呂上りがベスト(毛穴が開いているときは深剃りしなくてもしっかり剃れるため)
お風呂場では絶対に剃らないこと。(雑菌がはいりやすくなるため)

②シェーバークリームを塗る

専用のシェーバークリームか、乳液などでも大丈夫です。
石鹸の泡だと必要な油分も一緒に流してしまうので肌の乾燥を悪化させることになるのでやめましょう。

③毛並みに沿って剃る

できるだけやさしく剃ってほしいので毛並みに沿って剃ります。逆ぞりをして肌に傷がつくと脱毛ができなくなります。

④何度も同じ個所は剃らない

カミソリは皮膚も薄く剃っているのと同じです。そのため、何度も同じ個所を剃ると、どんどん皮膚を削っていってしまいます。肌のトラブルの原因になりますので剃るのは1回です。

⑤処理後は清潔な布などでふき取る、流水で落とす

処理後は毛穴が開いているため、とても雑菌が入りやすいのです。そのため、使用済みのタオルなどでふき取ると肌トラブルの原因になります。清潔な布などで丁寧にふき取ることをお勧めします。
流水で落としても問題ありませんが、その際、ボディソープなどで洗うことはしないほうがいいです。油分を必要以上に洗い流すと乾燥がひどくなります。

⑥しっかりクールダウンする

肌に赤みや痛みが感じられた際は、保冷材などでクールダウンすると毛穴も閉じますしおすすめです。クールダウンしてもかゆみが取れない場合は、カミソリ負けをして肌が炎症をおこしているので翌日皮膚科にいくことをお勧めします。

⑦保湿をする

保湿はいつも以上にします。
カミソリで油分も皮膚も薄くそいでいるため、保湿をして肌の保護をしてください。かゆみは保湿をすると治まることもあります。よりかゆみが増した場合は、洗い流がし様子を見てください。ひどい場合は、必ず皮膚科に行って治療をしてください。

⑧剃り残しは電気シェーバーで処理する

もしカミソリでの処理後に剃り残しを発見した際は、電気シェーバーで処理することをお勧めします。電気シェーバーは何もつけなくても処理できますので、個人的は一番おすすめです。ただ、顔そり用の電気シェーバーだと全身の自己処理にはとても時間がかかるため、身体の自己処理の場合には身体専用の電気シェーバーを使用されるほうがいいかと思います。

 

絶対にやってはいけないこと

やってはいけない自己処理は「抜く」という行為です
この毛抜きは、毛穴を傷つけてしまう恐れがあるため危険ですので絶対やめてくださいね!
肌の状態が悪いと脱毛サロンでの脱毛ができなくなるので「抜く」という脱毛はしないほうがいいでしょう。

 

最後に

脱毛サロンに行く前にやることはそんなに大変なことではありません。
細かく書いているので、面倒に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、脱毛サロンに通い続けるとこの自己処理も脱毛サロンに行く2~3日前の1回だけで済むようになります。
保湿に関しては、毎日のことなので自分に合った保湿剤をみつけるといいですね。抑毛剤の使用もお勧めです。保湿効果のある豆乳ローションやコントロールジェルmeなど肌の弱い方でも使いやすいです。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ