おすすめ電気自動車

剛毛で毛深くて黒ずんで肌荒れだった管理人がつるすべ美肌になった脱毛方法。脱毛エステサロンと医療レーザーどちらが良いか、またどこが良いかなど詳しく解説

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  肌に関する悩み  >  アトピーの脱毛3つの方法!アトピー肌に最適なものはどれ?

アトピーの脱毛3つの方法!アトピー肌に最適なものはどれ?

 アトピー痒い

セルフ脱毛、エステ脱毛、医療脱毛のなかで、最適なものには個人差がありますので、それぞれの特徴などを知り、肌の状態に合わせて選んでいくことが大切です。

 

基本的にどんな脱毛法であっても、アトピーの状態が悪い時には、脱毛はできません。しかし、アトピーの方の肌の状態は、日々変わります。良い状態の時であれば脱毛する事も可能なので、まずはアトピー肌を改善させる事を、一番に優先させ無理に脱毛することは辞めましょう。

 アトピー肌

代表的な脱毛法とアトピー肌の注意点

① セルフ脱毛

(肌を清潔にし、機器など使用する場合も衛生面に気をつけ、処理後は肌を鎮静させる事)

 

・カミソリ

ワキ、ビキニライン周辺の場合は、肌の状態が良い場合は可能 腕や脚に関しては、乾燥しやすくなるので、前後にしっかり保湿をする

 

・毛抜き

 肌への刺激が大きいので、できるだけ使用しない方がよい

 

・ハサミ

小さなハサミで毛の根元をカットすれば、肌に負担がかからないのでおススメ

 

・ブリーチ

薬剤による肌への負担が大きいので、使用しない方がよい

 

・除毛クリーム

薬剤による肌への負担が大きいので、使用しない方がよい

 

・セルフ脱毛器

出力は弱いので、状態により使用可能ですが、脱毛効果は低く繰り返しの使用によりダメージが大きくなったりする事があるので注意する

 

② エステ脱毛(フラッシュ(光、ライト、IPLなど呼び名は違う)

 

フラッシュ脱毛は、ミュゼなど現在のエステサロンで主流となっている脱毛法です。

 

フラッシュ脱毛の原理は、黒いものに反応する光を照射することで、毛根のメラニン色素に働きかけ、毛の再生力を弱くさせる効果があります。医療レーザーとは違い出力は低くなっていますが、熱を加えますし、アトピー肌の方にとっては、負担がかかります。

 

しかし、アトピ−の状態によって、可能な場合もありますが、かなり個人差がありますので、状態が良い時に、テスト脱毛を体験してみて、大丈夫かどうかを確認しましょう

その際は、アトピー肌という事を必ず伝える事と、少しでも状態が悪化した時は、休止する事を忘れないでください。

 

また、サロンによって機械も違いますし、エステティシャンによって知識や技術にはかなりの差がありますので、カウンセリングの際に納得いくまで質問をしたり、場合によっては数店舗を比べてみると良いと思います。

そして、大丈夫と言われた場合でも、テスト脱毛を行い、肌状態を確認する事を忘れないでください。

 

もちろん、フラッシュ脱毛後のアフターケアをキチンと行い、肌の状態が悪化しないように気をつけましょう。

 

③ 医療脱毛

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、医師免許をもった医師が常在している医療機関でのみ、行う事ができる脱毛法です。

 

エステサロンで行うフラッシュ脱毛と原理は同じですが、出力が全く違いレーザー脱毛の方が強くなっています。

そのため、肌への刺激は強くダメージも大きくなりますので、アトピー肌の方にとっては、できないケースも多くあります

 

しかし医療機関という事もあり、肌状態をしっかり確認してくれますし、肌トラブルにも医療的な観点から見てもらえますので、安心な点もありますし、脱毛ができるかどうかも、診断してもらえます。

 

しかし、医療機関とはいえ、カウンセリング、テスト脱毛、アフターケアなどを行う事は、最低限の重要なことです。

 

このように代表的な3つの脱毛法のなかでは、アトピー肌の方にとって、必ずしもこれが一番です!と簡単には言えない理由がが、おわかりいただけましたか?

 

これは、アトピー肌の方だけに言える事ではありませんが、特にアトピー肌の方は、敏感で肌トラブルも起りやすいので、肌の状態に合わせて、一番良い方法を選ぶようにしましょう。

 

まずは、行きつけの皮膚科のお医者様に、現在の肌の状態を確認してもらい、脱毛ができる状態かどうかの、相談をされることが一番大切です。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ