おすすめ電気自動車

脱毛サロンのカウンセリングの流れと気になる3つのポイント

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  脱毛での心配点  >  脱毛サロンのカウンセリングの流れと気になる3つのポイント

脱毛サロンのカウンセリングの流れと気になる3つのポイント

脱毛サロンに通うためには、必ず受けなくてはいけないものがあります。
それは、「カウンセリング」です。脱毛サロンのカウンセリングは基本「無料」です。

※ 医療脱毛の場合は、施術を伴う場合はカウンセリングは無料になる場合が多いのですが、初診料として診察代を請求される場合がありますので要確認が必要です。

脱毛サロンに通ったことがない方は、カウンセリングとはどのようなものなのか不安ですよね。カウンセリングでは、何をするのか、何をされるのかとドキドキですよね。

ここでは、そんなカウンセリングについて私の体験談とともに詳しくご紹介したいと思います。

まずは、カウンセリングの流れについて

脱毛サロンに通うためにはカウンセリングを受けるのですが、これは誰もが必ず受けることです。

①脱毛サロンのカウンセリングの予約をする

webや電話で脱毛サロンの予約をすると「まずはカウンセリングにいらしてください」と言われます。

②予約日に脱毛サロンに行く

カウンセリングの予約だけなので割とスムーズに予約できます。
待ち時間に個人情報を記入することが多いです。カルテの作成のためです。

③担当スタッフに個室に案内される

担当スタッフは施術スタッフと違うことが多いです。
契約のことなのでほかのお客様がいるところではお話しされません。

④予約した内容(キャンペーンなど)の内容を説明される

webで予約した際にどこの部位をやりたいかなど入力するのでそのことに
ついて聞かれます。

⑤ムダ毛の仕組みについて詳しく説明を受ける

まず、毛周期などムダ毛の仕組みを詳しく図などを使い説明を受けます。知っていても必ず受けます。お店の脱毛方法についても詳しく聞けます。

⑥お店のキャンペーンなど勧誘を受ける

会員になったら特別

価格で脱毛できるなどの勧誘を受けることが多いで
す。キャンペーンの部位だけなら先に「予算がない」ことや興味がないこ
とをしっかり伝えると勧誘される時間が短くなります。
勧誘がひどい場合は、「時間がない」と言って断ってもいいと思います。

⑦自分の肌の状態・持病などについて聞かれる

待ち時間に記入したカルテをもとに話を聞かれます。
※詳しくは「カウンセリングで聞かれることについて」で書いてあります。

⑧やりたい脱毛を再度確認される

たぶん、もう一度くらい勧誘を受けることがあります。

⑨契約をする

自分のやりたい脱毛のコースを契約します。料金の発生なのでお金を支払
いします。クレジットカードでの支払い、現金どちらでも大丈夫です。

⑩脱毛開始日の予約をする

脱毛する施術日を予約します。

⑪聞きたいことがないか質問をされ問題なければ終了

ほかに何もなければ完了です。

 

このような内容で約30分から1時間程度かかります。勧誘が長い場合は1時間かかります。私が体験したミュゼ・TBCでは勧誘は数回ありましたが、しつこくなかったため30分以内でカウンセリングが終わりました。

最近では、体験型のカウンセリングもあり無料で脱毛を受けられる脱毛サロンが出てきました。

・キレイモ
ハンド脱毛無料体験ができます。

・ジェイエステティック
希望の部位を1回だけ脱毛できます。ただし、顔・うなじ・Iラインなどはできませんので要確認です。

このように、体験も一緒にできるカウンセリングは実際に自分に合うかどうかがその場でわかるという点でもいいと思います。

お子さんがいらっしゃる方は子供と一緒にカウンセリングや脱毛を受けられたらいいなと思いますよね。
私も子供がいるので、ミュゼ・TBCともカウンセリングを受ける前に店舗の方に子供も一緒にカウンセリングを受けられるのか聞いてみたのですが、「脱毛を受けない子の同伴はお断りしています」と言われました。
小さい子供は、長時間じっとしていることができませんし、脱毛の機械に触れてしまっては危険なのでお断りしているそうです。

確かに、脱毛機械は高額ですし、子供がひっかけて倒したらその修理代を請求されたらと考えただけで恐ろしいです・・・。
それに、脱毛サロン自体広くないので走り回ったり騒いだりとほかのお客様にご迷惑をおかけすることになってしまうので連れて行くのは断念しました。

次にカウンセリングで聞かれることについて・・

カウンセリングで脱毛を受ける側が聞かれることといえば・・

持病があるかどうか

アレルギーがあるかどうかはとても大事な質問です。光アレルギーがある場合は、フラッシュ脱毛は受けることができません。持病を隠した場合、事故が起きた際に補償されない場合があります。

常時飲んでいる薬(抗生物質、鎮痛剤、アレルギーの薬など)

持病にも関係してきますが、薬の副作用が問題です。
抗生物質や鎮痛剤には、光に反応する症状がでる場合があります。医師から出されている薬の場合、医師に脱毛サロンでの施術を受けても問題ないか確認する必要があります。

肌の状態

アトピーや乾燥肌の場合、フラッシュ脱毛が痛いと感じてしまうことがあります。
部位によっては痛みが生じるのですが、通常肌の方より痛みが強く出てしまうことがあり、肌のトラブルにつながります。
スタッフに肌の状態を確認してもらい脱毛が受けられるかどうか判断してもらう必要があります。

どこを脱毛したいか

自分のキレイにした部位はどこかをしっかりと伝える必要があります。
うやむやのまま脱毛サロンのカウンセリングを受けると必要のない契約を結んでしまい、高額な料金を支払いすることになりかねません。

というような内容を聞かれます。
できるだけ正直にお話してくださいね。特に、薬の関係は副作用が大きく影響する場合があり自分の肌にトラブルを招きます。
病院に通院している方は、医師に前もって相談をしておくといいと思います。

※ 薬の副作用は、アトピーの薬や抗生物質を常用している方は要注意です。光線過敏症という光に過敏に反応する副作用が出てしまうことがあるのです。これは、水ぶくれ・赤くただれる・かゆくなるなどの症状です。

 

カウンセリングで契約しないで帰れる?

カウンセリングを受けて、やはり検討が必要だと考えた場合、いったん帰るほうがいいと思います。場の空気で契約しないと帰れないのでは?となりがちですが、問題ありません。

脱毛サロン側が「契約しないと帰れません」などといった場合、怖くなって何もできず必要のないコースを契約してしまうトラブルが発生したという話を聞いたことがあります。しかし、このように強制的に契約をさせた場合は、クーリングオフの対象になりますのでご安心ください。
契約した脱毛サロンのコールセンターに連絡をして、強制的に契約させられた内容をクーリングオフしたいと伝えると対応してもらえますのでご安心ください。

カウンセリングで準備すること

カウンセリングでは、実際に脱毛を体験することはほとんどありません。
上記のキレイモなど医療脱毛は別です。
ですから、事前に除毛をしておくという用意は必要ありませんのでご安心くださいね。

事前に準備するものといえば、

  • 印鑑(必要ない場合もあります)
  • 身分証明書(免許証や保険証)
  • 契約をした場合の支払い方法(クレジットカードや現金)

これだけで大丈夫です。
カウンセリングを受ける前日には、脱毛サロンからメールなどでお知らせがきますので内容をよく確認してください。

もし、体験型のカウンセリングを受ける場合には、事前に除毛する必要があります。
これは、脱毛の施術を受けるときと同じで、2~3日前くらいに脱毛を受ける個所の除毛をしておきます。

カウンセリングは聞きたいことをまとめておくとスムーズに進めていけると思いますので、自分の脱毛したい個所を再度確認しておくといいと思います。

 

最後に

カウンセリングを受けるということは、特別難しいことでも恥ずかしいことでもありません。
ただ、個室に入り脱毛サロンのスタッフと2人で話をしていると必要のない契約を結んでしまうという場合はあります。言葉巧みに勧誘を受けると、きっと全部必要なんだなと勘違いしてしまうことはよくあります。

私の行ったミュゼやTBCでは無理な勧誘はまったくありませんでしたが、個人経営の脱毛サロンや脱毛サロン激戦地では無理な勧誘は多いようです。

断ることは決して恥ずかしいことではなりません!
自分に必要だと思ったら契約する。必要がないかな?と少しでも疑問を感じた場合は勇気をもってお断りする!これが大切です。

そして、カウンセリングを受けなくては脱毛サロンがわかりません。HPはいいことばかり書いてあります。口コミだって同じです。自分の目で見て確かめることが一番大切だと思います。

いろいろな脱毛サロンを見て自分に合う脱毛サロンと出会えますように頑張ってみてくださいね!

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ