おすすめ電気自動車

高校生からの脱毛サロンはキャンペーンを活用しましょう

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  脱毛での心配点  >  高校生からの脱毛サロンはキャンペーンを活用しましょう

高校生からの脱毛サロンはキャンペーンを活用しましょう

ムダ毛についての悩みは小さなころからつきまとい、どうしていのかわからないで困っている子が多いのではないでしょうか。

ムダ毛の処理については、さまざまな方法でしかも自己流で行っている子が多く、その親も実は正しい知識がなく教えることができないのです。

私は小学生の親ですが、子供のムダ毛の処理について話している親に驚きました。
カミソリを自由に使わせ、肌から血が出ているのに放置しているのです。ムダ毛を処理したくなる気持ちはよくわかりますし、周りから何か言われるのが嫌で毎日のように自己処理をしてしまうのもわかります。

でも、小学生のうちから毎日の自己処理を許してしまうと、その子は将来、埋没毛、黒ずみ、鳥肌(毛穴がボツボツ浮き出て見える肌のこと)になるでしょう。危険ですよね。これは、親として阻止したいと思っています。

 

小学生からカミソリを使用してムダ毛の処理をするのですから、高校生にもなると自己処理はやったことがないとおかしいという状態でしょう。正しい自己処理の方法を覚え、これからのお肌を痛めつけないよう気を付けていくと、将来肌のトラブルで困ることは減ると思います。

そして、高校生からの脱毛サロンについて興味はあるけれどいざ通うとなると親の承諾や通える回数、料金などをわからないことがたくさん出てきます。
ここでは、そんなムダ毛に悩む高校生のみなさんに、脱毛サロンについてご紹介したいと思います!

 

正しい自己処理について

何度もこのサイトでもお伝えしていますが、自己処理はお風呂でやるのは禁止
お風呂はいろいろな雑菌が潜んでおり、カミソリで傷をつけてしまうと、そこから雑菌が入り込み、肌の炎症を引き起こします。

では、正しい自己処理の方法についておさらい!

① 清潔な状態で剃る

お風呂上りが毛穴も開いているので深剃りしないでも剃りやすいのでおすすめ。
汗などがついている状態だと、剃った際に雑菌が入りやすいのでやめておく。

② 専用のクリーム・シェービングクリームを使う

液でも大丈夫です。自分の肌にあったものを使用してください。

③ 新しいカミソリを使う

常に刃が新しいものを使用してください。
過去に使ったものは雑菌がついていることがあり、肌を傷つけた時炎症を起こしやすくなるためです。

④ ムダ毛の流れに沿って剃る

毛の流れに逆らうと、肌にカミソリが突き刺さる危険があるため毛並みに沿って剃りましょう。

⑤ 何度も同じ個所は剃らない

何度も同じ個所を剃ると、皮膚を何度もそぎ落としているのと同じなので肌が荒れます。1度だけ丁寧に剃るようにします。

⑥ 清潔な布でふき取る

ティッシュなどでふき取ります。雑菌予防のためです。

⑦ クールダウンをする

毛穴を小さくする効果があります。肌の炎症も抑えてくれるのでおすすめです。

⑧ 保湿をたっぷりする

いつも以上に保湿をしてください。
カミソリで薄く皮膚を剃っているので、肌が弱くなっています。自分にあった保湿剤で肌の状態を整えてあげると、肌が元気になりキレイな肌を持続できます。

 

自己処理は1週間に1回。
チクチクと生えてきた場合は、電気シェーバーなどで剃ることをお勧めします。常にカミソリではなく、電気シェーバーで剃ると肌の負担が減ります。

毎日の処理は電気シェーバーにお願いして、肌をいたわってください。

 

脱毛サロンについて

高校生にもなるとムダ毛の質も量もかなり大人と同じです。
ホルモンバランスが成人と同じになってくるためです。なので、わき毛もしっかり濃く、太くなって常に気になる存在へとなっているはず。

夏はワキもVIOもかなり気になってしまいます。
でも、自己処理するにも限界があって抜くには痛いし、処理はきつい・・・。脱毛サロンにお願いしたいという気持ちばかり募ります。

 

さて、高校生でも脱毛サロンに通えるかどうかは、ほとんどの方はご存知ですよね。

通えます。

ただし、「親の承諾」が必要になります。脱毛サロンは未成年だと1人で契約できないんですね。高額な料金の支払いを未成年では難しいと判断されてしまいます。いくら貯金して一括で支払いできたとしても、未成年は契約しても無効となります。そこで親の承諾が必要なんですね。

勝手に書類を作って脱毛サロンに提出でもしたら、警察に呼ばれますのでやめましょう。契約には親の判断が必要という意味もあります。

親が脱毛に興味を持っていて、すんなり許可してくれる場合は問題ありませんが、脱毛サロンなんて早い!と思っている親は多いです。ましてや、何万円もするコースを簡単に契約なんてしてくれません。

 

高校の部活でワキやVIOがとても気になる場合(水泳部・新体操など)は、説得する材料がありますが、ワキやVIOなんて簡単に人に見せる部位ではありませんから、親としては「必要ない!」って言ってきそうです。

全身脱毛なんて約30万円もするのですから、高校生では無理と言われても仕方ないですよね。たしかに、高校生では全身脱毛は必要ないです。成人してから、自分のお金で脱毛しましょう。でも、ワキやVIOについては、考えてもよさそうです。

 

夏服から見えるワキ毛は絶対に気持ちのいいものではありません。さらに、お年頃ですから、ワキ処理が甘いものなら同級生に何を言われるか・・・。水着になることだって、あります。はみ出ていようものなら・・・恐ろしいです。

ならば、脱毛サロンのキャンペーンを活用して安く脱毛ができるということを親に説明しましょう!

ディオーネは3歳から通える脱毛サロンで、とても肌に優しい脱毛を行っています。TBCも7歳から通えます。この2店は小学生以下でも脱毛できるとなっていますが、ほとんどの脱毛サロンは、「生理が来てから」という条件がついています。それは、未成年はホルモンバランスが整っていないためムダ毛を脱毛しても、すぐに生えてくる可能性が高いからです。

 

またすぐに生えてくるのに、脱毛サロンに通うのはお金の無駄使いと思われもしかたなく、少ししか変化がないなら自己処理で十分じゃないかと親は言います。

確かに、全身脱毛だと30万円以上かかります。2~3か月に1回で通って、1年間に4~6回です。
効果が出だすころは最低3回以上通ってからになるので、脱毛サロンに通い始めてから半年後くらいになるんです。時間もお金もかかるのが脱毛サロン。

親は支払いが大変だし、学生は忙しいのだからダメって言いますね。
いくら子供が毛深いことに悩んでいても、さすがに30万以上のお金をすんなりだしてくれるのは難しいことです。

 

脱毛サロンのキャンペーンをうまく活用しましょう。

いきなり全身脱毛ではハードルが高すぎます。
ネットの脱毛サロンのお話を読んでいても資金面でまったく違うので参考になりません。いくら子供が毛深いからって、全身脱毛をさせる余裕なんてありませんし、子供に脱毛を受けさせるくらいなら親の私がやりたいです。

でも、毛深い子供は学校でいじめの対象になるかもしれないと思うと最低限の脱毛は考えようと思います。
高校生まで我慢したなら、お小遣いを少しためて脱毛サロンの費用を捻出しましょう。

 

一番気になる部位はどこですか?
ワキの脱毛だけならミュゼのキャンペーンを活用するとかなりお安く脱毛できます。
キレイモや、脱毛ラボの全身脱毛でも問題ないのですが、月額1万円はかなりきついです。

そこで、提案するのは、ワキとVラインの美容脱毛!
ミュゼなら780円で通い放題です。(キャンペーンは変わりますので、公式サイトで確認してください。)しかも、1か所好きなところを脱毛してくれるキャンペーンです。
ミュゼは15歳以下だと1年間に6回しか受けることができませんが、16歳なら成人と同じ満足するまで通えます。

自分で脱毛することが難しい部位をミュゼにお願いするプランでしかも千円以下!
いまなら親に頼みやすのではないでしょうか?
なかなかうなずいてくれない親ならば、一緒に連れて行って、一緒に脱毛しようと誘ってみるのも1つの方法です!

 

お母さんと一緒に脱毛するとなにかとお得。交通費だってお得になりますし、帰りに一緒にショッピングだってお母さんとできちゃいます。

悩んでいても解決はしないです。
困っていることを親に相談して、一緒にミュゼでキレイになってみるのはいかがでしょうか?

 

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ