おすすめ電気自動車

脱毛サロンと脱毛器ケノンを比較!どちらが良いか?併用はあり?

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  脱毛の比較  >  脱毛サロンと脱毛器ケノンを比較!どちらが良いか?併用はあり?

脱毛サロンと脱毛器ケノンを比較!どちらが良いか?併用はあり?

ムダ毛を処理するには、脱毛サロンに行くか、家庭用脱毛器を購入するか悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
私も、いまだに脱毛サロンで全身脱毛をするか、家庭用脱毛器を購入するかを本気で悩んでいます。
そこで、家庭用脱毛器で人気の「ケノン」ついて詳しく調べましたのでその情報と脱毛サロンを比較してみようと思います!

脱毛サロンで全身脱毛するなら?

脱毛サロンで全身脱毛をしようと思うと一体いくら必要なのかご存知ですか?
脱毛サロンごとに金額が違うため、約という形でしか表せませんが・・・

約30万円必要です

かなりの金額ですよね。
満足する回数分脱毛するとなると、もう少し必要になる可能性が高いと思われますが、自己処理が簡単になると言われている回数12回分くらいの金額です。

30万円÷12回分=1回につき2万5千円

キャンペーンや月額制の脱毛サロンの場合はもう少しお安くできることがありますが、約30万円の予算でみておくと安心です。

 

家庭用脱毛器ケノンで全身脱毛するなら?

家庭用脱毛器もいろいろなタイプがあり、価格も様々です。
ケノンは、楽天などの通販サイトで人気1位になり、口コミでもとてもいい評価をもらっている商品です。ケノンは、脱毛サロンと同じフラッシュ脱毛です。痛みも少なく、簡単に使えるということで人気なんですね。

効果もあり脱毛サロン並みだという口コミもありますが、個人差がありますのでそのような方もいらっしゃいますが、脱毛サロンより出力が低いので通常は脱毛サロンよりは脱毛効果は低いでしょう。しかしそれなりの効果があり手軽で費用も抑えられるので、ケノンはとても人気です。

価格は約7万円

これは、本体の価格とカートリッジが3個ついてくるお値段です。カートリッジ交換が必要なため、1度購入したらずっと使い続けられるわけではないのです。ここが少し気を付けなくてはいけないポイントです!カートリッジの交換というのは、脱毛するヘッドの部分(フラッシュのでる部分)を交換しないといけないんですね。

カートリッジも、身体の部位によって交換すると脱毛しやすいので最低3つのカートリッジをおすすめされています。(顔・体・VIOなど)。サイズの違い、照射レベルの違いなどカートリッジの金額も様々で、付属品などを購入すると約10万円は必要かなと思います。

金額だけの比較だと、確実にケノンの方がお安くすむと思ってしまいます。

 

どちらがお得に脱毛できるのでしょうか?脱毛サロン、脱毛器ケノンそれぞれのメリットデメリット

脱毛サロンに行き脱毛する場合と、家庭用脱毛器のケノンのみで脱毛する場合のメリット・デメリットを比較してみましょう!

 

脱毛サロンのメリット

上記にもある通りキャンペーンなどがある場合、ミュゼだと、6回で252,000円のところ、半額キャンペーンで126,000円です。6回だと、少し自己処理が簡単になる程度なので満足はしないと思います。10回くらい脱毛するとなると、プラス8万ほどなります。
合計21万円ほどで、自己処理が簡単になる程度までキレイになります。

価格がはっきりしているので、必要額がすぐにわかるのがいいですね。

さらに、専用のジェルの効果もあり、肌の状態も、黒ずみ・埋没毛なども改善されていきます。
なにより、人にやってもらうという贅沢!手の届かない部位までしっかり脱毛してもらうことができるので、(自己処理以外)苦労するところがありません

脱毛サロンのデメリット

予約制のため、思った通りの日にちで脱毛することができない。
人に恥ずかしい部位も見られてしまうこと。
肌のトラブルが出た場合、脱毛サロンと話し合いをしなくてはいけないことになる。
満足するまで脱毛してくれるが、辞め時がいまいちわからない。
勧誘がある。

脱毛サロンは、担当スタッフに脱毛をしてもらうので、人と必ず接触します。
VIOなど、人に見られたくない部位についてもやはり脱毛サロンだとスタッフにお願いするわけですから、恥ずかしいと思う人には少し厳しいかもしれません。
脱毛サロンのスタッフさんは、VIOなどたくさんの人に対応しているので気にはしないのですが、やられる側はやはり気にしてしまうのですよね・・・。

 

家庭用脱毛器ケノンのメリット

一人で脱毛できること!
恥ずかしい部位も、だれにも見られないで脱毛できる。
毛周期の関係はあるが、約2週間に1回のペースで脱毛できる。
好きな時間に自由に脱毛ができる
痛くないし、脱毛サロンと同じフラッシュ脱毛なので美肌の効果もある。
自分だけ使用するカートリッジなので清潔である。(お手入れは必要)
小さな子供にも使用可能なので、家族全員で使用することができる。

部位によって毛周期が異なるため、本来はまめに脱毛したいところですが、脱毛サロンではそこまではできません。よって、おおまかな毛周期である2~3か月おきにしているのです。ですが、ケノンのような家庭用脱毛器の場合は自分でまめに脱毛できますので、成長期のムダ毛に常に当ててやることができます。それでも2週間に1回のペースだと効率が良いとされています。あてすぎると、肌に負担が大きくトラブルになりやすいからです。

家庭用脱毛器ケノンのデメリット

背中やVIOの部分を脱毛することがかなり難しい。
家庭用脱毛器なので、照射レベルが低いため効果が表れるのが遅い
カートリッジ交換のため照射回数が決まっており、レベルを高くすると使える回数が減る。
サングラスをかけて使用しなくてはいけない。(フラッシュが目に悪いから)
カートリッジ交換が割と高額。(ラージサイズ1つ9,800円)

とこのような感じです。
脱毛サロンは、人にやってもらう脱毛で、家庭用脱毛器のケノンは自分でやる脱毛です。
お得に脱毛ができるとなると、確実に効果がでる脱毛サロンを個人的にはおすすめしたいのですがいきなり30万となると用意するのは大変です。

家庭用脱毛器のケノンは、カートリッジ交換ができるのがいいですよね。カートリッジは、1万円ほどしますが回数的にはたくさん使用できます。

お得に脱毛したいというなら、脱毛サロンのキャンペーンを使って自分にできない部位を脱毛し、自分でできる部位をケノンでやるというのがいいのかな?と思います。

 

脱毛サロンとケノン併用して脱毛してもいい?

同じ部位の併用

できれば、同じ部位の使用はやめてほしい。と思います。
ケノンは2週間に1回ペースで脱毛できますが、脱毛サロンは2~3か月に1回です。
脱毛サロンに行かない間にケノンで脱毛するとより速い効果が期待できると感じますが、毛周期があるのであまり意味はありません。毛には毛周期というサイクルがあり成長期・退行期・休止期とありフラッシュを照射したいのは成長期のムダ毛だけです。

脱毛サロンと、ケノンを一緒に使用することは肌への負担が大きく、肌トラブルになりかねません。

しかし、同じ部位でも脱毛サロンで脱毛を終了してからその部位をケノンで脱毛することは大丈夫です。途中で脱毛サロンに通えなくなったり、通うのが嫌になった場合は同じ部位をケノンで脱毛するというのはありということですね。

 

脱毛サロンで脱毛している箇所と違う部位をケノンで脱毛

自分でできる部位、脱毛サロンのキャンペーンであまり安くならない部位などをケノンで脱毛し、自分でできない部位やキャンペーンなどでとてもお得に脱毛できる箇所を脱毛サロンで脱毛するのは良いと思います。

それと、自分では出来ない箇所でも家族や知人に手伝ってやってもらうと多くの部位が可能になります。しかし、脱毛サロンに比べ出力が低いとはいえ、出力を最大にして誤った使い方をすると軽い火傷をすることもあります。慣れない内は出力を下げて、練習も兼ねてやるようにしましょう。慎重に丁寧にやってくれる人なら頼みましょう。

 

まとめ

脱毛サロンにまめに通えない方は、ケノンの使用を検討してみるのはお勧めです。
ケノンを使い続け、どうしても抜けないムダ毛が出てきたときに脱毛サロンに通うという方法もいいと思います。

家族みんなで使用できるケノンなので、ムダ毛に悩んでいるお子さんのいる家庭などにはかなりお勧めできます。脱毛サロンに子供が行くのは少し怖いと思っている方や、費用について悩んでいる方などにはケノンは最適です。

脱毛サロンは、費用に余裕がありまめに通うことができる人がお勧めです。
ケノンではできない部位や効果の出にくい産毛などには脱毛サロンの方がお勧めです。

脱毛サロンとケノンを一緒に同じ部位を脱毛するのではなく、ケノンにできない部位を脱毛サロンにお願いするようにすると費用もかなり抑えられ、上手に脱毛するこができると思います。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ