おすすめ電気自動車

剛毛で毛深かったのでムダ毛の自己処理が学生時代から大変だった

MENU
剛毛毛深い女性の脱毛方法 TOP  >  毛深い剛毛女子の体験談  >  剛毛で毛深かったのでムダ毛の自己処理が学生時代から大変だった

剛毛で毛深かったのでムダ毛の自己処理が学生時代から大変だった

【20代女性】

小学生でムダ毛を剃って後悔した事

私がムダ毛で失敗したことは1つ目は小学校の時です。毛深いほうだった私は小学校高学年になり、思春期だからかとてもムダ毛を気にするようになりました。

 

今まで気にしていなかった毛がとても濃くて男性のような毛に見えてきたのです。なので思い切って母親のカミソリで母親には内緒で気になる部分を剃ってみました。
まだ小学校生だったからか一回剃ればもうしばらくは生えてこないのだろうと思っていました。なので何も気にすることなく生活していました。

 

ですが一週間くらい経った頃、授業で体育がありました。夏だったので当然半袖半ズボンに着替えました。
まだ何事もないかのように過ごしていた私はある時体育座りをしました。

そしたら…しばらく気にしていなかったムダ毛がチクチクと生えていて、しかも前よりも太い毛がチクチクと生えていました。
見た瞬間びっくりしたのと隣の男の子の顔がとてつもなくびっくりした顔をしていたのを今でも覚えています。

 

その男の子の顔を見た時にこの場からいなくなりたいなと思ったこととなんで剃ってしまったのだろうと思いました。今思えばよく皮膚が荒れなかったなと思います。

高校生のときの彼にとても恥ずかしい脇の埋没毛を見られてしまった

2つ目は、高校生のときです。さすがに高校生となるとしっかり定期的にムダ毛処理をして恥ずかしい思いをすることがないようにと気を付けていました。
高校生になり始めて彼氏ができ、これまた一層気にかけてムダ毛処理をしていました。

 

ある夏、デートでプールに行こうとなりました。
もちろん私はデートの前の日に念入りにムダ毛処理をしました。
そして当日、どうだと言わんばかりにばっちり水着を着て2人で楽しく泳いでいました。その時、ふと脇を上げる仕草があり、彼氏が私の脇をじーっと見つめていました。

 

ですが私はしっかりムダ毛処理したし、ばっちりだから!と言わんばかりでいました。
が、その時彼氏に「ねぇ、脇見て…」と言われ、何かと思って見たらなんと太いムダ毛が皮膚の奥で黒く透けているかのように脇真ん中が黒くなっていました。いわゆる埋没毛というやつです。
私はとてもショックでした。涙が出そうなくらい恥ずかしくて悲しくてこんなにも自分に生えてる毛を憎んだことはありません。
ですが優しい彼氏だったこともあり、笑って流してくれました。それが今の旦那さんです。

 

中には女性にムダ毛がちょっとでも生えてるのを見たら嫌だ!嫌いになってしまう!と言う男性もいるかと思いますが、女性は本当にムダ毛処理が大変でいつも人の目を気にしているということを分かって欲しいなと思います。
脱毛サロンに行って脱毛することも大事なんだとこれまでを振り返り学びました。

Copyright© 2017 剛毛毛深い女性の脱毛方法

ページトップ