おすすめ電気自動車

ウエディングドレスで腋毛を指摘されてとても恥ずかしかった

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  ウエディングドレスで腋毛を指摘されてとても恥ずかしかった

ウエディングドレスで腋毛を指摘されてとても恥ずかしかった

【20代女性】

毛抜きとカミソリの自己処理で脇があまり綺麗でない状態になった

大学生になって、自分の脇毛が濃いことに気が付きました。脱毛をする勇気もなく、きっかけもなく、とりあえず自分で剃ったり毛抜きで一本一本抜いたりしていました。
しかし脇毛の自己処理はあまりうまくいかず、決してきれいとは言えない脇でした。私の脇は、剃刀で剃りすぎて赤くなっていたり、毛抜きでしっかり抜ききれずに埋没毛がいくつもできていたりして常に荒れていました。

 

また、夜きれいにしたつもりでも朝には伸びてしまっているほど濃い剛毛の脇毛だったので、ノースリーブの服を着たり水着になったりすることを避けていました。

 

社会人になって、腋を露出することが減り、脇毛についてそこまで悩まなくなりました。周りには、脇の脱毛をする友達がいたし、テレビコマーシャルでも脱毛サロンの宣伝をよく見ましたが、興味はありませんでした。今まで自己処理でなんとかなってきたし、これからも大丈夫だろうと思っていました。

半日で脇毛が生えてくるとは

そんな私も結婚することになり、ウエディングドレスの試着をすることになりました。ウエディングドレスの試着一回目は母親と一緒に見に行きました。
4、5着ドレスを試着して、帰り道、母親が「結婚式当日までに脇の処理きちんとしときなさいよ」と言ったのです。これには驚き、恥ずかしさでいっぱいでした。

 

自分では前の日の夜にきちんと脇の処理をしたつもりだったのです。ドレスを着るとなると、袖がないわけだしきちんとしていかなきゃと思っていました。
一本一本丁寧に抜いて抜けないところは剃刀で剃っていました。埋没毛も特になく、肌荒れもありませんでした。
ドレス選びについてくださるスタッフの方に、万が一見られたら困ると思って念入りに処理したつもりでした。

それでも見られたらいやなので、なるべく脇の下を開かないようにも注意していました。しかし、母親には見られていたのです。しかも、きちんと処理ができていなかったというのです。これには本当にショックでした。

 

母親でも気が付いたなら、近くで着替えを手伝ってくれていたスタッフの方にも見られたのではないかと思うと、さらにショックで恥ずかしい気持ちになりました。

帰って自分の脇の下を見てみると確かに毛が生えていました。昨日の夜には万全だったのに、半日で見えるくらいに生えてきてしまっていたのです。

毛深い脇の人は結婚式は当日しっかり自己処理するべき

それからはドレスの試着の日の朝、結婚式当日の朝にもしっかりと脇毛の処理をするようになりました。結婚式が終わってから母親に「きちんと脇の処理できていたわよ」と言われました。

今後、このように脇を見られる機会はそうないと思うので、とりあえずこのまま永久脱毛はしないつもりです。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ