おすすめ電気自動車

ミュゼの脱毛は生理でも大丈夫?

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  脱毛エステ ミュゼでの心配点  >  ミュゼの脱毛は生理でも大丈夫?

ミュゼの脱毛は生理でも大丈夫?

 生理

女性にとって毎月の生理は気が重いものですよね。仕方のないことですが、大切な予定が入っている日に当たってしまうととてもショックです。ミュゼの脱毛も大切な予定の一つです。

「楽しみにしていたのにお手入れ出来ないの?」「お休みすると1回分の施術が無効になってしまうの?」ととても不安ですよね。

もし予約日に生理になってしまっても、ミュゼならしっかりと対応してくれるので安心です。ミュゼのお手入れ日に生理になってしまった場合の具体的な対応についてご紹介します。

 

 

無料カウンセリングの時は生理でも大丈夫?

ミュゼの無料カウンセリングの時に生理になってしまった場合どうかということが気になる方もいらっしゃるようですが、どの脱毛サロンでもカウンセリングの時は生理でも問題ありません。

脱毛サロンの無料カウンセリングの場合は、脱毛する個所を確認することはしません。

脱毛の方法や毛周期、契約内容などをお話してもらうんです。実際に脱毛個所を見るのは、脱毛する時です。

脱毛個所は見せなくても、口頭で説明は必要だと思います。自分のムダ毛の状態(質・量など)をスタッフに相談することはしたほうが良いと思います。

 

生理中脱毛が出来ない箇所

生理中に脱毛が出来ない箇所、それはデリケートゾーンです。具体的には、Iライン、Oライン、Vラインの3つです。

ハイジニーナコースを受けている場合は施術が出来ませんので、予約の変更をしましょう。予約の変更については後ほどご紹介します。

脇だけの脱毛で通っている方は予約日に生理になってしまっても、そのまま施術を受けることが可能です。脇の脱毛の場合は、着替えも上半身だけですので生理のことを気にすることなく脱毛が出来ます。

 

ハイジーナ脱毛を受けるときは、自分の好きな形にすることができます。
初めてVIOの脱毛をするのに、しっかり形が決まっているという人はなかなかいないと思います。
どんな形が理想的なのか、下着に合わせた形にするのか、全く毛を無くすのかということもしっかりと打ち合わせをする必要があるのです。
その打ち合わせも、無料カウンセリングの際に行いますのでハイジニーナの脱毛の無料カウンセリングで生理でも問題ありません

 

生理の時の全身脱毛

全身脱毛コースを受けている場合、生理になってしまった時の対応として2つのパターンがあります。

1.予約を変更して生理が終わってから施術を受ける方法

こちらは生理の症状が重い方にお勧めです。生理中は血液の量が多くて貧血気味になる、生理痛が酷くて動きたくないというような方もいらっしゃいますよね。そのような方は無理をせず、予約を変更しましょう。

2.デリケートゾーンのみお手入れをお休みし、その他のパーツ(腕や足、脇など)は予定通り施術を受ける方法

こちらは生理の症状が軽い方にお勧めです。生理中でも比較的問題無く行動出来るという方は、デリケートゾーン以外のお手入れを予定通り行うことが出来ます。

 

全身脱毛は着替えも含めると施術全体で約3時間かかります。その間、仰向けになったりうつ伏せになったり様々な体勢をとる必要があります。生理は人によって症状は様々ですが、生理痛が重い方や血液の量が多い方にとっては、辛いかもしれません。

少しでも不安がある場合には、無理をせず体調と相談して決めましょう。

 

予約の変更について

ハイジニーナコース、全身脱毛コースの予約の変更についてご紹介します。通常、予約の変更はホームページの会員専用ページ上で行うことが可能です。しかし、予約日当日に生理になってしまった場合は、電話で直接予約の変更を申し出ましょう。

予約を変更したからといって、1回分の施術が無効になってしまうことはありませんので安心してください。生理が終わってから、改めて施術を受けることが可能です。また、予約変更の際にキャンセル料はかかりません。

 

生理痛の薬を服用しているときは脱毛に影響はある?

カウンセリングの際は、生理痛の薬を服用していても問題ないのです。
しかし、脱毛当日に鎮痛剤などの服用した時は施術ができなくなることも。

体調が悪い時に脱毛しに行くということもきついのですから、無理をせずキャンセルをしてくださいね。

当日はできれば鎮痛剤などの薬の服用は避けてほしいので、どうしても脱毛したいという場合は、ミュゼに電話で確認をとることをお勧めします。

でも、なぜ生理痛の薬の服用が禁止なのでしょうか・・。

生理痛の鎮痛剤だけではなく、実は抗生物質や花粉症の薬なども脱毛サロンでは服用中の脱毛をお断りしているのです。

理由は

副作用に「光線過敏症」があるから

光線過敏症は光に対してとても敏感になる副作用の事です。日光でも症状がでることがあります。症状は、光を浴びると赤くなる、かゆくなるなどです。

光を浴びると皮膚炎を起こすとなると、フラッシュ脱毛の光は危険です。さらに、もっと強いレーザーだったら火傷の症状を起こしかねません。

 

他にも光過敏症以外にも薬が脱毛と相性のよくない場合があります。残念ながら素人では簡単に判断はできません。医師に相談できる場合は薬の服用中でも脱毛することが可能かをきちんと確認したうえで脱毛をしないと、肌のトラブルが起こる可能性が高いんです!

 

もし、ドラッグストアなどで鎮痛剤を購入する際に薬剤師さんがいたら、脱毛サロンで脱毛した場合光過敏症の副作用がないか問題ないのか確認してみることをおすすめします。

基本的にミュゼでは生理痛の薬を服用している場合は、脱毛をお断りしています。
上記のように、薬と脱毛の相性がよくない場合の判断が難しいですし、トラブルを避けたいからです。

本来無料のカウンセリングの際に、服用している薬があるのかどうか確認されますが、忘れていたり、生理痛があまりにひどく飲んでしまった時などは施術する前に必ず担当スタッフに確認することをおすすめしたいです。

自分の不注意でトラブルを起こす必要はありません。
確かに、楽しみにしていた脱毛をキャンセルしてしまうのは勿体ないと思いがちですが、体調がよくないのに無理をする必要は全くありません。

だって、ミュゼはキャンセル料がかからないんですから!

自分の肌をきれいにするために通っている脱毛サロンは、万全な状態で通う方が間違いなく脱毛の効果もあがりますよ!

 

ミュゼの脱毛が原因で生理が遅れるということはあるの?

脱毛が原因で遅れるということはありませんが、女性の生理は些細なことでもホルモンバランスを崩してしまうんですよね。

生理が遅れる主な理由は、ストレスです。
精神的にきつい・嫌だと思うことが続けて起きたり、寝不足だったりと知らず知らずにストレスがたまると、ホルモンバランスがくずれ生理が遅れたり止まったりすることがあります。

さらに食生活や、生活環境などの変化で体調を崩してしまうと生理の周期も変わることもあるので要注意です。

脱毛するという行為が、実は自分にとってストレスだった場合は生理が遅れてもおかしくないです。

ただ、フラッシュ脱毛の光が原因でホルモンに影響するということはないのでご安心ください。

 

ミュゼでは無料カウンセリングがありますので実際スタッフに聞いていろいろ疑問点を解決すると良いでしょう。

>> ミュゼプラチナム公式サイトはこちら

 

100円

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ