おすすめ電気自動車

水着になる時の背中のムダ毛処理は忘れがち

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  水着になる時の背中のムダ毛処理は忘れがち

水着になる時の背中のムダ毛処理は忘れがち

【20代女性】

高1の夏の話です。高校に入学して新しい友人もでき、夏休みに仲の良い男女7人グループでプールに行くことになりました。
その中には入学して間もなくから気になっていたF君もいたので、行く前からウキウキしていました。水着も新しいのを買って準備もばっちりでした。

 

プールの日当日、見事な快晴でみんなで駅に集合してプールへ向かいました。この日を楽しみにしていた私は日焼け対策も家でしっかりと済ませ、全身日焼け止めしっかりの状態で出かけました。

 

着いて、顔だけまた念入りに塗りなおして即効プールへダイブ!
ウォータースライダーや流れるプールなどで一通り遊んで、お腹もすいたし休もうかとなり、カレーやホットドッグなど食べながらみんなで談笑。

好きな男子と仲良く買い出し中に背中のムダ毛を見られた

私がF君に想いを寄せてるのを知っているCちゃんが、「○○(私)とF君でかき氷買ってきてー!」と2人にしてくれるように仕向けてくれました。
「じゃあ、行こうか!」とF君に言われ2人でかき氷屋に並んで、色々な話をして盛り上がっていました。

 

すると、F君の目が急に何かいけないものを見たように目が泳ぎだしました。「え?何?どうしたの?」と私。「いや!○○(私)って背中の毛濃いのな!笑」と・・・

 

「最悪ー!そんなこと女の子に言わなくない!?笑」と笑いで切り抜けましたが、恥ずかしくて仕方ありませんでした。ましては、好きな彼に言われるとは・・・まだ男の子と付き合ったことのなかった私には、泣きたくなるくらい恥ずかしかったです。

浮かれてて背中のムダ毛だけ処理を忘れていた

前日お風呂でしっかりと毛の処理をしたはずでしたが、私は背中の毛だけは忘れていたのです。手・足・ワキ・Vゾーンもぬかりなく処理しました。が、背中は何もせず来てしまったのです。かき氷を買ってすぐトイレの鏡でチェック。もともと毛深い体質だった私。猿のようにしっかりした毛が背中全体に生えていました。

 

前日浮かれすぎていた自分を恨みました。トイレから戻った後は終始タオルをかけて背中が見えないように徹するのに必死でした。彼に指摘され、他の子にもばれるんじゃないかとそのあとはプールどころではありませんでした。
楽しいプールは一気に恥ずかしいプールになってしまいました。

 

ただ、その年の冬にその彼と付き合えました。のちのち、夏の出来事を尋ねましたが彼はあまり覚えていなかった様子でした。そのとき、どれだけ恥ずかしかったか、異性にそんな失礼なことを言うもんじゃないと説教してやりました。
高校時代のいい思い出です!笑

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ