おすすめ電気自動車

結婚後のムダ毛処理忘れで子供に指摘された

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  結婚後のムダ毛処理忘れで子供に指摘された

結婚後のムダ毛処理忘れで子供に指摘された

【30代女性】

結婚する前から剛毛な事は気にしていました。
同棲していた時も毎日ちゃんとお風呂で処理していました。一緒にお風呂に入ると処理出来ないので、後でこっそりしていました。

 

隠し通して結婚しましたが、結婚して何年かたってから、『いや、知ってるよ、毛濃いの』と言われてしまいました。でも、知っていて結婚してくれたのだからありがとうと思っていました。
でも、剛毛のせいで、処理した次の日には毛が少しずつ生えてくるので着る服は必ずノースリーブではないもので、ミニスカートの下は必ずタイツを履くようにしていました。

 

結婚から1年後子供がうまれました。その頃には毛の処理など、あまりしなくなっていましたが、産婦人科に行く時はさすがに処理していっていました。旦那もあまりつっこむことはなかったのですが、いちゃいちゃするときは私も女です、ちゃんと処理していました。

 

そして10ヶ月後、出産し、お風呂に入れない日が続き、やっとシャワーとなった日に痛い股を庇いながらデリケートゾーンの毛の処理をしました。
その後無事に第二子を妊娠、出産し、楽しく生活していました。

子供に脚の毛を指摘されてショック

上の子4歳、下の子が2歳になった頃、上の子はだいぶいろいろ話せるようになり生意気なことも言うようになりました。

 

ある夜3人でお風呂に入っているときに上の子が言いました。『ママの足に針がいっぱいあっていたい、あっち座ってよ』と言われました。もうショックで言葉を失いました。そして私は言いました『ちょっとあっち向いてて。魔法かけるから』と。その間にさっさとシェイバーで毛の処理をしました。

 

下の子はなんのことやら分からず見ていました。その時の私はもう言いようがないほど惨めでした。
お風呂からでて、旦那にその話をすると、大笑いでした。その時の本気で脱毛を考えましたが、子供を育てながらそんな事にお金を使うわけにはいかないので、我慢しています。

剛毛だとオシャレも出来ない

そして先日我慢して失敗した事がありました。
最近パンツをロールアップして履くようにしているのですが、ちゃんと処理したはずなのに、くるぶしの少し上に剃り残しがあるではないですか!

 

もう、ロールアップをやめ、少し長めのパンツで我慢したのですが、オシャレも出来ないのかっ!!と本当にショックでした。脇も毛もほっといたら男の人並みにはえてくるし、剃っても青くなってるのでノースリーブは絶対に着る事が出来ません。

子供が、私の様に剛毛でない事を祈るのですが、きっと子供達が大きくなる頃には今よりも安く簡単な脱毛技術が出来ている事を願ってます。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ