おすすめ電気自動車

デコルテ脱毛はニキビに気をつけよう

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  その他の脱毛  >  デコルテ脱毛はニキビに気をつけよう

デコルテ脱毛はニキビに気をつけよう

 

20代~30代になると、デコルテにニキビが出た!という方が多いようです。
10代の頃は顔のニキビが気になっていた頃で、デコルテまで気にすることも少なかったんじゃないかなと思います。

大人になったら、気にしなくてはいけない部分が多くて困ってしまいます。

もちろんニキビには個人差はありますが、年齢を重ねるごとにデコルテはきれいな方が絶対にいいのです。

脱毛とデコルテのニキビ、案外関係がありそうなんですよね。
その内容をご紹介したいと思います。

まずはデコルテニキビの原因とは?

顔と同様にデコルテにもニキビは出ます。
毛穴が詰まれば炎症がおき、ニキビとなってしまうのです。

おもな原因

汗・・・

デコルテは汗を多くかく部位です。夏場など汗をそのままにしておくと細菌が増えてニキビの原因となるようです。

髪の毛・・

デコルテに髪の毛があたり刺激でニキビを作っている可能性があります。髪の毛に雑菌が付いていることが多いので、そこから毛穴に入り込みニキビとなるようです。

シャンプー・リンスなど・・

お風呂に入りシャンプーやリンスがデコルテに残っている状態だとニキビができます。毛穴を汚れでふさいでいるせいです。
 
寝具が汚れている・・

長時間使い続けている寝具は雑菌がたくさんいます。汗やほこりなどで寝具が汚れている場合はニキビの原因になります。

ストレス・・・

20代くらいから精神的なストレスは肌にでます。
ホルモンバランスも崩れ始め皮膚のターンオーバーを遅らせ皮脂の分泌も過剰になるケースがあります。そのためニキビができやすくなる。
  
脱毛・・・

自分の肌に合わない脱毛のため炎症がおき、ニキビとなる場合があります。

 

たくさんの原因がありますが、いろいろな要因が重なりニキビができているのです。しかもニキビにも種類があり、治療法もさまざまなのです。
赤くなるもの、黄色く濃を持つもの、紫いろのものなど。

デコルテのニキビができたら自分でつぶしたりせず専門のクリニックに行くことをお勧めします。

脱毛とデコルテニキビの関係は?

よく口コミで見られるのは「医療脱毛」をした方のデコルテニキビのお話です。

医療脱毛はレーザー脱毛で、毛穴に炎症が起きやすい脱毛なんですね。でも、お医者様がきちんとついて脱毛をしてくれるので、炎症がおきてしまっても、治療を素早く行ってくれます。

ただ、炎症が起きやすいということは肌に負担が大きいということ
やけどのような状態から、ニキビになったというお話が多かったです。

 

レーザー脱毛やニードル、ワックスなどの脱毛方法の場合、毛穴に刺激が多く炎症がおこりやすいと言われています。
そのため、ニキビが増えたという口コミが多いのです。

レーザーに至っては、医療脱毛なのですぐに治療が可能ですが、ニードル・ワックスの脱毛は脱毛サロンが行っているので自分で医療機関に受診する必要があります。

しかし、ミュゼのようなフラッシュ脱毛の場合はやけどの心配がありません。お肌に炎症が起こる心配がないのです。

お肌に優しい脱毛なので、デコルテのような皮膚が薄く案外人の目につく場所にニキビができる心配もありません。
しかも痛みがないので、つらい思いをして脱毛しなくて済むのも魅力的です。

 

剛毛とも子のまとめ

デコルテの脱毛を受ける場合は、いきなりレーザーなどの刺激の強い脱毛を体験する前に、ミュゼのフラッシュ脱毛で体験し経過をみてほしいなと思います。

 

デコルテは人の目に触れやすい場所ですし、20代~はデコルテがきれいな女性は魅力的です。
見せるデコルテを作るためにも脱毛でニキビを作るようなことをしないように気を付ける必要があると思います。

せっかくお金をかけて脱毛したのに、ニキビなどの炎症がおきてしまうのは、とても残念はことです。
自分にあった脱毛をみつけてきれいな肌を手に入れてほしいと思います。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ