おすすめ電気自動車
MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  ミュゼの脱毛(部位別)  >  ミュゼで襟足の脱毛!3つの特徴

ミュゼで襟足の脱毛!3つの特徴

近年ミュゼで人気が高まっている襟足の脱毛をご存じでしょうか。

襟足は自分ではなかなか見ることが無いためあまり気にしないという方も多いかもしれません。しかし、浴衣やドレスなど髪をアップにする機会は意外と多いのです。

 着物のうなじドレス姿

普段お手入れを怠っていると、いざ髪をアップにしようとした時に焦ってしまいますよね。襟足を綺麗にお手入れしているだけで、女性らしさをグッと引き立ててくれます

襟足は自己処理が難しい部分だからこそ、脱毛のプロにお任せしましょう。ミュゼの襟足脱毛について、3つの特徴をご紹介します。

 

特徴その① お肌に優しい脱毛

襟足は自分で直接見ることが出来ないため、自己処理は非常に危険です。

無理に処理をしようとすると、お肌を傷つけてしまう可能性があります。襟足は腕や足と異なり肌荒れしやすい部分なため、お肌に優しい脱毛が望ましいのです。

ミュゼではお肌をいたわりながら脱毛をするS.S.C方式という脱毛法を採用しています

S.S.C方式の脱毛は、これまで主流だったレーザー式脱毛とは感じる痛みがまるで違います。腕や足と異なり敏感な部分である襟足でも痛みを感じにくいのです。

まず初めにお肌に冷たいジェルを塗り、その上から光を当てていきます。光を当てる瞬間にチクッとした小さな痛みを感じますが、襟足の場合光を当てるのは3~4回程度です。これなら痛みに弱い方でも安心ですよね。

その後、保冷剤で冷やしトリートメントでお肌を整えて終了です。トリートメントにはプラセンタエキスが配合されていますので、施術後のお肌に潤いを与えてくれます。

 

特徴その② 自然なうなじの形

うなじ

襟足を脱毛するにあたって気になるのが脱毛後のうなじの形ですよね。

真横に真っすぐ脱毛してしまうと、境目が目立ってしまいます。魅力的なうなじは、アルファベットのMの形だと言われています。

ミュゼでは、スタッフのこれまでの経験と技術により、自然なMの形になるようお手入れしてくれます

施術の前にうなじの形についてスタッフと相談することが出来ます

襟足は髪の毛とうぶ毛が密集しているため、区別がつきにくいですよね。しかし、手鏡を持たせてくれ、「ここの毛は髪の毛として残ります」「ここの毛はうぶ毛です」と詳しく説明してくれますので安心です。

他のパーツと違い、自分の好きな形に整えられるのも襟足脱毛の楽しみの一つです。遠慮せずに自分の希望のうなじの形を伝えましょう。

 

特徴その③ シェービングのお手伝い

ミュゼでは、施術を受ける際にあらかじめ脱毛部位をシェービングしておく必要があります。

予約当日にムダ毛が残っている場合、お手入れをしてもらえません。

腕や足のシェービングは自分でも簡単に出来ますが、襟足は難しいですよね。襟足は剃り残しがあった場合、スタッフがその場でシェービングをしてくれます。そのため、事前のシェービングは無理のない程度で大丈夫です。

ミュゼの襟足脱毛について3つの特徴をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

最後に、襟足脱毛を受ける際の注意点をご紹介しますのでこちらも参考にしてみてください。

襟足脱毛をするにあたっての注意点は、ズバリ日焼けです。日焼けをしている、またはお肌が乾燥していると施術は受けられません。

お手入れ当日に日焼けが原因で施術が延期になってしまったらショックですよね。首の後ろはとても日焼けしやすいので注意しましょう

お手入れを怠りがちかもしれませんが、お風呂上がりには化粧水などでしっかりと保湿もしましょうね。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ