おすすめ電気自動車
MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  妊娠と脱毛  >  ミュゼで妊娠中に脱毛しても効果が出にくい?

ミュゼで妊娠中に脱毛しても効果が出にくい?

妊娠中は施術不可

まずしっかりと知っておきたいことは、“妊娠中は光脱毛を受けることができない”ということです。

ミュゼでも、妊娠中・授乳中には施術が出来ないということを明確に掲示しており、カウンセリングの際にも必ず聞かれます。

ミュゼでは、公式ホームページで次のように案内しています。『妊娠中は、お手入れができません。再開は、授乳終了後、生理が2回以上順調にあることが条件になります。』『授乳中はホルモンバランスが不安定なため、お手入れができません。』

ライト脱毛が悪影響?

妊娠中や授乳中だと、なぜ脱毛を受けられないのでしょうか?

光脱毛は、子宮や胎児に悪い影響を与えるものではありません。「じゃあ脱毛受けてもいいんじゃ?」と思ってしまいますが、ひとえに母体の負担を心配してのことなのです。

妊娠を経験した人なら理解できると思いますが、妊娠している期間は、突然気分が悪くなったり、吐き気に襲われたりすることも多いです。

脱毛を受ける間は同じ体勢でベッドに横たわることになりますし、施術の後にはクールダウンのための“お冷やし”も待っています。妊婦さんにとっては、過酷な時間になってしまう恐れがあります。

脱毛は、落ち着いてから受けた方が良さそうです。

 

妊娠中は剛毛になる?

妊娠すると、女性ホルモンが変化し体に様々な影響を及ぼします。「妊娠すると毛が濃くなる」ということもよく聞かれますが、実際乳首やお腹の毛が濃くなる人が多くなるようです

それで余計に脱毛したくなるかもしれませんが、ちょっとストップ!実はこの妊娠することによる毛の変化は、ほとんどの場合産後に元に戻るそうです。

確かに、今までなかったお腹に毛が生えるのは少し恥ずかしいですが、産婦人科のスタッフは見慣れていることが多いですし、あまり気にしなくて大丈夫です。

お腹に毛が生えるなんて女としてはイヤですが、体が赤ちゃんを守ろうとしているのだとすれば、ちょっと毛に対する気持ちも変わるかもしれませんね。

 

生理中はOK

生理中は施術を受けても大丈夫です。ただし、デリケートゾーンは不可となります

実は私は一度生理中に受けようとしたことがあります。「終わりかけだし、大丈夫でしょ!」と思っていたのですが、なぜかバレてしまいました(笑)

自分のお肌のためですし、やっぱり脱毛を受ける時のルールは守らなければいけませんね。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ