おすすめ電気自動車
MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  肌に関する悩み  >  脱毛後に色素沈着をキレイにするための近道

脱毛後に色素沈着をキレイにするための近道

脇キレイ

一番の早道は、脱毛する事をやめる!それが一番です。

 

しかし、自己処理をやめて、ムダ毛をそのままにする・・・と、いうのは難しいことなので、できる限り肌への負担がかからないようにする事が重要です。

それは、自己処理でも、プロによる脱毛でも同じで、間違った方法を行えば、肌に負担がかかり、傷つけてしまいます。その結果、肌が色素沈着を起こしてしまうのです。

長年の自己処理による色素沈着

脇の自己処理

色素沈着にもいろいろありますが、特に自己処理によるものの場合は、長い年月をかけて、繰り返し肌を痛めているので、色素沈着が強い場合が多いのです。例えば、毛抜きやカミソリの場合、部位によっては毎日同じ場所を繰り返し処理をするので、色素沈着はひどくなるばかりです。

 

通常、肌は新陳代謝によって、生まれ変わっているので、色素沈着やシミができても、時間が経てば、新しい肌へと生まれ変わっていきます。しかし、このように繰り返し同じ部位を痛める事で、生まれ変わるどころか、どんどん色素沈着が濃くなり、定着して消えなくなってしまいます。

 

自己処理はできる限り回数を減らし、肌への負担ができるだけ少ない方法を、選ぶ事が大切です

プロによる脱毛の場合

プロによる脱毛

プロによる脱毛の場合は、毎日のように繰り返し、同じ場所を痛めるという事はありません。1ヶ月に1度から数ヶ月に1度のペースで通いますし、終了してしまえば、自己処理は一切行う必要がなくなります。

 

肌への負担が全く無い訳ではありませんが、いったん処理を行って終了してしまえば、期間が経つにつれて、自然と毛穴が閉じ、滑らかな状態になり、色素沈着を起こしていた部位も、キレイな肌へと戻っていきます

男性のワキがキレイな理由

ワキがキレイ

子供のワキや男性のワキがキレイなのは、ご存知かと思いますが、脱毛を一度も行っていないからこそ、キレイなのです。そのことからわかるように、自己処理は肌を痛め、肌をとても傷つけてしまうということです。色素沈着をキレイにする近道は、とにかく肌への負担を減らす事!これが一番の近道です。

 

このことを理解したうえで、自己処理を続けて行くか?プロによる脱毛を行うか?よく検討しましょう。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ