おすすめ電気自動車
MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  脱毛での心配点  >  脱毛の痛みについて詳しく解説!

脱毛の痛みについて詳しく解説!

痛いか?痛くないか?という事で分けるとすると、痛い方に近くなります。

しかし、かなりの個人差がありますので、そう心配しないで大丈夫です。

脱毛痛みの個人差

痛域(痛みを感じる度合い)には、かなりの違いがあるということがわかっています。たとえば、毛抜きを使って脱毛する時でさえ、痛く感じる人、まったく感じない人といろいろいます。

 

このように感覚の違いもありますが、我慢できる度合いも人それぞれです。痛みに関しては、感じ方は本人にしかわからないので、痛いと感じる方もいれば、痛くないと感じる方もいるので、一概には必ず痛いとは言えません。

 

また、人には痛点といって、痛みを感じる神経のポイントがあり、部位ごとに分布の密度が違います。痛点の密度が低い部分はそう痛みを感じませんし、その逆に痛点の密度が高い部位は痛みを感じやすくなります。

個人差はありますが、痛点が高い場所は、指先などの先端部分や舌、唇をはじめとする顔全体、低い場所は、背中、大腿部と言われています

 

脱毛の際に痛みを感じやすい場所

痛みを感じやすい場所はビキニライン周辺→足→腕→ワキの順番で感じにくい方が多いようですが、人それぞれなので、必ずではありません。しかし、痛いといっても、がまんできないような強い痛みではなく、一瞬パチンとゴムではじいた程度の感覚や少しジンジンと感じるくらいのものです。

 

また、医療機関の脱毛の方が出力は高めなので、エステ脱毛よりも若干痛みはありますし、毛が密集している部位や硬毛、太い毛などが生えているところの方が痛みは強くなります。

 

痛みに慣れてる?

よく痛みには、だんだん慣れていくということを聞いた事があるかもしれませんが、医学的に厳密に言うと、痛みの感覚というのは、慣れるものではなく、同じ部位がずっと痛みを感じている事で、どんどん敏感になり、更に痛みを感じやすくなるということがわかっています。これは防護反応のようなものです。しかし脱毛の場合は、脱毛が進んでいくと、毛が細く、少なくなりますので、次第に痛みも少なくなってしまいます。

 

最後に、痛みを感じる原因のひとつとして、緊張やストレスも関係しているので、初めての脱毛時や初めての施術者の場合はいつもよりも、痛く感じるときがあります。脱毛自体に慣れてきて、リラックスできるようになると、痛みも軽減するので、あまり心配はしないで大丈夫です。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ