おすすめ電気自動車
MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  肌に関する悩み  >  脱毛は敏感肌でも大丈夫?おすすめの脱毛を紹介

脱毛は敏感肌でも大丈夫?おすすめの脱毛を紹介

 不安

敏感肌におススメな脱毛法は、正直なところありません。脱毛法が問題ではなく、脱毛する前の肌診断や、アフターケアをきちんと行うことが大切なのです。

 

脱毛自体、肌に負担がかかる

特に最近の脱毛機は、機械自体の善し悪しには、そう大差はありません。大きく分けると、医療機関のレーザー脱毛の方が出力が強く、エステサロンのフラッシュ脱毛の方が出力が弱い程度です。しかし、強いから悪い、弱いから良いということではなく、いかに適切に敏感肌に対しての対応をしてくれるか?ということが、もっとも重要です。

 

脱毛するということは、肌に負担が必ずかかります。それは自己処理であっても、プロによる脱毛であっても同じです。ただしそれぞれの方法ごとに、肌への刺激は違いますが・・・

どの方法だからおススメで、これだけはやめた方がいいとは、簡単には言えないのです。

 

だからといって、脱毛自体が負担がかかるので、敏感肌の方はしないようにしましょう。ということも、難しいことです。ほとんどの女性が、ムダ毛が気になって、なんらかの脱毛を行っている訳ですので、するな!ということは不可能に近いことでしょう。

 

では、いったいどうしたら良いのでしょう?

 

脱毛法の相性と個人差

脱毛法の合う、合わないというのは、肌の状態や体質でかなり個人差があります。だからこそ、どんな脱毛法であっても、まずはその脱毛法について詳しく知り、肌にとってどのくらいの負担がかかるのか?と、いう部分を自分自身がまず知りましょう。サロンや機械によって違うので、よく確認してください。その場合は、ご自身の肌が、どんな時にどういう変化があるのか?ということを詳しく話すことを忘れないでください。

 

たとえば、紫外線に当たると赤みが強くでる、化粧品を変えるたびにかぶれる、アトピー性皮膚炎があり軟膏や飲み薬を常用している・・・など、できるだけ詳しく伝えます。

きちんとしたサロンでしたら、事前のカウンセリングの際に、聞いてくれるはずですが、敏感肌の方は、自分自身が一番よくわかると思うので、不安が無いようにしっかり話しましょう

 

アフターケアともしものトラブルの対処法について

アフターケア

次に、アフターケアに対しての説明と、もしもトラブルが起こった場合の対処法まで、きちんと説明してもらい、納得がいくまで質問をしたりしながら、確認すると安心です。また、スタートする前には必ずテスト脱毛を行ってから、スタートするようにします。

できれば、担当の施術者は熟練した人を指名して、毎回同じだと、肌状態をいつもみてくれるので、さらに安心です。

 

このようなことをしっかり頭にいれてから、サロンを選ぶ事で、敏感肌の方でも脱毛は安心して行う事ができます。

肝心なのは脱毛法ではなく、サロン選びということですね!

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ