おすすめ電気自動車

ミュゼの脱毛でブツブツは消えるのか

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  ミュゼでの脱毛効果  >  ミュゼの脱毛でブツブツは消えるのか

ミュゼの脱毛でブツブツは消えるのか

ムダ毛の自己処理を長年続けていると、毛穴がブツブツとなっていませんか?

特に、ワキ!

カミソリと毛抜きの併用で処理し続けていると、肌が黒ずんできたような感じがして、肌の状態が汚いなと思ったことありませんか?

私は、20年以上自己処理を続けていたせいで、ワキも膝も人様に見せられるようなものではありませんでした。汚いな。と自分で思うほどです。

ワキは、黒ずみ、埋没毛、チキン肌。全ての項目にチェックがつきます。膝も、まるでゾウのおでこのようです。

この状態を解決したいと思い、ミュゼの脱毛にお願いしてみようと思ったのです。

 

 

 

ミュゼの脱毛でワキのブツブツはきれいになるのか?

人様に見せられるようなワキではないくせに、半袖は着たいのです。ノースリーブはさすがに無理でしたが、夏になると半袖は必須アイテム。このようなワキなので、ミュゼの脱毛で本当にきれいになるのか不安でした。

 

口コミでは、とにかく褒められまくりのミュゼなのですが、自分が実感しないかぎり不安です。

実際にミュゼのフラッシュ脱毛で感動したのは、1回目から抜けた!という実感できたことです。

しかし、やはり黒ずみや埋没毛にはたった1回では効果がないのです。もちろんブツブツのお肌にも1回では効果がありません。長年蓄積した色素沈着がそう簡単にとれるはずがないのです。埋まった毛も反応してくれることも1回では無理なのです。

ブツブツとなった肌も、自己処理後にきちんと保湿のケアをしていたら多少違ったのかもしれませんが、そんなことも考えたことがありませんでした。

 

実際に肌がきれいになったと思い始めたのは4~6回くらいミュゼで脱毛してからだと思います

スタッフの方にも「ワキがきれいになってきましたね」と言われるくらいなので、自信をもってもいいかなと感じました。さわった感触もあの、ブツブツしていて、気持ち悪い感覚から少しツルッと感じる程度にまで回復しました。

 

ミュゼの脱毛で二の腕のブツブツは改善される?

二の腕

夏服になると自己処理の個所が増えて本当にうんざりです。
ワキも二の腕も足も、くまなく自己処理しないとムダ毛が目立つ季節は、本当に困ります。

自己処理の回数を多くすることで、肌のトラブルも増え踏んだり蹴ったりという状況に。

 

気が付いたら二の腕のブツブツができていて自分ではどうすることもできない状態になっていることありませんか?

実は、自己処理だけが原因ではないんです。

  • 二の腕全体が、ブツブツした状態になっている(背中や足もある)
  • 茶色いブツブツがたくさんある
  • 自己処理をする前から(思春期頃から)出始めている
  • 触るとザラザラとした感触がある

このような症状が当てはまる方は「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」・「毛孔性角化症」という皮膚の疾患なんです。

 

毛孔性苔癬はサメ肌とも呼ばれており、約4人に1人が悩んでいるというデータもあります。
見た目にもブツブツがわかるので、人に見られるのがとても恥ずかしいと思っている方が多いんです。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は、とても一般的な皮膚疾患です。
まさか、自分の二の腕にある茶色いブツブツが皮膚の疾患だなんて誰も思っていませんし、毛孔性苔癬は見た目だけなので病院に行くこともないため病名がわからないのが普通なのです。

この毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は、小さなころから悩んでいる人も多く、原因は不明ですが遺伝によるという説が一番有力のようです。

ミュゼでの脱毛はこの毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の方は脱毛することができない場合があります。肌のトラブルがあるとみなされるんです。ミュゼでは無料カウンセリングがありますので見てもらうと良いでしょう。

>> ミュゼの無料カウンセリングはこちらから

 

なにもしていないのに、肌がブツブツになるなんてとても悲しいです。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は毛穴が角栓で詰まるため肌がブツブツになってしまうという症状です。この詰まった毛穴には、角栓以外にも毛が詰まっているということも。

自己処理のせいでなっている埋没毛やチキン肌とは種類が違うため簡単に判断するのは難しいのです。

 

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は、肌の代謝が正常に行われず過剰に角質が毛穴にたまる皮膚疾患です。

正常な肌の代謝(ターンオーバー)が行われている人は一定の周期で肌が生まれ変わりますが、異常が起きている時は肌が生まれ変われず、どんどん皮膚が固くなり毛穴が詰まっていきます。

自分が毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)だと分かった時にするケアとして・・

手軽なケアとして角質を落とし尿素入りのクリーム、保湿効果が高いクリームを使用します。

皮膚科へ行ってもこのような尿素などの角質溶解作用がある塗り薬や保湿剤が処方されますが、ドラッグストアにも専用の塗り薬「ニノキュア」という薬が1000円程度であります。

 

二の腕ブツブツの治療薬ニノキュアについて

ニノキュアは、たまった角質を取り除く効果があり、炎症を抑える効果があります。尿素が多く(20%)配合されているため、角質軟化効果があるのです。そのため、正常なターンオーバーが促進され気になっていた肌のブツブツが減っていくということです。

 

しかし、10代や20代前半で症状が軽度な場合は効果があることが多いようです。全く効果がないという意見も少なくないのですが、保湿も重要なので保湿クリームも併用をおすすめします

尿素には保湿効果はあるのですが、保湿効果は低いのです。保湿で有名な成分はセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどがありますのでそれらが配合された保湿クリームも併用するほうが良いでしょう。

それと、べたつきがあり、気になり使用を辞める方もいらっしゃるようです。

 

使用する場合の注意事項として、角質を落としたいという気持ちが強すぎて患部を必要以上にこすりすぎたり、ブツブツをつぶしたりする行為は症状を悪化させるだけなのでやめてくださいね。

効果は、最低でも2週間は使い続けてみてみなければなんとも言えないです。個人差があります。
でも、痒くなったり炎症が起きてしまった場合は即座に使用を停止してくださいね。

 

二の腕ブツブツのケアクリーム「ピュアルピエ」について

ピュアルピエはとても評判が良く人気がとてもあります。

尿素などの角質を溶かす成分は入っていません。肌を根本的に綺麗にしていきます。尿素やピーリングで良くなっても、再発するのは、根本的にブツブツができやすい肌が改善されるわけではないからです。

肌の再生し美しい二の腕へ

ピュアルピエにはセイヨウナシ発酵液がたっぴり配合されており、肌の再生を高め、皮膚の弾力を改善する作用があります。

非常に重要で美容界で注目されているプラセンタも配合されており、肌のターンオーバー、毛穴に詰まった角質のターンオーバーを促進します。プラセンタにはメラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぎお肌の美白をサポートします。

コラーゲンも配合されていて、すべすべのキレイな肌にするのに役立ってくれます。

保湿力が非常に優れている

ピュアルピエにはセイヨウナシ発酵液、プラセンタ、ヒアルロン酸という高い保湿力がある成分がたっぷり配合されています。成分はナノ化と高分子化されていて、ナノ化した分は肌の奥深くまで、成分が浸透していき、表面では高分子化した分が外側でしっかりと働きます。

 

尿素クリームを試しても全然良くならない・ピーリングをしても良くならないという方はぜひお試しください。また、これらで肌が荒れてしまったという方もピュアルピエでは無添加で、低刺激ですので安心ですし、肌が荒れた場合は返金してもらえますので良かったら試してみてくださいね。

 

ピュアルテ

 

足のブツブツがあっても脱毛できる?

足のブツブツでも、二の腕の場合のように自己処理によってできたものと、そうではないものとあります。
毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の場合は脱毛サロンでは脱毛きないことがあります。

自己処理が原因でブツブツ肌になってしまった場合、即時に自己処理をやめることが大事です。間違った自己処理を繰り返すことにより、肌により多くの負担をかけてしまっているんですね。

  • お風呂場で処理する
  • 何度も同じ個所を剃る
  • 石鹸やボディーソープで剃る
  • 保湿をしない

など、肌に負担をかけすぎすると、足でも腕でも肌トラブルは避けられません。自己処理は、週1回程度にしておくことをおすすめしたいです。

ブツブツになった状態は、自力で改善するには少々難しいかもしれません。

そんな時はミュゼのような脱毛サロンで脱毛することで改善してくでしょう。
足の脱毛は、最低でも6回は必要だと思います。
皮膚が固い部位は、脱毛の効果が出にくいとされていますので、事前肌の状態を良くするといいですね。

※脱毛を受ける前はいつも以上の肌のケアをすると脱毛効果があがります。

痛くないと言われているフラッシュ脱毛ですが、乾燥肌の場合はとても痛く感じる人が多いため、事前の肌のケアはとても必要なんですね。

 

さて、自己処理以外の皮膚疾患によるブツブツの場合です。
上記にもありますが、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は皮膚疾患であり病院での治療ができます。
毛孔性苔癬が目立つ場合はミュゼのような脱毛サロンでは、皮膚疾患と認められる状態ということで脱毛ができません。医療脱毛なら可能です。

症状が軽い場合はミュゼなどの脱毛サロンでも可能ですが、どの程度か分からないと思いますし、いろいろ聞けるのでミュゼの無料カウンセリングを受けてみると良いと思います。

 

料金は、足だとLパーツになり1回6千円です。
最低でも6回は必要なので6回で36,000円です。
ミュゼの場合は、特典で両ワキ+Ⅴラインの美容脱毛完了コースがついてきます!
(ワキとVラインは満足するまで無料で通えるんですね。足の脱毛が終わっても通えます)

※ 特典や料金は変更になることがありますので、最終確認は公式サイトでお願いいたします。

 

>> ミュゼの無料カウンセリングはこちらから

 

ミュゼの脱毛はブツブツ肌に効果があるのか?

正直、回数は必要だと思います。

ワキについては、6回目で自己処理が少なくなり、肌の状態も良くなったと感じます。しかし、ひざなどの角質の固い部位については、6回くらいでは足りないという方が多数いらっしゃいます。ですが、全く効果がないわけではありませんので、ご安心ください。

ワキも、ひざも6回程度受けることができると、以前のブツブツお肌からは改善されていくでしょう!

自己処理が減っていくという事と、ムダ毛が減っていくことでブツブツが改善されていくということですね。

 

それにミュゼの脱毛は、毛穴がキュッと引き締まってくれるため、ブツブツお肌を改善してくれるのです。施術前に塗ってくれている美容成分入りのジェルがフラッシュ脱毛の光と一緒に浸透させてくれます。

ひざは、料金は6回で34,200円です。このひざ脱毛を(Lパーツのセレクト脱毛)を申し込むと膝小僧の埋没毛や問題のブツブツ肌も一緒に脱毛して、さらにワキが無料でついてくるのです。

ワキに関しては初回限定なので、ミュゼ脱毛したことのある方は適用しないので残念なんですよね・・。

 

もし、自己処理後のブツブツお肌で困っているのであればぜひミュゼの脱毛を体験してほしいと思います。

きれいなお肌になれるので、来年の夏に向けてこれからスタートしてみてはいかがでしょうか。

ミュゼの無料カウンセリングで実際に聞いてみましょう。無料カウンセリングは、ミュゼで脱毛できるかどうか、お客さんにミュゼの脱毛を検討してもらうためのものですので、お気軽にミュゼの無料カウンセリングを受けてみてくださいね。

カウンセリングでは契約しなくても問題ないので、辞めとこうかとか、もうちょっと考えてみようと思ったら、「もう少し検討してみます」と言って、契約せず検討すれば良いでしょう。

>> ミュゼの無料カウンセリングはこちらから

 

100円バナー

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ