おすすめ電気自動車

剛毛で毛深くて黒ずんで肌荒れだった管理人がつるすべ美肌になった脱毛方法。脱毛エステサロンと医療レーザーどちらが良いか、またどこが良いかなど詳しく解説

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  ミュゼでの脱毛効果  >  ミュゼで埋もれ毛は改善される!埋もれ毛で脱毛できるの?

ミュゼで埋もれ毛は改善される!埋もれ毛で脱毛できるの?

抜く方がキレイになると思っていた

毛抜き

ミュゼで脱毛をする前は、抜いて自己処理していました。

毛が細いところは剃って処理するのでも大丈夫でしたが、ワキ・脚・Vライン・Iラインは剃った後の黒いプツプツや、少し伸びてきた時のチクチク感が気になり、抜く方法を徹底していました。抜いた方が、持ちも良く、処理する間隔も剃るよりは広くなります。

 

脚は主にスネの毛をホイホイ抜いていました。すると、次第に人からも指摘されるくらいハッキリと、毛が太くなっていきました。母親に「あんたそんな毛濃かったっけ!?」と言われて、自分でもハッとしました。

「抜き続けていると毛根が弱って毛が細くなる」と聞いたことがあったのでそれを期待しているところがありました。

しかしそのもくろみとは真逆で、ドンドン毛は黒さを増し、抜く時にも皮膚が赤くなるようになりました。抜いた後、毛は無くなるけれど、その代わり赤い点々がびっしり、という感じでした。

それでも抜き続けていると、今度は毛が皮膚から出てこないようになりました。いわゆる埋没毛(埋もれ毛)が出来るようになりました

 

埋もれ毛が出来るメカニズム

埋もれ毛

埋没毛が出来るのは、毛抜きやカミソリで自己処理する時に皮膚を傷つけてしまうことが原因です。皮膚が傷ついて炎症を起こすと、その部分がかさぶたのような状態になります。そうなると、毛が外に出られなくなります。

ワキやVラインは毛の生える方向がマチマチで、より埋もれ毛が発生しやすいようです。

 

私は、単に毛が埋まっているよりかは状態は悪く、埋没したことにより炎症を起こし、赤ニキビのようになっていました。気になり自分で安全ピンなどを消毒して掘り出したりするのですが、掘り出して一旦埋もれ毛が無くなっても、しばらくするとまた同じところに出来てしまいます。

そりゃそうですよね、毛根は同じところにあり続けるし、肌はまた傷つくので、同じ結果になるわけです。

 

まずは自己処理をストップ

埋もれ毛の中でも症状がひどいという自覚があり、「これでは多分光を照射してもらえないだろう」と予想が出来たので、ミュゼに通う前に自己処理をストップし、埋もれ毛が出来にくくなるようにスキンケアをしました。

私はお風呂上がりにコットンにふき取り化粧水を含ませ、クルクル優しくマッサージするようにして余分な角質がたまらないようにしました

私ほど埋もれ毛の部分が赤く盛り上がったりしていなければ、マイルドなスクラブを使ってからクリームなどで保湿する方法でも良いと思います。

針でほじくることをやめたので、赤みは次第にマシになっていきましたが、まだまだ埋もれ毛はありました。

 

埋もれ毛は照射不可

実際ミュゼに行くと、「毛が埋まっているところは光を当てられないのでカバーしますね」と言って、ホクロと同じくシールを貼られてしまいました。やけどなどの危険性があるとのことでした。

脚の脱毛は、埋もれ毛がある部分を避けて進行していきました。

もどかしいですが、毛が外に出てくるのを待って照射、というのを繰り返すしかありません

 

6回くらいでほとんど無くなった!

脚綺麗になった

6回くらい脱毛を受けると、次第に埋もれ毛を見かけなくなりました

余計な刺激を与えることなく毛根を弱らせて毛を抜けさせる光脱毛は、埋もれ毛を無くすのに効果的なようです。

毛穴が赤く炎症を起こした後の、茶色い色素沈着までキレイさっぱり消えて、ミュゼの光脱毛の技術に感動しました!

ただし、時間がかかりますので根気が必要です。自己処理をやめる→角質ケアをする→光脱毛というサイクルを、気長に続けてください。

それから、見えると触りたくなりますので、埋もれ毛はなるべく見ないようにしましょう(笑)

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ